構造設計に関すること

基礎が回転する耐震壁のD値の考え方について

普通、建物の基礎は固定で計算します。ここで言う固定は「固定端」のように、支点が曲げモーメントを伝達する意味とは違います。

基礎固定とは、鉛直荷重や水平荷重に対して「変形しない」ことを意味します。基礎固定として良い根拠ですが、上部構造に対して地盤が明らかに高い剛性であることが挙げられます。

しかし、耐震壁付きフレームのように地震力を集める構造形式は、壁直下に大きな反力が発生します。力が大きければ、いくら地盤が固くても変形は大きくなりますし、基礎の自重を加えたところで負の反力(引き抜き力)が発生します。

片方の支点が圧縮力で地盤が変形し、もう片方が浮き上がる状態は、「建物が回転」しており、これを回転変形といいます。もう1つ、壁の変形要因がせん断変形です。さらに曲げ変形があるのですが、低層建物では顕在化しないため省略できます。

スポンサーリンク

 

耐震壁のD値について

ところでD値は、変形量の逆数なので、1/Dsをせん断変形、1/Drを回転変形とすれば、

1/Ds+1/Dr=1/D

を計算し逆数をとればD値が求まります。

 

せん断変形は壁の面積が大きく関係する。

せん断変形の計算式は簡便な略算式が用意されています。これは、標準剛度、壁の面積、壁高さがあれば求められる式です。

壁の面積が大きければせん断変形は小さくなります。

 

回転変形はフーチングの大きさ、境界梁の剛性、地盤の剛性、荷重が関係する。

回転変形を算出するには、色んな係数を算出して計算します。が、ざっくり関係するファクターを示すなら、4つあります。1つはフーチングの大きさ。これは、何となく想像できるでしょう。フーチングの面積が大きい方が、接地圧が小さく見かけ上地盤は固くなります。

2つ目が、境界梁剛性。耐震壁は普通、梁で拘束しています。この境界梁も曲げ剛性に加えます。境界梁がしっかりしていれば、回転変形を押さえることができます。

3つ目は地盤の剛性。平板載荷試験など、実験で得られた変形と力の関係から算出するもの。4つ目は外力。最上階が一番小さく、2階床に作用する外力が最も大きくなります。

以上、大まかに4つのファクターが決まれば回転変形量が算出できます。

 

回転変形はせん断変形より1ケタ~2ケタ違うほど大きい。

実際に計算すると分かりますが、せん断変形は思っているよりも小さいのです。また、何階にあろうが変形量は変わりません。

逆に回転変形は大きい。せん断変形と比べて、1ケタ~2ケタも違います。

 

耐震壁が本当に性能を発揮できる地盤か?

上記の説明で分かるように耐震壁は地盤の強度に大きく左右されます。基礎が回転すれば、耐震壁の耐力は大きく減少するからです。

建築基準法を読むと、原則、構造計算は基礎固定で問題ないと書いてあります。しかし本当のところ地震時は基礎下の地盤が変形しそうだし、100%耐震壁に期待して良いものか、と思ってしまいます。

地盤が不連続な場合、地盤調査を2カ所以上行いたいですし、なるべく杭基礎にした方が無難かもしれません。

変な地盤の上で計算するのは嫌なものです。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件
  2. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?
  3. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  4. 一級建築士受かりたい?じゃあ仕事なんて無視しろ
  5. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    擁壁の安定モーメントはどうやって算定する?

    僕のフリーアドレスに日建学院からのメールが入っていました。「構造計算 …

  2. 構造設計に関すること

    EV荷重の設定はどうすればいい?

    ども、tyazukeです。EV荷重の設定悩んだことはありません…

  3. 建設業界のこと

    僕が土木工学科から建築学科へ転科した理由とその後。

    僕は、高専(工業高等専門学校)に通っていましたが、そこには建築学科が無…

  4. 構造設計に関すること

    【技術大国の崩壊】構造設計者の倫理観 その2 東洋ゴムの件

    以前、『構造設計者の倫理観』というタイトルで記事を書きました。その数日…

  5. 建築のこと

    建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ

    ども、tyazukeです。意匠屋さんで、図面を描くときにRC壁…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  3. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  4. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
PAGE TOP