建築のこと

隈研吾氏が唱える「小さな建築」とは何か?

ども、tyazukeです。

20世紀は大量生産、工業化の社会でした。建築業界でいえば、先進国は高さを求めきた。エンパイアステートビルやらアラブのでっかいビルなど。

しかし、これから21世紀は小さな建築に向かっている。これが隈研吾氏の考えです。

では小さな建築とは何か、具体的にどんな建築が求められるのか、考えていきます。

小さな建築 (岩波新書)

 

隈研吾氏は中国で仕事をするとき、小さな建築を提案したことがあります。しかし、当初はそれが不安でした。

日本より発展途上の中国は、「小さな建築」に興味が無いのではないか、と。当時の心境を隈氏はこう語っています。

地元の職人が作ったもので、地元のいいものを使う。地元の材料、低い建物に中国人は興味ないのではないか。馬鹿にされそうだなと思った。―隈研吾

 

しかし、意外にも小さな建築は中国の人にも受け入れられるのです。

その小さな建築の1つが、

「竹の家」

です(写真の転載元http://newton2.jugem.jp/?eid=280より)。

隈研吾氏が言う小さな建築とは、「優しくて、温かい建築。人間的な建築」です。工業化され、製品化された20世紀型の建築とは全く違いますね。

中国でも受け入れられた竹の家、これを機に中国の仕事が増えたそうです。同時に、「小さな建築が広まっている現象は、世界中で起きていることだ」と実感したそう。

もちろん中国だけでなく、デンマーク、日本、イタリア、アメリカ等々。小さな建築は世界的な広がりをみせています。

スポンサーリンク

 

小さな建築と木の建築

隈氏は、2000年に木の建築に目覚めました。元々、木は木造住宅規模でした使用できなかったのですが、不燃化技術が発達することで大規模建築にも使用されるように。

小さな建築は技術進歩と並行しています。ー隈研吾

隈氏によれば、木を使うとなぜか人が集まるそう。確かに、僕も木の建築があると、そこに吸い込まれるように近づくかも。

小さな建築は、ヒューマン的なもの。暖かみがある建築。これってまさしく木の建築ですよね。日本がこれまで培ってきた日本の建築。隈氏は、日本の建築を現代的に蘇らせようとしているのです。

 

まとめ

  • 小さな建築とは、温かくて、ヒューマン的なもの。
  • 小さな建築は木の建築と相性が良い。
  • 小さな建築は世界的な兆候である。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  2. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  3. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?
  4. 優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由
  5. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ

関連記事

  1. 建築のこと

    駐輪場の屋根は、折板ではなくテントを張れば良いんじゃない?

    ども、tyazukeです。駐輪場を設計する機会がありました。片…

  2. ブログ運営

    環境が変われば未来が変わる、を実体験した話

    ども、tyazukeです。よく、環境を変えれば自分も変わる、と聞きます…

  3. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について

    ども、tyazukeです。仕事の適性って見極めるのが本当に難し…

  4. 建築のこと

    建築は自然を壊しているのでは、と言う話

    ども、tyazukeです。地盤調査報告書を読んでおりまして、ふ…

  5. 建築のこと

    大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?

    ども、tyazukeです。大手設計事務所と中堅設計事務所の建築…

  6. 建築のこと

    【書評】天下無双の建築学入門、を読んで

    またまた藤森氏の本を手にとった。彼の本を手に取ると、必ずやってしまうク…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  2. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  3. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  4. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  5. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
PAGE TOP