建築のこと

本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選

ども、tyazukeです。

これまで僕が読んできた構造力学の本。ぶっちゃけ役に立たなかった本もあれば、すごく良かった本もあります。

もっと言えば、「この本は他人に教えたくないなぁ・・・」という良書まで。隠しておくのもアレなんで、今回は3つ厳選して紹介します。

スポンサーリンク

 

曲げが直感的に理解できた。「すぐにわかる構造力学」

高専生の頃に購入した本。どうしてもたわみ角法が理解できず、「たわみ角法」がわかる、という触れ込みを読んで購入決定しました。

すぐにわかる構造力学

本書の構成は、応力の基本概念から始まり、たわみ角法を理解するまでの構造力学が断片的に収録されています。

 

これまでの構造力学本と違うのは、「分かりにくい部分」のみ収録したこと。個人的には曲げモーメントの向きと変形を直感的に理解することに役立ちました。

 

下記の記事で、本書の詳細なレビューを書いています。あわせて参考にしてください。

【書評】すぐにわかる構造力学、を読んで本当に分かったこと。

 

ウッカリ屋さんの実務者にも◎。「新 うっかり間違える構造力学」

社会人2年目に購入した本。

構造設計の実務をやっていて悩みやすい構造力学の諸問題を収録。例題があって、その横に回答がある演習形式です。

新 うっかり間違える構造力学

例えば2階にブレース、1階はブレース無しといった逆せん断問題や根巻き柱脚の逆せん断問題など。

「なるほど!」と、これまでの疑問が氷解するような、痒いところに手が届く問題のみ扱っている点もニクイ。

 

ちなみに僕は、アマゾンで定価価格で購入したのですが、今ではプレミアが付いたのか7000円という高額商品です。

 

一生手元におきたい構造のバイブル。「建築の構造」

大学院生のときに購入した本。

構造の楽しさを思い出させてくれる、建築構造のバイブルです。特筆すべきは、建築構造の本でありながら数式を一切使わない点。

建築の構造

今でこそ、そういった本をみかけますが当時は革新的でした。「建築構造は、数学とは全く違う分野」と再認識されます。

 

ふとした時、この本を読みたくなります。高級なおつまみを口にして、ワインでも飲みながら「建築の構造」を読むのが至福のとき・・・、というのは冗談ですが。

そんな気分にさせてくれる名著です。

 

下記の記事で、本書の詳細なレビューを書いています。あわせて参考にしてください。

冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。

 

まとめ

今回は本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書を3つ紹介しました。

本当は教えたくなかったですが・・・折角紹介したので是非勉強に活かして頂ければ、と思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  2. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?
  3. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  4. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  5. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。

関連記事

  1. 建築のこと

    建築家の、「全て私がやりました」という風潮

    ども、tyazukeです。建築家は世間に対して説明不足だと思う…

  2. 建築のこと

    【書評】平屋に暮らすー本当の豊かさを育む住まい20軒

    ども、tyazukeです。平屋で暮らすことに、僕は憧れています…

  3. 構造設計に関すること

    アンカーボルトのABMとABR、この違い知っていましたか?

    ども、tyazukeです。鉄骨造の設計って柱脚をしっかりやらな…

  4. 本の紹介

    【書評】もっと知りたい!リフォーム&中古住宅売買の基礎知識、を読んで。

    今日は、こんな本を読んでみました。まず頁をめくり、「はじめに」…

  5. 構造設計に関すること

    概算で行う 壁式構造の計算について

    壁式構造の設計したことありますか?皆さんもあんまり経験がないと思います…

  6. 建築のこと

    未来の建築は動いたっていいじゃない。

    ども、tyazukeです。車の自動運転に向けた研究が目覚しいで…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
PAGE TOP