建築業界の分析

最終更新日: 2017.10.24

隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話

ども、tyazukeです。

先日仕事で東京へ行きまして、予てより見学したかった隈研吾さんの「サニーヒルズ」へ行ってきました。

サニーヒルズジャパン
表参道
2013年12月
物販店舗
297m2

日本の木造建築に伝わる「地獄組み」という名のジョイントシステムを用いて、森のような、雲のようなやわらかであたたかくヒューマンな空間を創造した。一つの部材の断面寸法は60mm×60mmにまで細くすることが可能となった。

設計は隈研吾さん。4年前に設計された建物ですが、こんな建築家らしい建築って最近ないですよね。

この建物は、パイナップルケーキの販売店です。1階は販売スペースと待合所、2階は販売するパイナップルケーキを試食するスペース、3階はトイレです。

店内に入ると、店員さんが「宜しければ2階でパイナップルケーキはいかがですか?」と案内してくれます。

 

で、ここは2階へ上がる階段。階段の板は少し薄いのか、歩くと揺れます。床や壁は木組のトラス格子壁です。つまり、「構造体」なんですねぇ。思い切った設計です。

ちなみに、このトラス面格子。面内方向にしか効かない部材なので、外側に押してやると簡単に揺れます(ちょっと揺らしてみました)。

 

こんな感じで外壁も、トラスの格子壁をさながら耐震壁のように使っています。1枚じゃ弱いのか、1枚重ねて面外方向にもトラスを組んでいますね。

 

3階にのトイレ手前のスペース。これは構造体じゃないと思いますが、至るところで格子のデザインが施されています。

冒頭で説明したように、2階は 土鳳梨酥(パイナップルケーキ)の試食スペースです。試食スペースと言っても、立って細切れのパイナップルケーキを食べる、いわゆる試食スペースじゃなくて。

洒落たテーブルと椅子、落ち着いた照明のある、さながらカフェのような雰囲気。僕の他にもケーキを食事中の方がいたので、写真を撮っていません。お見せできないのが残念ですが、椅子に座るとパイナップルケーキ1つと台湾茶がでてきます。

500円くらい払ってあげたくなるサービスですが、無料なんですよね。1個300円、15個入りで4500円と少し値が張りますが、普通に美味しいケーキなので是非。

 

納まりはこんな感じ。時間があれば、もっとゆっくりしたかったです。

というわけで表参道に訪れた方は必見ですよ。パイナップルケーキも美味しいし。無料で立派な試食をした後は、ケーキを購入してあげましょう笑!

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。
  2. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  3. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  4. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  5. 土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について

関連記事

  1. 建築業界の分析

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について

    1年目のとき、土間コンクリートとスラブの違いが分かりませんでした。…

  2. 建築屋さんの転職

    営業が普通のトップ技術者と、営業トップの普通技術者はどちらが稼げるか?

    ども、tyazukeです。ふと疑問に思ったのですが、2人の男が…

  3. 建築学生の就活

    建設業界に夢ある?子供に勧められない理由。

    ども、tyazukeです。こんな記事がありました(半数がわが子…

  4. 建築屋さんの転職

    建築士が成長するための、たった一つの能力について

    ども、tyazukeです。建築士が成長するために、必要な能力っ…

  5. 建築業界の分析

    AutoCAD歴6年の僕が毎日使う、作業が加速するコマンド6つ

    ども、tyazukeです。僕は普段、設計図の作成でAutoca…

  6. 建築業界の分析

    地盤調査報告書って誰かチェックしているの?

    地盤調査報告書のチェックって誰が行っているのでしょうか。お施主さんが確…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築業界の分析

    これで悩まない!設計GLとKBMの関係について
  2. 構造設計の話

    構造設計者って独立しても儲からない?
  3. 建築業界の分析

    【転職募集】建築の知識を活かしてIT業界で働きたい・・・!そんな君を応援したい!…
  4. 一級・二級建築士の勉強法

    月額500円で、日建学院の過去問題5年分が勉強できる件
  5. 建築業界の分析

    隈研吾氏に学ぶ、社員を大事にするちょっとした心遣い
PAGE TOP