建築のこと

押出成形セメント版の支え方と、鉄骨との納まり

ども、tyazukeです。

外壁に押出成形セメント版を使うことがあります。押出成形セメント版はALCと似た材料で、強度が案外強いことが特徴です。そのため、一般的な建物の階高なら補強材無しにもちます。

しかし、鉄骨梁や柱との納まりを理解していないと、外壁が留まらない、なんて事態が起こることも。今回は押出成形セメント版の留め方と、納まり図を整理してみました。

スポンサーリンク

 

一般的な柱、梁位置と外壁との納まり

一般的な柱、梁位置と外壁との納まりは下図のようになります。描いてあるように、梁の外面から外壁内面のクリアランス35~60mmの場合です。

梁と外壁との空きが狭いので、直接外壁と大梁とを留めることができます。具体的には、大梁の上フランジあるいは下フランジに通しアングルを設定し、そこからセメント版を留めます。

 

下の図は、クリアランスが60~250の場合です。そのままでは、通しアングルと外壁は留まりません。よってアングルを片持ち上に持ち出して受けます。

 

柱、梁位置と外壁が離れている場合の納まり

前述した納まりは比較的一般的です。但し、外壁と梁とのクリアランスが大きくなると、工夫が必要です。下図を見てください。

梁から[-100x50x5x7@600で片持ち梁を出していますね。クリアランスが大きすぎると、こういった工夫が必要。また、下図では、通しアングルを梁上部で固定しています。

 

下図の納まりも、上図と同じですが少し異なるのは目地の位置がスラブにあること。そのため通しアングルの位置が少し違います。上図では、片持ち梁の上下フランジに通しアングルが止まっています。

しかし下図では、目地の位置が片持ち梁おり上にあるため、上フランジに留まりません。そんなときは、通しアングルはスラブに直接留めます。

僅かな片持ちスラブができるわけですね。スラブは剛性が高いので、通しアングルは簡単に留まります。

 

まとめ

いかがでしたか。押し出し成形セメント版と梁のクリアランスが大きくなると、片持ち梁のような受け材が必要になります。その受け材に通しアングルを留めるわけです。

案外忘れがちですし、現場で漏れが発覚すると大変ですよね。この機会にしっかり覚えておきたいものです。

 

参考文献

  • アスロックガイドブックより
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法
  2. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  3. youtuberが凄い理由と、建築家がクソな理由
  4. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について
  5. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう

関連記事

  1. ブログ運営

    環境が変われば未来が変わる、を実体験した話

    ども、tyazukeです。よく、環境を変えれば自分も変わる、と聞きます…

  2. 建築のこと

    これで成功できる!ノーマンフォスターの教え、戦略とは?

    ども、tyazukeです。イギリスの有名建築家ノーマンフォスタ…

  3. 建築のこと

    建築家の、「全て私がやりました」という風潮

    ども、tyazukeです。建築家は世間に対して説明不足だと思う…

  4. 建築のこと

    建築とテクノロジーのこれからに関する考察

    ども、tyazukeです。現在に至るまで、建築業界は1度の大き…

  5. 労働のこと

    設計監理と設計の仕事、給料はどう違う?

    ども、tyazukeです。現在学生で、就活中のあなた。就活中、…

  6. 建築のこと

    有名建築家による欠陥住宅が酷すぎる件

    ども、tyazukeです。少し世代が古い日本の建築家の中には、…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP