構造設計に関すること

支点の考え方と力の流れ方について。

『支点』が学校の授業で軽く扱われています。今、授業を思い返してみてなんですけど。例えば、実務で一番苦労するのがモデル化です。学校の授業では、荷重条件、境界条件が全て丁寧に与えられています。

しかし、実務では荷重拾いから始まり、境界条件の設定を行います。特に、部材を支えるために必要な支点がどこか見極めることが重要です。

スポンサーリンク

 

支点とは何だろうか?

支点とは、外力に対して反力を生み出す点です。支点がないと部材は外力を支えることができません。つまり、反力点とは地盤に直接接している部分か、間接的に地盤へ接している部材です。

柱を直接地面に刺してしまえば、地面が直接の反力点となり、外力を支えることができます。

柱を2本立てて、間に梁をつなぎます。梁に作用する外力は、柱が支点となって地面へ力を伝えます。

では、スラブに作用する外力はどうですか?スラブ中央に作用する集中荷重は、2方向へ力が分担され梁に力が伝達されますね。

このとき、スラブに対しては梁が支点となっています。梁は直接地盤へ接しているわけではないですが、梁に接続されているため、スラブ→梁→柱と順々に力が流れていくのです。

 

力は順番に流れていく

こうして見ると、力というのは最終的に地盤へ力を流すことが必要となり、地盤へ力を流すためには、柱へ外力を伝達する必要があるのです。

つまり、どんな外力も最後は柱又は壁に伝達しなければ、力が伝わったとは言えません。モデル化の設定では、地面まで力が伝達されるかチェックしましょう。

このように支点を意識すれば力の流れもスムーズに理解できるでしょう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法
  2. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス
  3. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件
  4. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  5. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

関連記事

  1. 建設業界のこと

    印象最悪! 兵庫県住宅建築総合センターへ行ってきた。

    僕は、設計した物件の半分以上が関西圏の建物で、なぜか兵庫県の物件に多く…

  2. 構造設計に関すること

    増打ちによる水勾配があるスラブの、固定荷重の考え方について

    例えば屋根、1階の床は集水する目的で水勾配をつけます。構造設計の実務を…

  3. 労働のこと

    建築や構造に関する『熱』が薄れていく中で・・・。

    以前からブログで書いている通り、僕は建築や構造に関する『熱』を既に失っ…

  4. 建設業界のこと

    防腐処理していない木材を使って柱が折れた話

    誤解のあるタイトルですが、建物の話では無いのであしからず。以前、実家の…

  5. 建築のこと

    メーカー5社の、既製柱脚の性能の違いを比較してみた

    ども、tyazukeです。鉄骨造で一番既製品が使われる箇所の1…

  6. 労働のこと

    50㎡の建物が確認申請を出すまで1年かかって病んだ件。

    仕事は早く終わるほど精神衛生上良いものです。僕が入所しているブラック事…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  2. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  4. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP