構造設計に関すること

鉄骨階段の、ササラの検討方法

ども、tyazukeです。

ササラのように、角度のついた部材はどのように計算すればよいか。水平にかかる梁と何が違うのか。

今回は階段のを支えるササラの設計について特集します。

スポンサーリンク

 

ササラとは何か?

ササラとは踏み板をさせる梁です。階段は踏み板、蹴上げ、ササラの3つで構成されています。踏み板と蹴上げはササラに接合され一体化します。ササラの両端は、鉄骨梁か地中梁にとめて成立するのです。

このように、ササラは人が歩く荷重や階段自重を支える重要な構造部材の1つです。

 

概算としての鉄骨ササラの検討方法

実は検討方法は難しくありません。概算では下記のように検討してもいいでしょう。ササラは水平ではなく斜めにかかっています。つまり、梁の長さは斜めの長さL1と水平の長さL2を全長と考えましょう。

あとは、階段の幅/2がササラが荷重を受ける負担幅です。等分布荷重が作用する両端ピンの単純梁と考えればいですね。あとはMoに対して必要なZの板厚とすれば言い訳です。

 

ところで、ササラ梁で一般的なのがプレートです。プレートの断面係数Zは板せいと板厚で決まります。板のせいを大きく取れない場合は、板厚を上げて対応しましょう。

また、応力が大きい場合はプレートではなくてチャンネル材にすることもあります。鉄骨はフランジの刃をみせると、部材が細く見えます。

 

まじめにササラの検討をしたいとき。

概算でササラの大きさを決めるには十分だと思います。が、まじめに検討をしたいとき、これでは不十分です。なぜなら、斜めの梁であるササラには軸力が作用しているからです。つまり、その分曲げモーメントが小さくなります。

これも計算方法は難しくありません。まずは両端に作用する反力を求めましょう。反力Rを求めたら、反力に対してササラに作用する軸力を求めます。これは、ササラの角度が分かれば簡単です。つまり、ササラの縦/横の比率分が横力Hです(縦=高さ、横=斜め梁の水平投影長さですよ。

 

縦<横ならば、横力Hが大きく、縦>横なら鉛直反力の方が大きいですね)。鉛直反力Rは既にわかっていますから、RとHの二乗和の平方根で軸力となります。

一方、曲げモーメントは釣り合い条件から算定することができます。軸力が作用している分、曲げモーメントは小さくなることを確認しましょう。

 

まとめ

今回は、鉄骨階段のササラということで特集しました。今回は単純梁形式のササラのみを紹介しました。が、他にも片持ち形式であるとか、ササラの形状も沢山あります。

それに、RC造でも階段の受け方には別途ルールがあります。下記の記事は、RC屋外階段の設計方法を書いています。合わせて参考にしてください。

RC屋外階段の設計方法について

 

概算程度なら、斜めにかかっていることは考慮せずに全長に対してMoを算出、断面算定で十分です。もし断面を落としたいか、精算した結果をしりたいなら軸力のとして作用することを考慮しましょう。

 

手計算で解けない人は、任意フレームモデルを使うと簡単に答えが出てきますよー。手計算で理解することも大事ですが、理解が進むのであれば計算機を積極的に使ってもいいと思います。

では、今回はこの辺で。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう
  2. 商売のカモにできる、建築学生の特徴について
  3. 一級建築士受かりたい?じゃあ仕事なんて無視しろ
  4. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。
  5. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    斜め加力が作用したときの、基礎スラブの検討

    直接基礎を検討するとき、斜め加力に対して接地圧を算定したことはあります…

  2. 構造設計に関すること

    【技術大国の崩壊】構造設計者の倫理観とは?

    構造設計者としての倫理観はどうやって磨いていますか?学生の授業…

  3. 構造設計に関すること

    概算で行う 壁式構造の計算について

    壁式構造の設計したことありますか?皆さんもあんまり経験がないと思います…

  4. 構造設計に関すること

    菱形と正方形では、どちらが強いのか?

    菱形と四角形では断面係数が違います。どの程度違うのか?…

  5. 労働のこと

    建築や構造に関する『熱』が薄れていく中で・・・。

    以前からブログで書いている通り、僕は建築や構造に関する『熱』を既に失っ…

  6. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。

    ども、tyazukeです。僕は大学院で鉄骨造に関する研究室にい…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  2. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  5. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
PAGE TOP