構造設計に関すること

EV棟の設計マニュアル その3

EV棟は細長くて高い建物です。このような形だと地震時の反力が大きくなります。そのため、転倒しないように杭又は大きな基礎を造ります。

前回、杭の引き抜き抵抗力の話をしました。今回は大きな基礎で抵抗する場合を説明します。

スポンサーリンク

 

直接基礎の場合 長期時の反力を増すことが目的

直接基礎は引き抜き力に抵抗できません。そのため、引き抜き力が起こらないくらい大きな基礎を造ります。今回は、底盤の計算に習って基礎断面の決め方を紹介しましょう。

 

地耐力の算定

地耐力とは地盤のN値から算定される地盤の耐力です。建築基準法や建築基礎指針で示されている長い式を使います。式の説明は省略します。

 

長期時の反力分布を算定する。

底盤基礎(べた基礎)の場合、支点はなく『支面』という言葉が合います。なぜなら、荷重を点で受けないからです。底盤を使った基礎は面全体で荷重を支えます。1本の柱の支点反力がNとすれば反力分布は、

σc=ΣN/A

ΣN 柱の反力Nの合計値

A 底盤の平面積(縦×横)

σc 長期時の反力分布

です。

下向きの荷重に対して、上向きの反力分布です。

 

地震時の反力分布を算定する。

地震時には、押し引きの反力が作用します。『押し引きとは、片方の柱が上向き、もう片方が下向きの反力』です。押し引きの反力N‘は必ず±反転した値です。また柱脚に曲げモーメントが作用します。底盤に作用する曲げMdは、

Md=N‘×L + ΣM

N‘ 押し引きの反力

L 柱芯間距離

M 柱脚に作用する曲げの合計値

です。

さらに曲げモーメントに対する反力分布は次式で算定できます。

σ=±Md/Z

Md 底盤に作用する設計用曲げモーメント

Z 底盤の断面係数(bd^2/6)

です。底盤の断面係数とは加力方向に対する『せい』と『幅』の関係から上式より算定可能。

 

2つの反力分布を組み合わせる。

長期と地震時の反力分布を組み合わせます。すると、圧縮側、引き抜き側2つの反力分布が出ました。このとき、圧縮側の反力分布が重心位置を超えていれば転倒しません。

但し、引き抜き側の反力を圧縮側で支える必要があります。一方、引き抜き側の反力分布が重心位置を超えると転倒します。底盤をもっと大きくしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?EV棟の設計は転倒の計算さえやれば終わります。初めは難しいですが慣れたらルーティーンです。1週間もあれば計算、図面が終わるでしょう。

資料が参考になればと思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話
  2. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法
  3. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ
  4. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  5. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    屋根にALC版を使うときの、構造に関する注意点。

    屋根にALC版を使うことがあります。ALC版はRCスラブと似ているよう…

  2. 構造設計に関すること

    大学院まで卒業した僕が構造設計に向いていない3つの理由。

    来年、勤めているブラック事務所を辞めます。理由の半分は、田舎へのUター…

  3. 建設業界のこと

    例えばマンションの一室で地震が起きたら、まず何をする?

    地震が起きたら、何をするのか? 知らない人も多いのではないでしょうか。…

  4. 本の紹介

    【書評】建築構造計画入門 松井源吾

    建築構造は計画が最も重要であると、松井源吾先生が著書の中で述べています…

  5. 構造設計に関すること

    数回の地震に耐える建築物の設計とは?

    熊本地震が起きて構造設計者が感じたこと。それは、『今後は数回の地震に耐…

  6. 建築のこと

    地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

    ども、tyazukeです。日本は地震国です。地震によって大きな…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  5. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
PAGE TOP