建築のこと

隈研吾氏が唱える「小さな建築」とは何か?

ども、tyazukeです。

20世紀は大量生産、工業化の社会でした。建築業界でいえば、先進国は高さを求めきた。エンパイアステートビルやらアラブのでっかいビルなど。

しかし、これから21世紀は小さな建築に向かっている。これが隈研吾氏の考えです。

では小さな建築とは何か、具体的にどんな建築が求められるのか、考えていきます。

小さな建築 (岩波新書)

 

隈研吾氏は中国で仕事をするとき、小さな建築を提案したことがあります。しかし、当初はそれが不安でした。

日本より発展途上の中国は、「小さな建築」に興味が無いのではないか、と。当時の心境を隈氏はこう語っています。

地元の職人が作ったもので、地元のいいものを使う。地元の材料、低い建物に中国人は興味ないのではないか。馬鹿にされそうだなと思った。―隈研吾

 

しかし、意外にも小さな建築は中国の人にも受け入れられるのです。

その小さな建築の1つが、

「竹の家」

です(写真の転載元http://newton2.jugem.jp/?eid=280より)。

隈研吾氏が言う小さな建築とは、「優しくて、温かい建築。人間的な建築」です。工業化され、製品化された20世紀型の建築とは全く違いますね。

中国でも受け入れられた竹の家、これを機に中国の仕事が増えたそうです。同時に、「小さな建築が広まっている現象は、世界中で起きていることだ」と実感したそう。

もちろん中国だけでなく、デンマーク、日本、イタリア、アメリカ等々。小さな建築は世界的な広がりをみせています。

スポンサーリンク

 

小さな建築と木の建築

隈氏は、2000年に木の建築に目覚めました。元々、木は木造住宅規模でした使用できなかったのですが、不燃化技術が発達することで大規模建築にも使用されるように。

小さな建築は技術進歩と並行しています。ー隈研吾

隈氏によれば、木を使うとなぜか人が集まるそう。確かに、僕も木の建築があると、そこに吸い込まれるように近づくかも。

小さな建築は、ヒューマン的なもの。暖かみがある建築。これってまさしく木の建築ですよね。日本がこれまで培ってきた日本の建築。隈氏は、日本の建築を現代的に蘇らせようとしているのです。

 

まとめ

  • 小さな建築とは、温かくて、ヒューマン的なもの。
  • 小さな建築は木の建築と相性が良い。
  • 小さな建築は世界的な兆候である。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  2. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。
  3. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  4. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話
  5. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方

関連記事

  1. 労働のこと

    隈研吾に学ぶ、世の中の空席を見つけ勝つ方法

    僕は建築が嫌いです。いや、元々はそれなりに好きだったんだけど、…

  2. ブログ運営

    若い頃は暇で暇で仕事が欲しい、と思うくらいが丁度いい

    ども、tyazukeです。よく、若い頃は買ってでも苦労しろ、と…

  3. 労働のこと

    中小企業こそ、社員教育を徹底しないと死ぬぞ。

    ども、tyazukeです。僕が勤める中小組織設計事務所は、新入…

  4. ブログ運営

    建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。

    ども、tyazukeです。ブログを2年以上続け、400記事を超…

  5. 労働のこと

    建築士が成長するための、たった一つの能力について

    ども、tyazukeです。建築士が成長するために、必要な能力っ…

  6. ブログ運営

    有名建築家になるためのメディア戦略について

    ども、tyazukeです。建築家として有名になる方法は2つある…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  2. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  3. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  4. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  5. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
PAGE TOP