構造設計に関すること

EV棟の設計マニュアル その3

EV棟は細長くて高い建物です。このような形だと地震時の反力が大きくなります。そのため、転倒しないように杭又は大きな基礎を造ります。

前回、杭の引き抜き抵抗力の話をしました。今回は大きな基礎で抵抗する場合を説明します。

スポンサーリンク

 

直接基礎の場合 長期時の反力を増すことが目的

直接基礎は引き抜き力に抵抗できません。そのため、引き抜き力が起こらないくらい大きな基礎を造ります。今回は、底盤の計算に習って基礎断面の決め方を紹介しましょう。

 

地耐力の算定

地耐力とは地盤のN値から算定される地盤の耐力です。建築基準法や建築基礎指針で示されている長い式を使います。式の説明は省略します。

 

長期時の反力分布を算定する。

底盤基礎(べた基礎)の場合、支点はなく『支面』という言葉が合います。なぜなら、荷重を点で受けないからです。底盤を使った基礎は面全体で荷重を支えます。1本の柱の支点反力がNとすれば反力分布は、

σc=ΣN/A

ΣN 柱の反力Nの合計値

A 底盤の平面積(縦×横)

σc 長期時の反力分布

です。

下向きの荷重に対して、上向きの反力分布です。

 

地震時の反力分布を算定する。

地震時には、押し引きの反力が作用します。『押し引きとは、片方の柱が上向き、もう片方が下向きの反力』です。押し引きの反力N‘は必ず±反転した値です。また柱脚に曲げモーメントが作用します。底盤に作用する曲げMdは、

Md=N‘×L + ΣM

N‘ 押し引きの反力

L 柱芯間距離

M 柱脚に作用する曲げの合計値

です。

さらに曲げモーメントに対する反力分布は次式で算定できます。

σ=±Md/Z

Md 底盤に作用する設計用曲げモーメント

Z 底盤の断面係数(bd^2/6)

です。底盤の断面係数とは加力方向に対する『せい』と『幅』の関係から上式より算定可能。

 

2つの反力分布を組み合わせる。

長期と地震時の反力分布を組み合わせます。すると、圧縮側、引き抜き側2つの反力分布が出ました。このとき、圧縮側の反力分布が重心位置を超えていれば転倒しません。

但し、引き抜き側の反力を圧縮側で支える必要があります。一方、引き抜き側の反力分布が重心位置を超えると転倒します。底盤をもっと大きくしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?EV棟の設計は転倒の計算さえやれば終わります。初めは難しいですが慣れたらルーティーンです。1週間もあれば計算、図面が終わるでしょう。

資料が参考になればと思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  2. 建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?
  3. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス
  4. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  5. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    手書き計算書はフリクションボールで作成しよう

    フリクションボール(こすって消えるボールペン)が発売されてから手書き計…

  2. 構造設計に関すること

    構造設計はリスクがあるけど、リターンは無いって話。

    ああ、仕事辞めたい。いや、構造設計辞めたい。そんなことを思って4年経過…

  3. 建築のこと

    建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ

    ども、tyazukeです。意匠屋さんで、図面を描くときにRC壁…

  4. 建設業界のこと

    【建築界の常識】なぜ適判員は事務所に来てくれないのか?【世間の非常識】

    当たり前のことを知人に話していたとき『それ、おかしくない?』、と言われ…

  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。

    ども、tyazukeです。僕は大学院で鉄骨造に関する研究室にい…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  2. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
PAGE TOP