建築のこと

マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

ども、tyazukeです。

マンションには必ずベランダがあります。で、ベランダに出ると手すりがありますよね。この手すり、一般的には部分的にRC造として、一部鋼製手すりとします。

この手すりに、布団を干したりもたれ掛かったりしませんか?実はこれ、とっても危険な行為なんです。

今回は、手すりに触れるな危険、という話。

スポンサーリンク

 

手すりだって劣化する。

手すりだって劣化します。特に、鋼製手すりあるいはアルミ手すりは、経年劣化でもろくなることも。

RC造の手すりであれば、床と一体化しているので経年劣化で落ちることは無いでしょう。しかし、鋼製てすりは床に埋め込む形で接合しています。

これでは錆びて根元から危うい状態になることも。実際に、鋼製手すりにもたれ掛かって、落下した事例もあるのです。

 

手すりの安全性を検証している、とは限らない

僕が危惧しているのは、必ずしも手すりの安全性を検証している、とは限らないこと。マンションの柱や梁、床、壁などは構造設計者が安全性を確認しています。

しかし、鋼製てすりはあくまで意匠設計者の範疇、あるいはメーカーの領域という認識がありまして安全性を検証しているとは限りません。

 

施工不良や、経年劣化で根元から危うくなった手すりは、本来の強度が発揮できず落ちることも考えられます。実際に、そういった事故はおきています。

 

古いマンションでは、留め具が外れている場合もある。

その証拠に古いマンションでは、鋼製手すりとRC手すりを接合する金具が外れている事例もあります。

僕が住んでいるマンションがそうです。試しに手すりを、手で揺らしてみると思っている以上に動きました。この手すりに手をかけ、体重を乗せる。案外危ないなぁと感じましたね。

それ以来、その手すりには注意しています。

 

手すりにもたれ掛かるのはNG

よって、手すりに全体重を乗せてもたれ掛かるのはNG。古いマンションだと落ない保証はできません。

賃貸マンションのメンテナンスは、基本的にマンションのオーナーが行いますが、案外目が届きにくい箇所。スルーされることもあるでしょう。

 

まとめ

今回は、マンションの手すりについて説明しました。

触れるな危険、です。何度も言いますが、実際に手すりごと人が落ちた事例もあるので、注意してください。

特にお子さんから目を離さないようにしたいですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう
  2. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  3. サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて
  4. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  5. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

関連記事

  1. ブログ運営

    建築屋さんがもっとWEBで情報発信すべき3つの理由

    ども、tyazukeです。建築屋さんってWEBの情報発信が少な…

  2. 建築のこと

    伊東豊雄は、なぜ新しい建築を生み続けることができるのか?

    ども、tyazukeです。伊東豊雄さんのこと。彼の事務所運営術…

  3. 構造設計に関すること

    保有水平耐力時の耐力が上がらないとき 層間変形角1/200の規定

    ども、tyazukeです。RC造で公共物件を設計するとき、2次…

  4. 構造設計に関すること

    【定期報告】ブレース構造からラーメン構造へ変更。【構造設計辞めたい】

    これまで構造設計辞めたい辞めたい言ってきましたが、定期報告しようと思い…

  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について

    ども、tyazukeです。マンションの壁が薄くて悩んでいません…

  6. 一級建築の試験勉強

    大学教授 兼 建築家(構造家)って何で許されてるの?

    ども、tyazukeです。学生のころから不思議に思っていた存在…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
PAGE TOP