構造設計に関すること

支点の考え方と力の流れ方について。

『支点』が学校の授業で軽く扱われています。今、授業を思い返してみてなんですけど。例えば、実務で一番苦労するのがモデル化です。学校の授業では、荷重条件、境界条件が全て丁寧に与えられています。

しかし、実務では荷重拾いから始まり、境界条件の設定を行います。特に、部材を支えるために必要な支点がどこか見極めることが重要です。

スポンサーリンク

 

支点とは何だろうか?

支点とは、外力に対して反力を生み出す点です。支点がないと部材は外力を支えることができません。つまり、反力点とは地盤に直接接している部分か、間接的に地盤へ接している部材です。

柱を直接地面に刺してしまえば、地面が直接の反力点となり、外力を支えることができます。

柱を2本立てて、間に梁をつなぎます。梁に作用する外力は、柱が支点となって地面へ力を伝えます。

では、スラブに作用する外力はどうですか?スラブ中央に作用する集中荷重は、2方向へ力が分担され梁に力が伝達されますね。

このとき、スラブに対しては梁が支点となっています。梁は直接地盤へ接しているわけではないですが、梁に接続されているため、スラブ→梁→柱と順々に力が流れていくのです。

 

力は順番に流れていく

こうして見ると、力というのは最終的に地盤へ力を流すことが必要となり、地盤へ力を流すためには、柱へ外力を伝達する必要があるのです。

つまり、どんな外力も最後は柱又は壁に伝達しなければ、力が伝わったとは言えません。モデル化の設定では、地面まで力が伝達されるかチェックしましょう。

このように支点を意識すれば力の流れもスムーズに理解できるでしょう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  2. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  3. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  4. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  5. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    降伏比は何を意味するのか?SS400をルート3で使って良い?

    SN材(建築用鋼材)は降伏比の上限規定しています。なぜか?…

  2. 構造設計に関すること

    えーーっと。会社員と独立した設計者を比較しないでください。

    ウチの事務所は構造部の規模が小さくて、結構外注を使います。僕の場合、外…

  3. 構造設計に関すること

    天秤になる部材は気を付けよう。

    最近読んだ本の紹介ばかりしていますが・・・。もちろん毎日構造設計もして…

  4. 構造設計に関すること

    構造設計者なら知っておきたい、重力とは何か?

    ほとんどの物には必ず重量があります。重量は、物質の質量×重力加速度9.…

  5. 建築のこと

    これで悩まない!設計GLとKBMの関係について

    ども、tyazukeです。設計GLとKBMはどういう関係かイメ…

  6. 構造設計に関すること

    構造設計の仕事は『質を重視』と『量をこなす』どちらが大事か?

    ブラック事務所に入所して早6年。1年目から、もう辞めると言い続けてまだ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  3. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  5. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
PAGE TOP