構造設計に関すること

地震で建物は倒壊して良い?

元々、建築は自然の脅威から身を守るためのハコでした。猛獣や雨、台風、地震など。それが現代では様々な用途となり、「身を守るためのハコ」と言うには意味が多すぎるようになっています。

さて現代の建物は木造、鉄骨、RCが基本ですが、素材を頑丈にすればするほど、僕たちは自分の首を絞めているように思います。

つまり、巨大な地震が発生して家が倒壊したとき、その重みによって圧死するリスク、ガスや電気機器の破損によって火災が起きるリスクが大きくなりました。

もちろん、それらに対して安全なように構造設計をするのが、構造設計者の使命なのですが・・・「倒壊しても人が死なない建物」はないものか?建物は倒壊してもよいのではないか?と常日頃から思っています。

今回は地震で倒壊しても人命が守られる建物、建物は倒壊してもよいのではないか?考察していきましょう。

 

建築基準法では、最大級の地震(震度6強~)で建物が倒壊しないことを目標としています。これは、建物が倒壊すると人の命に直結することから定められています。しかし、逆に考えれば倒壊しても人の命が保証されれば、建物は倒壊しても良いということです。

さて、倒壊が人の命に直結する大きな理由が「圧死」です。要は、建物の重みに潰されて死んでしまうこと。

当然です。軽いと言われる鉄でさえ、7.85t/㎥あり、RCは2.4t/㎥あるのですから。よって、倒壊しても問題ない建物とは「比重が極端に低い部材を使うこと」が重要です。例えば特定天井に該当しない重さ=2.0kg/㎡以下であれば頭に落ちても大丈夫そうです。

ですから2階建ては禁止。2階の床をつくると、必ずRC等の床が必要になるので。建物は平屋建てに限ります。あとは地震で壁が倒れない機構をつくれば問題は解決しそうです。

1つの解決法は、全ての建築は平屋建てとし屋根重量(天井を含む)は、2.0kg/㎡とすること。

 

次に思いつく方法は、「倒壊しても人にぶつから無ければ良い」ということです。全く関係ない位置に建物が落ちてくれれば、人命は守られます。

そのためにはどうすれば良いでしょうか?

例えば、「地震力を集める」ことです。耐震的なコアをつくって、地震力は全てそこで負担する。その部屋は倒壊して使い物にならないけど、他は鉛直力を支持できるしラーメン構造として地震力を負担可能にする。

スポンサーリンク

 

なぜ建物は倒壊してはダメなのか?

ところで、建物はなぜ倒壊したらダメなのですか?いや、もちろん人命を失ってはいけません。しかし、「建物というハコ」は倒壊しても良いかもしれません。

というのは、「倒壊はしないけど元の状況に復旧できない建物」。これは結局建て替えが必要です。しかし、倒壊はしていないのですから、一度解体して更地にします。解体すると、当然費用が発生します。

一方、建物が倒壊すれば、解体作業は少なくなるでしょうから、費用は安くなります。

要するに、倒壊しようがしまいが、どうせ建て替えるのなら倒壊してしまったほうが、解体が楽な分、得です。これは施主側からすれば、どちらが良いのでしょうか?下手に倒壊しなかったがために、建て替え費用も時間もかかってしまう方が良いのか?

よって、僕は単に「倒壊しなければ良い」という考えには疑問を持ちます。これは、建築基準法だけで良し悪しを判断できない例の1つです。

自分の頭で考え、疑問を持ち思考することが大切ですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける
  2. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ
  3. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】
  4. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  5. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    管理人がCADを使うとき役に立った機能など

    僕は学生の頃、明確に構造設計の道に進もうと思ったわけではありません。た…

  2. 構造設計に関すること

    増打ちによる水勾配があるスラブの、固定荷重の考え方について

    例えば屋根、1階の床は集水する目的で水勾配をつけます。構造設計の実務を…

  3. 構造設計に関すること

    応力を算定する時本当に反力は必要なのか?

    今回の記事は、オチも何にもありませんので、あしからず。突然、学生時代か…

  4. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来

    建築設計業界も、いよいよAIのビッグウェーブが押し寄せてきたようですね…

  5. 本の紹介

    本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 

    ども、tyazukeです。鉄骨造の授業は大学3年生ごろから始ま…

  6. 構造設計に関すること

    設計が苦しいなら辞めちゃえば?と、僕が思う3つの理由。

    ども、tyazukeです。設計が嫌いになった、という人は多いと…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  2. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  5. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
PAGE TOP