建築のこと

伊東豊雄は、なぜ新しい建築を生み続けることができるのか?

ども、tyazukeです。

伊東豊雄さんのこと。彼の事務所運営術、コンペ、所員、仕事内容。ありとあらゆることが書かれたこの本。

にほんの建築家 伊東豊雄・観察記

スポンサーリンク

スタイルは決めたくない。

伊東さんはスタイルを持ちたくない、と語ります。

理由を推測するに、スタイルを固定すると新しいことにチャレンジできなくなるから、でしょう。

 

「むかし考えた提案も、今見たら嫌いになっている。」スタイルを固定しない、伊東さんの言葉です。

 

せんだいメディアテークは、彼を有名にした作品の1つですが、既に違うスタイルに以降しているかもしれませんね。

スタイルを固定しない。すなわち、常に新しい自分になり続ける。殻をむき続けるということ。70歳にして、まだまだ新しい建築を生み出しているのは、そういう点に理由がありそうですね。

 

2割だけこだわりを持てばいい

「1割はとても好き、1割はとても嫌い、8割はどっちでもいい」

僕が一番好きな、伊東さんの言葉です。

 

つまり2割だけ自分の軸を持つこと。残りはどうでもいいから、次々へと変化していく。羅針盤の大方の方向だけは決めて、そこへ行く手段は飛行機、舟、新幹線、別に何だっていいのです。

 

スタイルを固定して、この道から外れないように進み続けるのは大変です。神経も使うし、スピードも遅い。何より変わることができない。

新しい建築を生み出すには、2割だけこだわりを持つ。あとは捨てることが重要です。

 

スタイルにこだわらない=だから進化できる

スタイルにこだわらない姿勢だからこそ進化できます。

スタイルを固定して、その道のプロ(第一人者)になったとします。でも、一番になったら成長が止まりますよね?

 

スタイルを固定しないことは、常に自分の歩んできた道を振り返り疑う姿勢にも通じます。

伊東さん曰く

「茶碗の淵をなぞる設計は嫌だ」

 

だから伊東さんは進化できるんです。

 

まとめ

  • スタイルにこだわらない姿勢が、進化の秘訣。
  • スタイルにこだわらない。だから若い感覚を持てる。

見習いたい姿勢ですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  2. 建築系ブログを200記事書いたときのPVは?
  3. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  4. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について
  5. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方

関連記事

  1. 建築のこと

    【書評】平屋に暮らすー本当の豊かさを育む住まい20軒

    ども、tyazukeです。平屋で暮らすことに、僕は憧れています…

  2. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?

    ども、tyazukeです。一級建築士と二級建築士の違いって何で…

  3. 建築のこと

    隈研吾氏が唱える「小さな建築」とは何か?

    ども、tyazukeです。20世紀は大量生産、工業化の社会でし…

  4. 労働のこと

    中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

    ども、tyazukeです。この記事を読んでいるということは、設…

  5. 一級建築の試験勉強

    大学教授 兼 建築家(構造家)って何で許されてるの?

    ども、tyazukeです。学生のころから不思議に思っていた存在…

  6. 建築のこと

    建築は自然を壊しているのでは、と言う話

    ども、tyazukeです。地盤調査報告書を読んでおりまして、ふ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  5. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
PAGE TOP