本の紹介

冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。

ども、tyazukeです。

建築学科の1クラスで、将来の進路に構造設計を選ぶ人は、全体の1割に満たないと聞きます。悩む理由は色々あると思いますが、心配なのはお金と、自分がやりたい建築が設計できるか、自分の能力で構造設計できるのか、ということですね。

ちなみにお金のことで悩んでいるなら、下記の記事が参考になります。

業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。

 

こちらの記事もどうぞ。

業界人が教える、本当の一級建築士の年収について

 

今回は、「構造設計やりたいけど、できるか不安だし、どうしよっかな」という理由で悩んでいる方がいるなら、少しでも後押しになる本「建築の構造」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

数学を使わず、構造を説明すること。

マリオ・サルバドリーはコロンビア大学の教授でありながら、土木や建築構造技術者です。彼はアメリカでもいくつか建物設計に携わっていますが、それよりも偉大だったのが数々の名著の執筆でした。

その1つが「建築の構造」です。

 

本書はサルバドリーの授業を纏めたものだそうです。本書の最大の特徴は、「数式を使わずに構造を理解することができる」ように工夫されたことです。

これは、巧みな文章と挿入された図によって達成されました。

構造設計の実務を続けたり、構造系の研究室にいると数学脳になりがちです。しかし、構造設計の本質は物理学であり数学ではありません。

 

また、もう1つ彼の名著に「建物が壊れる理由」という本があります。

ざっくばらんに言えば、これまで崩壊した構造物の原因を説明した本。「建物の崩壊」に着眼した本は、本書以外にないかと。

こちら下記にレビュー記事を書いています。合わせて参考にしてください。

【書評】構造設計とは建物が壊れる理由を知ること。 

 

マリオ・サルバドリーが残した名言。

「構造物の十分な知識はこれらの数学の道具を利用しなくては得られないだろう。数学は物理性状を説明しない。数学は物理的性状を正しく記述するものである。

しかし、数学的記述は非常に有効であるので、言葉では頁を必要とする考えを、基本公式で明確にし、簡単に説明することができる。」

 

つまり、物理的に部材がたわむか縮むのか、理解するのに必ずしも数式は必要ないということです。優れた構造設計者ほど経験により、力の流れが明確に理解できます。

彼らにとっては、数式はほとんど必要ないものでしょう。

 

学生の構造嫌いの多くが『難解な数式が嫌い』でとよく伺います。しかし、それが本質ではないことを知り、構造設計の道を少しでも明るくしてくれるのが本書だと私は思います。

建築の構造

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  2. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  3. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  4. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて
  5. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】本田正信VS石田三成

    ども、tyazukeです。久々に小説を買いました。コレです。 …

  2. 本の紹介

    【諦めた】読了を断念した建築本3つについて

    実は読了を諦めた本がいくつかあります。本を買うとき、借りるとき結構選別…

  3. 本の紹介

    直感で構造設計を理解する方法とは?

    構造設計を長年続けると「直感」が身につく。ぱっと図面や建物を見…

  4. 本の紹介

    【書評】建築に夢をみた、を読んで。

    安藤忠雄さんの著書です。随分前に執筆された本ですが、実はNHKのテレビ…

  5. 本の紹介

    地方に住む僕たち。教育格差から抜け出すには?

    僕は人口100人程度の集落で生まれました。近くにコンビニ・スーパなど便…

  6. 本の紹介

    本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 

    ども、tyazukeです。鉄骨造の授業は大学3年生ごろから始ま…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  4. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP