建築屋さんの転職

最終更新日: 2019.10.14

構造設計にaiが普及したらどうなる?大量離職?仕事一筋の人がヤバい理由は?

ども、tyazukeです。

構造設計業界にaiが普及したら?

と思いませんか。竹中工務店さんが公式に、下記を発表しました。

2020年までに深層学習等を通して、より速く、より優れた結果に導くシステムに改善していき、構造設計業務での自動設計やシミュレーションの自動化等の活用を開始し、構造設計の中のルーチン的な作業の70%削減を目指します。

今回は、構造設計にaiが普及したらどうなる?大量離職?仕事一筋の人がヤバい理由について、考えたことをお話しします。

こちらも参考にどうぞ⇒ 将来、構造設計の仕事は無くなる?人の手より機械の手。

スポンサーリンク

そもそも構造設計にaiが普及する?

そもそもaiは何が得意でしょうか。aiは、

  • 単純作業(入力、計算など)
  • 目的地(ゴール)が決まっている作業

が得意のようです。

これを見る限り、益々、構造設計とaiの相性は良い様に思います。

構造設計はルーティーンの部分が、かなりあります。構造計画を行った後は、7~8割がルーティーンのようなものです。

もしaiが構造計算の業務を省力化してくれるなら、感覚として業務量が半分くらいになるかもしれません。

付加価値を生み出せない構造屋は、もういらない

人間の歴史を読み解くと、機械に仕事を奪われることは何度もありました。例えば

  • 馬車 ⇒ 自動車・・・馬車の業者が無くなった
  • 機織り技術者 ⇒ 機織機・・・機織機を操作する人が失業
  • レジ打ちの人 ⇒ セルフレジ・・・レジ打ちの人が失業

がありますね。レジ打ちの人が失業していく様は、現在進行形でみていますよね。こういった失業を、技術的失業といいます。共通点は「誰でも可能な仕事」です。

 

「機織機を操作する人」や「レジ打ちの人」を思い出してください。何だか、「一貫計算プログラムを操作する構造屋」と似ていませんか

 

あなたがは、「あなただけの付加価値」は生み出していますか?

(なになに?経済性を考えて、持つ部材を計算しているって?)

それはAIが最も得意とする仕事ですよ。

付加価値を生み出せないならAIにとって代わっちゃいますね。技術革新とは、そういうことです。

でもチャンスはあります。芸術性とかアイディアとか、人間にしかできない付加価値を構造設計に見出すことは可能です。

当ブログで、構造設計はAIに奪われることを予言していた

予言というと大げさですが、こんな記事を2年前に書いていたんですねぇ。将来、構造設計の仕事は無くなる?人の手より機械の手。

タイトルが、まんま竹中工務店の未来を暗示しているようです。少し記事を抜粋します。

意匠設計者がBIMで入力⇒標準的な配筋も入力⇒そのまま構造計算まで、という流れが起きる。ありきたりな形、簡単な形で飯を食べている凡人構造設計者はクビ。

要は、益々構造設計者の立ち位置が難しくなりそうです。今の構造設計者人口の1/3くらいになっても、仕事が回るようになるのかも

 

今の構造設計者人口の1/3くらいになっても、仕事が回るようになるのかも。」

僕も構造設計の実務をしていて、2/3くらいはAIでもできるなぁと感じています。

大企業は構造設計者=AIが普通になる

前述したようにAIは正解のある仕事が得意です。目的地が決まっていれば、そこまで最短距離で業務を進めます。

構造設計も正解が無い仕事」ではあるのですが、常にそうではなく、構造計画が終わった後は概ね、正解が決まっています

また、マンションのように決まりきった形(1つの平面を積み上げただけ)は、正解がすぐにきまります

 

ですから、構造屋さんの職能は

  • 構造計画
  • AIができない雑務
  • 後述する監修業務

だけになるかも。

 

まずは、資本が多い大手ゼネコンからAIを導入して、次第にAIが構造設計者にとって代わります。

付加価値を生み出せない構造屋さんは転職するか、付加価値を生み出す能力を養うしか無いですね・・・。

 

ちなみに設備は構造の次にAI化が進んでもおかしくない。

もし竹中工務店で今回の構造屋7割削減が成功したら、それがモデルケースになる。大企業に一気に広まるでしょう。

準大手、中小企業の構造設計者の半数はクビになる

例えば竹中工務店の構造設計部の半数がクビになったとして、どうすると思いますか?

転職ですよね。

もし大企業が同じようにAIを導入していたら、準大手や中小企業に押し寄せるでしょう。

そうなると、今まで勤めていた社員は必要ない。トコロテンみたいに、どんどん押し出されて、能力の無い人は淘汰されていく。

 

そうなれば優しい日本企業だから、配置換えかもしれません。「お前必要ないから、構造設計辞めて現場監理いけ!」とかね。

あり得るな。

将来は、構造設計監修業務が増える

実務をAIが担ってくれるのなら、残りは何が残ると思いますか。図面はBIMでサクッと描ける、2割は基本設計、1割は監修業務だと思うんですよ。

監修業務というのは、「著作物の著述や編集などを監督・指揮すること」です。実施設計をAIがするのなら、それを監理する人が必要ですよね。正しい方向に向かわせる監督のような存在。

そんな仕事が増えるかと。付加価値を磨きましょう。

僕は、AIが構造設計をする未来に賛成です

賛否両論あると思いますが、僕はAIが構造設計職を担う未来に賛成です。だって、AIに単純ミスは無いから。

構造設計をしていると、大抵は単純なミスが発生するんですよ。そのミスを修正したり変更したり、後戻りを繰り返して人工(にんく)がかさむ。

 

でもAIはその単純なミスが無い。大きなメリットですよね。その代り大きなミスは起きる可能性がある。ブラックボックスになるわけですから。でもそれは、前述した監修業務で、しっかり見てやれば良い。

結構うまく成り立つと思うんです。

大手勝ち組、中堅以下負け組?

今に始まったことじゃ無いですが、今後、この差はもっと広がるかも。AIを制した企業が世界を制する、と言われています。

あとはマネーゲームです。資本のある大手企業からAIを導入し、今まで以上の仕事量をこなす。人がやるより早いからです。

そして中堅以下の仕事がなくなります。もちろん「会社規模」だけでは語れません(ベンチャー企業、アトリエ系もあるので)。

 

ただ僕も中小企業に居るのでよくわかりますが、一般的な中小企業は余裕がありません。

毎月精一杯なので、長いスパンを見据えた投資ができません。投資がきないと、今のやり方を続けるしか無いですね。

だから終わりです。大きいものに巻かれてください⇒ 中堅組織設計事務所の3つの特徴、大手に転職できる可能性

あるいはベンチャー企業(とか、アトリエ系)に転職して、ゲリラ戦を仕掛けるのもありか・・・。

まとめ

  • 将来、構造設計者がAIにとって代わる
  • 大手ゼネコンからAI参入
  • 付加価値のない構造屋は退職または配置換え

将来を見据えて投資ができる会社を選びましょう。大手企業を狙いましょう。気概のある方はベンチャーでも良いですし。

こちらも参考にどうぞ。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」
  2. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  3. 失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法
  4. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  5. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 

関連記事

  1. 建築業界の分析

    副本、控えは必要ない。原本の「同期」とVR技術による申請業務の簡略化提案

    新入社員に任せる仕事は少ない。それでも、申請図書の印刷くらいはできるだ…

  2. 構造設計の話

    確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話

    ども、tyazukeです。確認申請や適合性判定では、構造計算書…

  3. 構造設計の話

    剛体について 計算外とは何か?

    実務をしてから驚いたことの1つ、それが『計算外』という言葉です。計算外…

  4. 構造設計の話

    構造設計にミスはつきもの

    仕事にミスは付き物。仕事をすればするほどミスが増えていきます。…

  5. 建築学生の就活

    建築業界でくすぶっている人の自分メディアのつくり方とメリット

    ども、tyazukeです。どんな仕事でもそうですが、上司や環境…

  6. 建築業界の分析

    将来、構造設計の仕事は無くなる?人の手より機械の手。

    ごめんなさいね。毎回暗い話が多くて。でもネガティブなのは性分なので。割…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築屋さんの転職

    建築設計を辞めたい3つの理由と、答えを導く3チェック、実際に僕が退職して思うこと…
  2. 建築業界の分析

    構造設計者が独立したら、何棟設計すれば食えるのか?
  3. 建築業界の分析

    ALC版の許容スパンは、同じ荷重でも各メーカーで違う件
  4. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】平成29年度の計画が、酷い内容のテストだったわ。
  5. 建築屋さんの転職

    独立したい!建築業で独立する前に考えるべき4つのこと
PAGE TOP