建設業界のこと

設計事務所で仕事がしたい!大卒、大学院卒どちらが得?

僕は理系大学院卒で組織設計事務所に入所しました。設計をやる人間は院卒が絶対条件と思っていました。が、現実はそうではないようです。総務省の統計によると、大学院卒は全人口の1.25%!

とてもマイノリティな集団です。で、考えました。研究職でもない設計職をやるのに修士まで行く必要あるか?大卒、大学院卒どっちが得なんでしょう?

スポンサーリンク

 

大学院に行くデメリット 設計事務所の給料は良くない。

一部の大手設計事務所を除きます。設計事務所の給料は少ない。ゼネコンやメーカーへ行けば、大卒と院卒の給料に数万円差がつきます。

一方、大学院まで勉強すると2年分の学費が発生。給料は大卒と変わらないのに、院卒まで勉強する意味ある??

 

構造設計で使う知識は大卒レベルで十分。

構造設計で使う計算は四則演算のみ。大学院で身に付いた小難しい計算方法は一切必要ありません。必至で勉強した式の導出とか、実務と対極にある知識。必要ありません。研究者になりたいなら必須。

 

求められるハードルが高い。

マイノリティな院卒は求められるハードルがとにかく高い。高いハードルを越えられないと落胆されます。大卒よりも激しく。

 

職業の選択肢は広がる。

設計職は大卒でも問題ないです。ただ研究職は『その道のプロ』。学校教授なら大学院卒(ドクターまで)へ行くことが必須。メーカー研究職なら修士で大丈夫。

研究をしたいなら大学院まで行くべきです。

 

2年間、時間はある。自由に何でもできる。

最大のメリットは2年間、時間が余りあること。講義や研究時間はありますが、それでも自由時間は多い。やろうと思えば何でもできます。海外ボランティア、旅行、起業。将来何がしたいか?じっくり決められます。

これは大卒には無いメリットですね。

 

結論 設計事務所に就職したいなら大卒で十分

僕の結論は『大卒で十分』ということ。大手設計事務所へ入所はできませんが、『転職』があります。院卒生よりも2年実務を経験できるのはデカい。この2年で一級建築士の受験資格も取れる。

キャリアも2年長いから大手事務所へ転職時には有利。しかも2年勉強していないから、学費も安くあがっています。

設計事務所で就職したいなら大学院卒へ行く必要はないです。

 

それでも僕は後悔してない。

最初に書いた通り僕は院卒です。でも後悔してません。大学院の研究は楽しかったし、自分が進む方向性が見えた気がするので。

この世に『無駄』ということは何1つありません。乾いて何もない『サハラ砂漠』。その何もない広大な土地だからこそ、巨大なパラボラアンテナが設置できました。

物は使いようです。皆さんも就活した後、納得できる生き方をしましょうね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法
  2. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  3. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?
  4. ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。
  5. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件

    ども、tyazukeです。構造一級建築士って必要か?、と常々疑…

  2. 労働のこと

    ホテル会社を4つも経営。沖縄の老舗ゼネコン「屋部土建」【勝手に会社紹介 第二回】

    今回も沖縄の会社を紹介します。その名も、「屋部土建」さん。…

  3. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。

    ども、tyazukeです。設計職を希望する方の中には「組織設計…

  4. 建築のこと

    建築とテクノロジーのこれからに関する考察

    ども、tyazukeです。現在に至るまで、建築業界は1度の大き…

  5. 労働のこと

    設計が失敗続き。『死にたい』と悩むあなたへ。

    仕事に失敗は付き物です。居酒屋の『つきだし』と同じで、要望もしていない…

  6. 建設業界のこと

    設計事務所にインターンへ行くメリットとは?

    このブログで散々、設計事務所はブラックだと公言していますが、まだまだ広…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  2. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  5. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
PAGE TOP