構造設計に関すること

支点の考え方と力の流れ方について。

『支点』が学校の授業で軽く扱われています。今、授業を思い返してみてなんですけど。例えば、実務で一番苦労するのがモデル化です。学校の授業では、荷重条件、境界条件が全て丁寧に与えられています。

しかし、実務では荷重拾いから始まり、境界条件の設定を行います。特に、部材を支えるために必要な支点がどこか見極めることが重要です。

スポンサーリンク

 

支点とは何だろうか?

支点とは、外力に対して反力を生み出す点です。支点がないと部材は外力を支えることができません。つまり、反力点とは地盤に直接接している部分か、間接的に地盤へ接している部材です。

柱を直接地面に刺してしまえば、地面が直接の反力点となり、外力を支えることができます。

柱を2本立てて、間に梁をつなぎます。梁に作用する外力は、柱が支点となって地面へ力を伝えます。

では、スラブに作用する外力はどうですか?スラブ中央に作用する集中荷重は、2方向へ力が分担され梁に力が伝達されますね。

このとき、スラブに対しては梁が支点となっています。梁は直接地盤へ接しているわけではないですが、梁に接続されているため、スラブ→梁→柱と順々に力が流れていくのです。

 

力は順番に流れていく

こうして見ると、力というのは最終的に地盤へ力を流すことが必要となり、地盤へ力を流すためには、柱へ外力を伝達する必要があるのです。

つまり、どんな外力も最後は柱又は壁に伝達しなければ、力が伝わったとは言えません。モデル化の設定では、地面まで力が伝達されるかチェックしましょう。

このように支点を意識すれば力の流れもスムーズに理解できるでしょう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?
  2. 【書評】本田正信VS石田三成
  3. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  4. 中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?
  5. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    埋め込み柱脚にしたときの支点について

    ども、tyazukeです。これまで、柱脚の納まりを埋め込み柱脚…

  2. 構造設計に関すること

    剛体について 計算外とは何か?

    実務をしてから驚いたことの1つ、それが『計算外』という言葉です。計算外…

  3. 構造設計に関すること

    下階ブレース無し構造は逆せん断に気をつけよう。

    ども、tyazukeです。逆せん断って嫌ですよねぇ。ちょっと得…

  4. 構造設計に関すること

    確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話

    ども、tyazukeです。確認申請や適合性判定では、構造計算書…

  5. 構造設計に関すること

    3人の構造家と1人の研究者と会った話。

    社会人になりたてのころ、構造家と構造系研究者が集まる会食に参加したこと…

  6. 構造設計に関すること

    擁壁の安定モーメントはどうやって算定する?

    僕のフリーアドレスに日建学院からのメールが入っていました。「構造計算 …

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
PAGE TOP