建築のこと

ALC版の許容スパンは、同じ荷重でも各メーカーで違う件

ども、tyazukeです。屋根や床にALC版を使うことがあります。荷重が軽くて構造としては助かります。設計も簡単ですし。

ただ、いくつか注意点もある。以前、ALC版を屋根に使う時の注意点について纏めましたので、こちらをどうぞ。

 

その記事の中で、「ALC版の許容スパンに注意」と説明しました。今回は、さらに深堀してメーカーごとのALC版の許容スパンについて纏めてみました。

スポンサーリンク

 

同じ荷重でもメーカー毎に許容スパンが違う

ネットで調べたALCメーカー3社を一定の条件で比較しました。

※荷重は、積雪・積載・仕上げ荷重による長期荷重とする。ALC厚100mm、荷重2000N/㎡

  • シポレックス  2600mm
  • 旭化成     3190mm
  • クリオン    3050mm

ということで、同じ荷重でも各社各様です。最も許容スパンが長いメーカーが、旭化成(へーベル)です。ALC版を床や屋根に使う時、この許容スパン毎に鉄骨のピッチを決めます。

当然ALC版の許容スパンが長い方が有利ですから、同じ値段であれば旭化成にしたいですね。次いでクリオン、2社に比べて5,600ミリも短い許容スパンでシポレックスという結果でした。

 

ALC以外でも、メーカー品を使う時は3社の性能を比較しよう

ALC版に関わらず、メーカー品を使う時は3社の性能を比較しましょう。今回はALC版を比較した結果、シポレックスの許容スパンがとても短いことに築いたのです。

同じALC版だから、という観念で判断しないことが大切ですね。

 

まとめ

同じ荷重、厚みでもメーカー毎に許容スパンが違う

  • シポレックス  2600mm
  • 旭化成     3190mm
  • クリオン    3050mm

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  2. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット
  3. 耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて
  4. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方
  5. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて

関連記事

  1. 建築のこと

    【書評】平屋に暮らすー本当の豊かさを育む住まい20軒

    ども、tyazukeです。平屋で暮らすことに、僕は憧れています…

  2. 建築のこと

    建築の良さは目地で決まる?外壁と目地の関係性について

    街をフラフラと歩いていると沢山の建築物に出会います。そこで一番目に付く…

  3. 建築のこと

    押出成形セメント版の支え方と、鉄骨との納まり

    ども、tyazukeです。外壁に押出成形セメント版を使うことが…

  4. 本の紹介

    本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 

    ども、tyazukeです。鉄骨造の授業は大学3年生ごろから始ま…

  5. 構造設計に関すること

    剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。

    ども、tyazukeです。剛度増大率とは、元々部材が持っている…

  6. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。

    ども、tyazukeです。「将来、建築家になりたい」という方。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
PAGE TOP