建築のこと

ALC版の許容スパンは、同じ荷重でも各メーカーで違う件

ども、tyazukeです。屋根や床にALC版を使うことがあります。荷重が軽くて構造としては助かります。設計も簡単ですし。

ただ、いくつか注意点もある。以前、ALC版を屋根に使う時の注意点について纏めましたので、こちらをどうぞ。

 

その記事の中で、「ALC版の許容スパンに注意」と説明しました。今回は、さらに深堀してメーカーごとのALC版の許容スパンについて纏めてみました。

スポンサーリンク

 

同じ荷重でもメーカー毎に許容スパンが違う

ネットで調べたALCメーカー3社を一定の条件で比較しました。

※荷重は、積雪・積載・仕上げ荷重による長期荷重とする。ALC厚100mm、荷重2000N/㎡

  • シポレックス  2600mm
  • 旭化成     3190mm
  • クリオン    3050mm

ということで、同じ荷重でも各社各様です。最も許容スパンが長いメーカーが、旭化成(へーベル)です。ALC版を床や屋根に使う時、この許容スパン毎に鉄骨のピッチを決めます。

当然ALC版の許容スパンが長い方が有利ですから、同じ値段であれば旭化成にしたいですね。次いでクリオン、2社に比べて5,600ミリも短い許容スパンでシポレックスという結果でした。

 

ALC以外でも、メーカー品を使う時は3社の性能を比較しよう

ALC版に関わらず、メーカー品を使う時は3社の性能を比較しましょう。今回はALC版を比較した結果、シポレックスの許容スパンがとても短いことに築いたのです。

同じALC版だから、という観念で判断しないことが大切ですね。

 

まとめ

同じ荷重、厚みでもメーカー毎に許容スパンが違う

  • シポレックス  2600mm
  • 旭化成     3190mm
  • クリオン    3050mm

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ
  2. 中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?
  3. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  4. 【書評】本田正信VS石田三成
  5. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    人は何キロの衝撃で死に至るのか?地震と圧死の関係について

    地震で、頭上に物が落下すれば生命の危機です。地震による死亡被害で、溺死…

  2. 本の紹介

    木造住宅は、本当は強い?熊本の地震が教えてくれたこと

    「木造住宅は、構造設計(計算)を行う必要がない」一般の方が聞け…

  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件

    ども、tyazukeです。構造一級建築士って必要か?、と常々疑…

  4. 建築のこと

    社会人で、AIJの会員を続けるメリットは?

    ども、tyazukeです。最近、理系の大学生はほとんどが大学院…

  5. 建築のこと

    建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。

    ども、tyazukeです。建築家の名言を調べていると、あること…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  2. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  3. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
PAGE TOP