構造設計に関すること

EV棟の設計マニュアル その3

EV棟は細長くて高い建物です。このような形だと地震時の反力が大きくなります。そのため、転倒しないように杭又は大きな基礎を造ります。

前回、杭の引き抜き抵抗力の話をしました。今回は大きな基礎で抵抗する場合を説明します。

スポンサーリンク

 

直接基礎の場合 長期時の反力を増すことが目的

直接基礎は引き抜き力に抵抗できません。そのため、引き抜き力が起こらないくらい大きな基礎を造ります。今回は、底盤の計算に習って基礎断面の決め方を紹介しましょう。

 

地耐力の算定

地耐力とは地盤のN値から算定される地盤の耐力です。建築基準法や建築基礎指針で示されている長い式を使います。式の説明は省略します。

 

長期時の反力分布を算定する。

底盤基礎(べた基礎)の場合、支点はなく『支面』という言葉が合います。なぜなら、荷重を点で受けないからです。底盤を使った基礎は面全体で荷重を支えます。1本の柱の支点反力がNとすれば反力分布は、

σc=ΣN/A

ΣN 柱の反力Nの合計値

A 底盤の平面積(縦×横)

σc 長期時の反力分布

です。

下向きの荷重に対して、上向きの反力分布です。

 

地震時の反力分布を算定する。

地震時には、押し引きの反力が作用します。『押し引きとは、片方の柱が上向き、もう片方が下向きの反力』です。押し引きの反力N‘は必ず±反転した値です。また柱脚に曲げモーメントが作用します。底盤に作用する曲げMdは、

Md=N‘×L + ΣM

N‘ 押し引きの反力

L 柱芯間距離

M 柱脚に作用する曲げの合計値

です。

さらに曲げモーメントに対する反力分布は次式で算定できます。

σ=±Md/Z

Md 底盤に作用する設計用曲げモーメント

Z 底盤の断面係数(bd^2/6)

です。底盤の断面係数とは加力方向に対する『せい』と『幅』の関係から上式より算定可能。

 

2つの反力分布を組み合わせる。

長期と地震時の反力分布を組み合わせます。すると、圧縮側、引き抜き側2つの反力分布が出ました。このとき、圧縮側の反力分布が重心位置を超えていれば転倒しません。

但し、引き抜き側の反力を圧縮側で支える必要があります。一方、引き抜き側の反力分布が重心位置を超えると転倒します。底盤をもっと大きくしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?EV棟の設計は転倒の計算さえやれば終わります。初めは難しいですが慣れたらルーティーンです。1週間もあれば計算、図面が終わるでしょう。

資料が参考になればと思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ
  2. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話
  3. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  4. 建築系ブログを200記事書いたときのPVは?
  5. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    吹き抜け部の移行せん断力による、剛床の確認について

    均等にフレームが組まれたラーメン構造の場合、吹き抜け部があっても特に問…

  2. 構造設計に関すること

    中堅設計事務所にいる老害とITリテラシーの話

    建設会社にいる老害の多くは、ITリテラシーが信じられないほど低いのが特…

  3. 建設業界のこと

    僕が土木工学科から建築学科へ転科した理由とその後。

    僕は、高専(工業高等専門学校)に通っていましたが、そこには建築学科が無…

  4. 建築のこと

    鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法

    ども、tyazukeです。鉄骨造の納まりで注意することは、大梁…

  5. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法

    ども、tyazukeです。変断面の断面係数を求めるとき、どう計…

  6. 構造設計に関すること

    構造設計にミスはつきもの

    仕事にミスは付き物。仕事をすればするほどミスが増えていきます。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  3. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  4. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP