建築業界の分析

最終更新日: 2019.09.29

【転職募集】建築の知識を活かしてIT業界で働きたい・・・!そんな君を応援したい!

皆さんは、こんなことを思ったことは無いでしょうか・・・。

  • 建築の仕事をしているけど、IT関係の仕事に興味がある。
  • 建築の知識を活かして、ITの仕事をしたい。
  • 建築業界って遅れているなぁ・・・(早くIT化してくれよ)。

僕はあります。

 

以前、勤めていた会社では、上司の手書き図面や文章を、CAD化、word化するという謎業務がありましたからね・・・。

「こうすれば、もっと良くなるのに」、「そこはITで効率化しようよ」

そう思って行動しても、1人で組織を変えるのは難しいもの。僕も沢山そんな経験をしてきました。

「だから君も、IT業界へ転職しようよ!転職サイトはコチラ!」

 

そんな安易な誘導は、僕はしません。厳しいことを言いますが、素人がいきなり転職できるほど、IT業界は甘く無いからです。

 

皆さんは、建築に関するプロの知識があります。プロの知識を捨てるなんて勿体ない。IT業界で仕事をしたいなら、建築系の知識が活かせるIT系の会社への転職すべきです。

(おいおい、そんな会社あるのか???)

はい、あります

 

実は先日、当ブログに熱いメールで、オファーが届きました↓↓↓

・・前略・・

ITの力を借りて建築業界の一側面を再構築するようなサービスを大学時代の同級生とつくっています。

https://truss.me/

・・中略・・

紹介がながくなりましたが、いま上記サービスを発展させるにあたり、

  • 建材の知識があり、
  • 設計経験のある方(現場監督経験のある方)

で、興味もっていただける方を採用し、増やしたいと考えおります。

もし周りに該当する方がいたらご紹介いただきたいと思い・・・

実は、「株式会社トラス」の方から、当ブログに上記のメールを頂きました・・・!

 

トラスさんは、trussというサービスを運営・開発されている会社です。trussは、建材をメーカー横断で比較検索できる超便利サービス。個人的に、建築業界にブレイクスルーを起こすのでは、と思っています。

 

長くなりましたが、今回は当ブログの読者の方に、トラスさまからの転職オファーの概要を説明いたします

今回のオファーに興味がある方は、ここから先を読み進んでください。興味が無い方も、絶対損は無いから!trussのユーザー登録はしておきましょう⇒⇒⇒ trussの新規会員登録はコチラ(無料登録)

 

trussとは?

建材をメーカー横断で比較検索できるサービスです。

これまで、建材の選定は紙のカタログが主流でした。現在もそうです(あるいは電子カタログ)。

設計事務所には、膨大なメーカーカタログが置いてあるのが普通で、それを把握するのはとても大変・・・いや不可能です。

 

知らないうちに廃番になっていたり、新商品に気づけないことも多々あります。他にもっといい建材があるかもしれないのに、慣例的に、前の図面と同じ建材を使うこともあります。

 

tussを使えば、設計者は最新の情報を「メーカー横断」で、比較・検索し、選定できます。前述した、建材の選定がより簡単に、ベストの物が選べるのです。

 

  • 建材メーカー新商品を使ってもらえる。
  • 設計者は建物に最適な建材を選定できる。
  • お客様(お施主様)は、最適な建材が選定された建物を使える。

win-win-winになって、3者ともハッピーなんです。

建築業界を外側から変えていく、それがtrussだと思います。

 

trussでの職種内容

今回オファーがあった職種は、

 

建材カタログデータの書き起こしは外注しており、その発注と検収、データの簡単な加工およびシステム取込み、表示確認をマネジメントする業務、および新たな機能・サービスの企画および設計する業務です。

建築の設計者向けに使いやすいよう、建築の知識を活かして情報の取捨選択を行うポジションです。

紙のカタログを見れば分かりますが、情報が多すぎますよね。そんな情報を整理することで、より建材の選定を簡単にしたい。

 

そのために、あなたの知識が必要です。

 

勤務地・給与・待遇

勤務地・給与・待遇は、下記のとおりです。
  • 東京都品川区東五反田  (駅から徒歩5分以内、1年以内に移転可能性あり)
  • 想定月給 30万円~50万円(昇給あり)
  • 条件面は過去の実績 / 給与をもとに相談可能です。
  • 社会保険あり
  • 完全土日休み
  • 勤務時間は相談可 (フレキシブルな働き方が可能です)
  • 交通費支給あり

IT業界に転職したいなら、建築の知識を活かすべし。

建築業界の中にいると、色々と問題点が見えると思います。

  • こうすれば、もっとよくなるのに・・・
  • 他業界では、当たり前にやっているのになぁ

そんな風に、思っていませんか?僕もそうでした。だから僕は、建築業界を辞めて、外側からアクションしよう、と思うようになったんです。※今回、こういったオファーのメールを頂いて、僭越ながら同じ気持ちを感じました。

 

  • 建築業界は辞めたいけど、建築の知識を活かして別の仕事にチャレンジしたい方、
  • 建築業界から、IT業界に転職したい方
  • trussさんのビジョンに共感できる方、興味がある方、

 

下記お問い合わせフォームの「その他」にチェックし、「trussの件」と入力してお送りください。

※今回のオファーは、こちらの都合で予告なく打ち切る可能性があります(お申し込みはお早めに)。

ご興味がある方、下記のお問い合わせフォームからご連絡ください!

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  2. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  3. 設計事務所が生き残るセルフブランディングの重要性と、プロ級HPをつくる方法
  4. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  5. 家は影の下なのになぜ熱いのか?

関連記事

  1. 建築屋さんの転職

    建築の社会問題?少子高齢化社会と未来の住居スタイルについて

    ども、tyazukeです。建築業界でも、日本の社会問題である「…

  2. 建築業界の分析

    豊洲新市場の件は、『技術論』や『正しい・間違い』の問題じゃない。

    連日、豊洲新市場の件が報道されていますが・・・マスコミも飽きませんねぇ…

  3. 建築業界の分析

    家は影の下なのになぜ熱いのか?

    ども、tyazukeです。木の木陰に入ると涼しく、暑さをしのげ…

  4. 建築業界の分析

    設計事務所での服装は?設計事務所で働いて分かったこと

    ども、tyazukeです。あなたは 「設計事務所での服装」…

  5. 建築業界の分析

    建築屋さんが覚えるべき、たった3つの構造計算とは

    ども、tyazukeです。僕は構造設計の仕事をしていますが、意匠屋さん…

  6. 建築業界の分析

    「哲学」から読み解く「建物の沈下」に関する諸問題

    その昔、哲学と科学は表裏一体でした。哲学者は科学者でもあったのです。一…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計の話

    直感で構造設計を理解する方法とは?
  2. 建築業界の分析

    隈研吾事務所ってどう?隈氏の社員を大事にするちょっとした心遣い
  3. 建築業界の分析

    これで悩まない!設計GLとKBMの関係について
  4. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】日建学院の総評から、H30年度試験の傾向を読み解いた
  5. 一級・二級建築士の勉強法

    特定構造計算規準とは何か?
PAGE TOP