建築のこと

押出成形セメント版の支え方と、鉄骨との納まり

ども、tyazukeです。

外壁に押出成形セメント版を使うことがあります。押出成形セメント版はALCと似た材料で、強度が案外強いことが特徴です。そのため、一般的な建物の階高なら補強材無しにもちます。

しかし、鉄骨梁や柱との納まりを理解していないと、外壁が留まらない、なんて事態が起こることも。今回は押出成形セメント版の留め方と、納まり図を整理してみました。

スポンサーリンク

 

一般的な柱、梁位置と外壁との納まり

一般的な柱、梁位置と外壁との納まりは下図のようになります。描いてあるように、梁の外面から外壁内面のクリアランス35~60mmの場合です。

梁と外壁との空きが狭いので、直接外壁と大梁とを留めることができます。具体的には、大梁の上フランジあるいは下フランジに通しアングルを設定し、そこからセメント版を留めます。

 

下の図は、クリアランスが60~250の場合です。そのままでは、通しアングルと外壁は留まりません。よってアングルを片持ち上に持ち出して受けます。

 

柱、梁位置と外壁が離れている場合の納まり

前述した納まりは比較的一般的です。但し、外壁と梁とのクリアランスが大きくなると、工夫が必要です。下図を見てください。

梁から[-100x50x5x7@600で片持ち梁を出していますね。クリアランスが大きすぎると、こういった工夫が必要。また、下図では、通しアングルを梁上部で固定しています。

 

下図の納まりも、上図と同じですが少し異なるのは目地の位置がスラブにあること。そのため通しアングルの位置が少し違います。上図では、片持ち梁の上下フランジに通しアングルが止まっています。

しかし下図では、目地の位置が片持ち梁おり上にあるため、上フランジに留まりません。そんなときは、通しアングルはスラブに直接留めます。

僅かな片持ちスラブができるわけですね。スラブは剛性が高いので、通しアングルは簡単に留まります。

 

まとめ

いかがでしたか。押し出し成形セメント版と梁のクリアランスが大きくなると、片持ち梁のような受け材が必要になります。その受け材に通しアングルを留めるわけです。

案外忘れがちですし、現場で漏れが発覚すると大変ですよね。この機会にしっかり覚えておきたいものです。

 

参考文献

  • アスロックガイドブックより
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  2. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう
  3. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話
  4. 二級建築士の受験資格について
  5. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる

関連記事

  1. ブログ運営

    建築系ブログを100記事書いたときのPVと反省点3つ

    ども、tyazukeです。ブログを書き続けて2年経ちました。当…

  2. 建築のこと

    建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

    ども、tyazukeです。建築嫌いを公言してブログをしておりま…

  3. ブログ運営

    若い頃は暇で暇で仕事が欲しい、と思うくらいが丁度いい

    ども、tyazukeです。よく、若い頃は買ってでも苦労しろ、と…

  4. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶ、社員を大事にするちょっとした心遣い

    ども、tyazukeです。建築家って基本は自分勝手で偏屈で僕は…

  5. 労働

    公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由

    ども、tyazukeです。将来、公務員になりたいと思う学生は多…

  6. ブログ運営

    建築屋さんがもっとWEBで情報発信すべき3つの理由

    ども、tyazukeです。建築屋さんってWEBの情報発信が少な…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  2. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  3. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
PAGE TOP