建築のこと

隈研吾が設計した浅草文化観光センターと根津美術館に行ってきた

ども、tyazukeです。

サニーヒルズの記事から引き続き、東京に行った時の建築見学について(メインは仕事!)。浅草橋から徒歩で15分歩くと、見えてきました。浅草文化観光センター。

見てください。この異質感・異物感。外観を彩るのは木ルーバーで、本体は鉄骨造。

(上写真はこちらより)

なんか日本の典型的な街並みですな。1つ1つの建物は良いんだけど、外観の主義主張が強すぎて調和していない。街との調和がはかれていない残念な日本の建築。日本の建築家たち。

ちなみに昼は丁度写真の左奥にある白い建物の下。天丼屋で食べました。天丼(並)が1460円(味噌汁ナシ、漬物ナシ)。観光地料金でやばいです。

 

この鉄骨階段が綺麗だなーと思って撮った1枚。ササラを段に合わせてつくっています。

 

真上から見るとこんな感じ。

 

どことなく木が天井や床を支えているような内観。上手いデザインですね。

 

ちょっとした台も、下写真のようにスッキリとした納まり。木ルーバーの控え鉄骨を利用して、リブを取り付けていますね。

 

根津美術館へ行ってきた

浅草橋から移動して表参道へ。目的は前回紹介したサニーヒルズへ行くため。下記の記事を参考にどうぞ。

隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話

サニーヒルズへ行った後は根津美術館へ行ったのでした。

根津美術館に到着。何ということでしょう。屋根を片持ちのフラットバーで支え、鉄骨の接合部が見える部分は竹で隠す。

外部ながら圧倒的な日本的空間。

 

進むとこんな感じ。ここは鉄骨が露出するので、見っともないことに。

 

屋根を下からとりました。屋根受けの梁を屋根より手前で控える方法は、定番の見せ方。フラットバーで受けているので、外から見たとき梁の印象は皆無でした。

時間の都合上、残念ながら美術館の中には入れませんでしたが・・・。外観だけでも満足楽しめました。

ということで東京建築見学の記事は以上!

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ
  2. 【二級建築士】風圧力、地震力の計算に関する問題
  3. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  4. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  5. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。

関連記事

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。

    ども、tyazukeです。僕は常々思っていたことがあります。「…

  2. 建築のこと

    隈研吾氏の新国立競技場、その見どころ3つをまとめた。

    ども、tyazukeです。ゴタゴタ続きだったオリンピックの新国…

  3. 建築のこと

    鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法

    ども、tyazukeです。鉄骨造の納まりで注意することは、大梁…

  4. 労働のこと

    構造一級建築士の平均年収とは?

    ども、tyazukeです。構造設計者にとって、構造一級建築士の…

  5. 建築のこと

    建築の良さは目地で決まる?外壁と目地の関係性について

    街をフラフラと歩いていると沢山の建築物に出会います。そこで一番目に付く…

  6. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来

    建築設計業界も、いよいよAIのビッグウェーブが押し寄せてきたようですね…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP