構造設計に関すること

構造設計にミスはつきもの

仕事にミスは付き物。仕事をすればするほどミスが増えていきます。

他業界ではマクドナルドの中国ナゲット問題。異物混入問題で一気に信用が落ちました。設計事務所の最大手『日建設計』だって中小企業くらいの規模しかありません。

一度信用を落とす事故があればそれだけで会社は倒産です。

マックみたいな巨大企業が失敗しても取り返せる収益がありますね。人員を減らすなり広告を増やすなり。

スポンサーリンク

 

設計事務所だと、そうはいかない。

設計事務所は、そうはいかない。特に構造設計は大問題。鉄筋1本、計算書と図面が違えば、これが本当に持つかどうか?夜も寝れません。ましてや、様々な検証を行ってNG!なんて日には大変です。

いや、建物が建設中なら良いですが出来上がっていたら取り壊しです。小さな建物でも数億円はする買い物が一回壊してやり直す。いかに大問題かわかるでしょう。

 

ミスをしない仕組みづくりをしよう。

そんな意識を常に持っていれば、ミスは減るかも。でも現実、無理でミスしない仕組みを作るほうが良さそうです。そのためには、とにかくチェック体制を増やすのが良いと思います。

しかし、設計者は偏屈が多いのが事実。個人で設計に対する考え方が違うし図面を見るたびに気分が変わって違う指摘が出てくるもの。これがまた、建築設計の難しいところです。

他の工業製品と比べて、全て1点ものなわけですからね。何か良い方法無いかなあ・・・。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  2. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  3. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  4. 建築系ブログを200記事書いたときのPVは?
  5. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    設計者による考えの違いって、本当に邪魔くさいな。

    設計者による考えの違いって本当に邪魔くさいと思うことがあります。僕が1…

  2. 本の紹介

    【書評】実例でわかる 工作しやすい鉄骨設計

    僕が構造設計を始めた頃、一番わからなかったことが基礎の設計と部材接合部…

  3. 建築のこと

    地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

    ども、tyazukeです。日本は地震国です。地震によって大きな…

  4. 本の紹介

    【書評】建築構造計画入門 松井源吾

    建築構造は計画が最も重要であると、松井源吾先生が著書の中で述べています…

  5. 構造設計に関すること

    基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?

    ども、tyazukeです。基礎の接地圧を計算するとき、e/Lを…

  6. 構造設計に関すること

    ブラック部長、計算書の構成は事務所で統一しませんか・・・?

    他の事務所がどうしているかわかりませんが、僕のいる事務所では、部長が計…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP