建築のこと

建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

ども、tyazukeです。

建築嫌いを公言してブログをしておりますけども。そんな建築嫌いの僕でも、「あっ、建築っていいなぁ」と思わせる本があります。

それが、

Casa BRUTUS特別編集 死ぬまでに見ておくべき100の建築 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

です。そこまでマニアックな建築本じゃないセンスもいい。今回は、建築嫌いの人でも建築が好きになる、たった1つの本を紹介します。

スポンサーリンク

 

「旅行+建築」というカテゴリを生み出した一冊

特長は、旅行と建築という2つのカテゴリがミックスされた雑誌であること。建築物の写真の説明には、アクセスや所在地、建築物の営業時間まで書かれてある徹底ぶり。

 

写真も綺麗ですね~。

表紙はブラジルにあるニテロイ美術館。設計者はオスカーニーマイヤー、なんと88歳の時に設計された作品・・・という説明も余すことがありません。

 

目次は、建築用途でカテゴライズされています。「どの建築見に行こうかな~」と考えながら目次を引いてください。

 

旅行雑誌に近い感覚で読める。だから楽しい。

旅行雑誌って読むとワクワクしませんか?

「次はどこへ行こうかな~」とかご当地グルメ、観光地を見るのもいいですね。この本は、そんな旅行雑誌に近い感覚で読めるんですよ。

 

お堅い建築本とは違って、読んでいて楽しい。とにかく楽しい。それに、建築物見るのにに疲れたら箸休めのコラムなども豊富。雑誌としても建築本としても優秀です。

 

個人的に死ぬまでに見に行きたい建築物3つ

本作を読んで、個人的に見に行きたい建築物をリストアップしてみました。

  • カシアスの剣のドーム
  • バレンシア芸術科学都市
  • ロンシャン教会
  • ニーマイヤー建築の特集は必見。RC造の奇々怪々な建築の数々(良い意味で言っている。)

ロンシャン教会は写真でも見たことがあると思いますが・・・、他の建築は実際に雑誌を読んでご確認あれ。

 

まとめ

本当にこの本はおすすめ。今年買った本の中で一番満足度が高かったです。アマゾンのベストセラー本ですからね~。

間違いなしです。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  2. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?
  3. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  4. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう
  5. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。

関連記事

  1. 本の紹介

    本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 

    ども、tyazukeです。鉄骨造の授業は大学3年生ごろから始ま…

  2. 労働のこと

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ

    ども、tyazukeです。構造系の学生なら、大学で実験やってた…

  3. 本の紹介

    【書評】すぐにわかる構造力学、を読んで本当に分かったこと。

    ども、tyazukeです。学生の頃、どうしても曲げモーメントと…

  4. 本の紹介

    どんなにツマラナイ本でも最後まで読み通すことが大切

    ツマラナイ本って山ほどあります。そりゃぁ、本の数が数十万とか、世界には…

  5. 本の紹介

    【書評】建設現場の玉手箱、を読んで

    図書館で見つけた本だが、ただならぬ何かを発していた。何か筆者の叫び、と…

  6. 建築のこと

    CLT建築ってどーなのよ。あれこれ口を出します。

    最近にわかに名前を聞くようになった「CLT」。ツイッターのタイムライン…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  2. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  3. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
PAGE TOP