構造設計の話

最終更新日: 2017.09.23

支点の考え方と力の流れ方について。

『支点』が学校の授業で軽く扱われています。今、授業を思い返してみてなんですけど。例えば、実務で一番苦労するのがモデル化です。学校の授業では、荷重条件、境界条件が全て丁寧に与えられています。

しかし、実務では荷重拾いから始まり、境界条件の設定を行います。特に、部材を支えるために必要な支点がどこか見極めることが重要です。

スポンサーリンク

 

支点とは何だろうか?

支点とは、外力に対して反力を生み出す点です。支点がないと部材は外力を支えることができません。つまり、反力点とは地盤に直接接している部分か、間接的に地盤へ接している部材です。

柱を直接地面に刺してしまえば、地面が直接の反力点となり、外力を支えることができます。

柱を2本立てて、間に梁をつなぎます。梁に作用する外力は、柱が支点となって地面へ力を伝えます。

では、スラブに作用する外力はどうですか?スラブ中央に作用する集中荷重は、2方向へ力が分担され梁に力が伝達されますね。

このとき、スラブに対しては梁が支点となっています。梁は直接地盤へ接しているわけではないですが、梁に接続されているため、スラブ→梁→柱と順々に力が流れていくのです。

 

力は順番に流れていく

こうして見ると、力というのは最終的に地盤へ力を流すことが必要となり、地盤へ力を流すためには、柱へ外力を伝達する必要があるのです。

つまり、どんな外力も最後は柱又は壁に伝達しなければ、力が伝わったとは言えません。モデル化の設定では、地面まで力が伝達されるかチェックしましょう。

このように支点を意識すれば力の流れもスムーズに理解できるでしょう。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  2. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?
  3. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  4. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  5. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件

関連記事

  1. 構造設計の話

    冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。

    ども、tyazukeです。建築学科の1クラスで、将来の進路に構…

  2. 構造設計の話

    ケーブルの撓みを計算する方法について

    GW、皆様はいかがお過ごしでしょうか。僕は、いつものように実家へ帰省し…

  3. 構造設計の話

    【RC規準のイロハ】壁部材の柱と梁の最少断面

    柱や梁を小さくしようと思ったとき、『どこまで小さくできるか?』考えたこ…

  4. 構造設計の話

    鉄骨小梁の計算スパンとリブプレートを入れる理由

    鉄骨小梁を計算するときに、スパンはどのように考えていますか?普通にやる…

  5. 構造設計の話

    EV荷重の設定はどうすればいい?

    ども、tyazukeです。EV荷重の設定悩んだことはありません…

  6. 構造設計の話

    カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

    何のことだ、と思われたかもしれません。「石を吊るすだけでも表現…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築業界の分析

    隈研吾氏に学ぶ、社員を大事にするちょっとした心遣い
  2. 一級・二級建築士の勉強法

    二級建築士になって転職すると、年収いくらになるのか?
  3. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士の勉強法。独学か予備校か?
  4. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】平成29年度の計画が、酷い内容のテストだったわ。
  5. 建築業界の分析

    隈研吾が感激したデンマーク料理店Nomaの3つのポイント
PAGE TOP