ブログ運営

有名建築家になるためのメディア戦略について

ども、tyazukeです。

建築家として有名になる方法は2つあると思うんです。

  1. 優秀な実作品を残してメディアにとりあげられる
  2. 書籍や建築批評など、実作品とは別のフィールドでメディアに売り出す

 

僕が着目したいのは2番目の方法です。なぜなら、メディア先行型の建築家はあまりにも少ない。日本では藤村龍至しか思いつきません。

しかし、裏を返せばメディア先行型の建築家は穴場です。数が少ないからこそ、そう成れるチャンスも多い。

 

ということで今回は、有名建築家になるためのメディア戦略について考えていきます。

スポンサーリンク

 

なぜ今、メディア先行型の建築家か?

そもそも、なぜ今メディア先行型の建築家がおすすめか。僕が考える理由は2つ。

1つは、実作品を残すチャンスが減っていること。2つめは、建築家の職能が広がっていること。この2つです。

 

1は言うまでもありません。いわゆる賞レースに提案できる新建築はますます減っています。そのくせ、建築家の数というのは大して減っていません。

次に建築家の職能について。僕が思うに、建築家はもはや「建築」という物質的な存在だけを考える時期は終わった、と思っています。

 

先に述べたように、実作品を残せるチャンスが減っているのですから、むしろフィールドを広げてしかるべし、です。

メディア先行型建築の代名詞とも言える藤村龍至さんは、その典型例です。彼の事務所RFAの仕事内容をみると、一番最初に「調査・分析」と書いてあります。

建築家=設計だけじゃない、と考えているのでしょう。著作や講演業が多いのも、他の建築家と比べて特筆すべき点です。

 

これからの建築家像として、藤村龍至は良いモデルです。

 

SNSの導入はCADソフトと同じくらい必須

メディアに売り出すなら、SNSの導入は必須です。

もはやCADソフトと同レベルの存在だと、僕は考えています。

 

twitterやfacebook、LINEなど。しかも無料で使用できるので、自分を売り出す媒体としては最適でしょう。

SNSがメディア先行型建築にとって必要な理由は、先に述べた自分を売り出す他に「若者が利用しているから」という点も挙げておきます。

若者はムーブメントを起こせる存在だからです。ムーブメントが起これば、メディアに売り出せるチャンスが広がります。

 

ブログで情報発信しなきゃ、と考える方もいますが、建築家とブログの相性は良くありません。普通のサラリーマンより忙しい彼らがブログを始めても長続きしない、というのが1つの理由。

もう1つはムーブメントが起こしにくい、という点。ブログですと、情報発信してから反応が返ってくるのがどうしても遅い。

 

以上の点で、SNSは優位というわけです。

 

「論より証拠」ではなく、「証拠より論」

論より証拠、という言葉があります。

これは、「理論より作品」と言い換えてもいいでしょう。「ゴタゴタ喋っていないで、建築家らしい建築作品を出してみろよ」ということ。

 

しかしメディア先行型の建築家の場合、これが逆転したっていいのです。先にロジックを積み上げておいて、そこから作品に取り組みます。

むしろ、メディアに売り出すのなら「強烈な理論」の方がインパクトが大きいでしょう。そういった建築家が、現代は少ないからです

 

例えば、元々はジャーナリストだったレムコールハースは、「錯乱のニューヨーク」という書籍を執筆しました。

この著書は、彼の作品よりも有名ではないでしょうか。それでも彼は、有名建築家として名をはせています。

 

「あいつは頭でっかちだ」と言われようが、新しい建築理論をつくってください。

 

まとめ

  • SNSはCADソフトと同じくらい重要
  • 証拠より、論である
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  2. 社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法
  3. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  4. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  5. 建築は道路に支配されている、と言う話

関連記事

  1. 建築のこと

    建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。

    ども、tyazukeです。「あいつ、建築辞めるってよ」というタ…

  2. 建築のこと

    土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?

    ども、tyazukeです。僕が学生のころ、土木はダサい、建築は…

  3. ブログ運営

    質の良いコタツ記事を大量生産して、ニッチなキーワードを制覇するという戦略

    ども、tyazukeです。ブログの専門用語に、コタツ記事という…

  4. 建築のこと

    絶対に見るべき、隈研吾が設計した建築物5選

    ども、tyazukeです。僕が好きな建築家の1人、隈研吾氏は木…

  5. 建築のこと

    大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?

    ども、tyazukeです。大手設計事務所と中堅設計事務所の建築…

  6. ブログ運営

    1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?

    ども、tyazukeです。入社して間もない頃は、業務を遂行する…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  2. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
PAGE TOP