労働のこと

設計事務所に就職した結果手に入る、本当のメリット3つ

ども、tyazukeです。

散々設計事務所のデメリットを上げていますが、そろそろメリットも書いていこうかなと。8割は悪いことだけど、残り2割は良いことだったりするんです。

 

就職活動するとき、そんな2割のメリットに惚れ惚れすることもありますし。ということで今回は、設計事務所に就職したことで手に入る、本当のメリットを3つ紹介します。

スポンサーリンク

 

① 良い意味でも、悪い意味でも時間にルーズ

設計事務所は良い意味でも、悪い意味でも時間にルーズです。普通は許されない「遅刻」も、平謝りで許されます。

また、当日体調不良になって仕事を休みたくなったとき、電話一本で休める柔軟性もあります。実際に僕が勤めている事務所は、そんな感じ。

有給は後日申請でOKなんです。ゆるいですよね~。

 

逆に言えば労働時間にもルーズ。長時間の残業を続けても、それを注意する組織体制がありません。これはデメリット。

 

② 長髪・髭、服装に関しては何も言われない

もちろん身だしなみは清潔に整える必要がありますが、服装や髪、髭に関して緩いのも特徴。僕なんて髭剃るのが面倒だから、平日は髭を伸ばしたまま出社していますよ。

特に何も言われません。他の事務所所員を見ても、髭を生やして仕事をする人いるみたいですね。

 

また内勤が多いので服装に関する規定もユルユル。ジーンズはダメですが、スーツである必要はナシ。僕はスーツが苦手なんで、一年目から綿パンを履いて仕事に行っていました。

白シャツが嫌いなので、柄シャツが基本。これも特に注意はありません。

服装が自由って良いですよね。

 

あと髪も大体自由。短髪にする必要もないし、注意されることもない。僕は一年目から前髪長めです。

 

③ 転職先の選択肢が広がりやすい

最も大きなメリットは、転職先の選択肢が広がりやすいこと。設計事務所での業務経験を活かして、確認申請機関も良いですね。

設計をやりたいのなら、大手設計事務所も魅力的。設計をやめて監理業務に携わることも可能。

 

とにかく設計を経験すれば、設計、監理、確認業務の3つに関わっています。つまり設計事務所で働けば、自然と3つの道が開かれた、ということ。

現に、民間の確認機関はほとんどの人が設計経験した転職者。おそらく元々、設計事務所へ勤務していた人でしょうね。

 

まとめ

  • 良い意味でも時間にルーズ
  • 髪、髭、服装にもルーズ
  • 転職先の選択肢が広がる
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  2. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう
  3. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  4. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  5. 【書評】本田正信VS石田三成

関連記事

  1. 労働のこと

    i-Constructionで職人さんの仕事はホワイトカラーになるか。

    いま、国土交通省が流行らそうとしている技術があります。それが『i-Co…

  2. 建設業界のこと

    設計事務所で仕事がしたい!大卒、大学院卒どちらが得?

    僕は理系大学院卒で組織設計事務所に入所しました。設計をやる人間は院卒が…

  3. 建設業界に関するニュースのこと

    劇的ビフォーアフター終わるってよ。

    大改造!劇的ビフォーアフターが終わりました。もうとっくに終わったと思っ…

  4. 建築のこと

    何でもかんでも建築的に解決しようとするな、という話

    ども、tyazukeです。今朝、こんなニュースを目にしました。…

  5. 構造設計に関すること

    【定期報告】ブレース構造からラーメン構造へ変更。【構造設計辞めたい】

    これまで構造設計辞めたい辞めたい言ってきましたが、定期報告しようと思い…

  6. 労働のこと

    3月の残業時間が130時間だった・・・。

    ども、tyazukeです。先月の残業時間を集計したら130時間…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  2. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  4. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP