構造設計に関すること

皆はどうしてる? 横補鋼材のお話。

保有耐力横補鋼を満足していますか。

確認申請や適合性判定で嫌というほど聞くフレーズです。大手ゼネコンは横補鋼材の特許を持っていて、そもそも横補鋼材を入れなくても良いという製品もあるみたいです。良いですね~。

スポンサーリンク

 

そもそも横補鋼材とは?

そもそも横補鋼材は大梁の横座屈を防ぐための部材。黄色本によれば、横補鋼材の箇所数は、大梁断面二次半径の170倍までのスパンを許容しています。

 

横補鋼材を入れるだけで満足しない!

横補鋼材を入れるだけで満足していけません。

本当に横補鋼材が機能するためには横座屈したとき発生する曲げモーメントが小梁の高力ボルトで伝達できるか確認する必要があります。

つまり、横座屈するとき大梁下端が回転しようとする。この力Fは小梁と大梁との偏心距離e分の曲げモーメントを伝達しましょう。

 

大抵、小梁の接合部は持たない。

この計算方法でいくと大抵小梁の接合部は持ちません。2―M16じゃ持たない。4本打ちにしよう。とか、ボルトピッチを広げよう、火打ち材を入れようとか補強が必要になるのです。

小梁断面が大きければ大きいほど、ボルト本数が多くなるし、偏心距離が短くなるから安全側になってきます。

ただ、小梁断面を決めるときは、あくまでも変形と応力のチェックで算定しているから、横補鋼材としての検討は後手になります。

 

横補鋼材が必要ない場合

一方、横補鋼材が必要ない場合もあります。上記に明記したようにスパンが短い場合や、断面二次半径が大きくて横座屈しない大梁です。

ただ、横座屈による許容曲げ応力度の低減は考慮しましょう。よって、横座屈が必要ないという判定で、fbの低減を受けて部材が持てば、横補鋼材の検討は不要です。

こんな面倒な作業をシステム化したいものです。大梁と小梁の組み合わせだけなので可能なはずですよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス
  2. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  3. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  4. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  5. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    敷地境界近くの直接基礎はDfに注意しよう。

    最近、自宅マンションの近くに住宅が出来ました。ベランダから工事の様子が…

  2. 建築のこと

    屋根に折板を使うときの注意点3つ。

    ども、tyazukeです。鉄骨造の小さな建物だと、屋根に折板を…

  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。

    ども、tyazukeです。僕は大学院で鉄骨造に関する研究室にい…

  4. 構造設計に関すること

    構造設計にミスはつきもの

    仕事にミスは付き物。仕事をすればするほどミスが増えていきます。…

  5. 構造設計に関すること

    構造設計者に必要な3つのセンスとは?

    下手でも構造屋さんをやっていれば、何か感覚のようなものが身に付いてきま…

  6. 構造設計に関すること

    EV棟の設計マニュアル その3

    EV棟は細長くて高い建物です。このような形だと地震時の反力が大きくなり…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  2. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  4. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP