建設業界のこと

将来、構造設計の仕事は無くなる?人の手より機械の手。

ごめんなさいね。毎回暗い話が多くて。でもネガティブなのは性分なので。割と楽しんでますよ、この性格を。

さて、これまでAIやコンピュータの革命によって、仕事は人の手から機械の手に代わってきました。僕が生まれたころ頃『あった』仕事が、今は『消えた仕事』になってて、将来は『今の仕事』もなくなっていると思うのです。では、具体的に何が消えるのか?と考えると、真っ先に思いつくのが、『スポーツの審判』です。だって、いらないでしょ?スポーツの審判なんて。いらない、いらない。

特にサッカーのレフェリーなんて、『試合を見てない』じゃないですか。ゴールを割ってもノーゴール判定あるし、逆も然り。それも含めてサッカー?うーん、納得いきませんねぇ。アジアの審判はレベルが低いって言われているし、公正公平に競技するなら機械化でしょう。その技術ぐらい日本ならできるハズですよ。

後は、スーパーのレジです。既にセルフレジが普及しているように。僕もしょっちゅうセルフレジを使っています。セルフレジの良いところって、レジ打ちを自分でやる点ですよね。相手にやってもらうのを、じーっと待つのは退屈だしイライラします。これから、この仕事が無くなると思うと、レジのおばちゃんには申し訳ないですが・・・。

このように、AIの普及・・・とまでいかなくとも、人間の仕事は機械に代わりつつあるのです。もちろん、建築業界もね。

スポンサーリンク

 

構造設計者はいらない?!

例えば共同住宅のように、標準的な断面が用意されている建物があります。標準的な間取りが決まってて、柱や梁の大きさ、配筋までもが用意されています。構造設計的には『簡単』です。一番苦労する断面設計が、既に終わっている訳ですから。

一方、BIMの進化が目覚ましく、最近は確認申請までBIMで行う事例もでてきました。BIMと言えば、3次元情報をコンピュータに入力して描く3DCADですね。このBIMで作成した意匠関連データを利用して、構造設計まで行う試みは既に技術として確立されています(普及には時間がかかりそうです。10年後でしょうか)。

えー、つまり。意匠設計者がBIMで入力⇒標準的な配筋も入力⇒そのまま構造計算まで、という流れが起きるのです。だから、ありきたりな形、簡単な形で飯を食べている凡人構造設計者(僕のことですが)は、クビです。これからは、意匠設計者に全ての入力をやらせればいいので。

しかし、意匠設計者は構造的な素養を持っていないので、確認や適合性判定の指摘には答えられないですね。そのため『構造計算指摘対応者』という職業ができてもおかしくありません。要は、益々構造設計者の立ち位置が難しくなりそうです。今の構造設計者人口の1/3くらいになっても、仕事が回るようになるのかも。

手を動かす人が減ってきて、知識と経験豊富なアドバイザー的立ち位置のお仕事が増えるかもしれない。

勉強しなきゃ、生きていけないですな。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  2. 建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ
  3. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?
  4. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  5. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    構造設計の手順について

    構造設計も設計手順があります。設計者1人毎にやり方は違います。でも大ま…

  2. 建築のこと

    地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

    ども、tyazukeです。日本は地震国です。地震によって大きな…

  3. 労働のこと

    「国土交通省生産性革命プロジェクト」パンフレットを読んだ。

    「国土交通省生産性革命プロジェクト」パンフレットを読んだ。建設…

  4. 構造設計に関すること

    柱符号、梁符号の付け方について

    柱符号、梁符号の付け方悩みますよね。あまり細かく分けると施工性が悪くな…

  5. 構造設計に関すること

    鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて

    ども、tyazukeです。RCに比べて、鉄骨造はねじれの耐性が…

  6. 建設業界に関するニュースのこと

    豊洲新市場の件は、『技術論』や『正しい・間違い』の問題じゃない。

    連日、豊洲新市場の件が報道されていますが・・・マスコミも飽きませんねぇ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  4. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  5. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
PAGE TOP