本の紹介

冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。

ども、tyazukeです。

建築学科の1クラスで、将来の進路に構造設計を選ぶ人は、全体の1割に満たないと聞きます。悩む理由は色々あると思いますが、心配なのはお金と、自分がやりたい建築が設計できるか、自分の能力で構造設計できるのか、ということですね。

ちなみにお金のことで悩んでいるなら、下記の記事が参考になります。

業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。

 

こちらの記事もどうぞ。

業界人が教える、本当の一級建築士の年収について

 

今回は、「構造設計やりたいけど、できるか不安だし、どうしよっかな」という理由で悩んでいる方がいるなら、少しでも後押しになる本「建築の構造」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

数学を使わず、構造を説明すること。

マリオ・サルバドリーはコロンビア大学の教授でありながら、土木や建築構造技術者です。彼はアメリカでもいくつか建物設計に携わっていますが、それよりも偉大だったのが数々の名著の執筆でした。

その1つが「建築の構造」です。

 

本書はサルバドリーの授業を纏めたものだそうです。本書の最大の特徴は、「数式を使わずに構造を理解することができる」ように工夫されたことです。

これは、巧みな文章と挿入された図によって達成されました。

構造設計の実務を続けたり、構造系の研究室にいると数学脳になりがちです。しかし、構造設計の本質は物理学であり数学ではありません。

 

また、もう1つ彼の名著に「建物が壊れる理由」という本があります。

ざっくばらんに言えば、これまで崩壊した構造物の原因を説明した本。「建物の崩壊」に着眼した本は、本書以外にないかと。

こちら下記にレビュー記事を書いています。合わせて参考にしてください。

【書評】構造設計とは建物が壊れる理由を知ること。 

 

マリオ・サルバドリーが残した名言。

「構造物の十分な知識はこれらの数学の道具を利用しなくては得られないだろう。数学は物理性状を説明しない。数学は物理的性状を正しく記述するものである。

しかし、数学的記述は非常に有効であるので、言葉では頁を必要とする考えを、基本公式で明確にし、簡単に説明することができる。」

 

つまり、物理的に部材がたわむか縮むのか、理解するのに必ずしも数式は必要ないということです。優れた構造設計者ほど経験により、力の流れが明確に理解できます。

彼らにとっては、数式はほとんど必要ないものでしょう。

 

学生の構造嫌いの多くが『難解な数式が嫌い』でとよく伺います。しかし、それが本質ではないことを知り、構造設計の道を少しでも明るくしてくれるのが本書だと私は思います。

建築の構造

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  2. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  3. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  4. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  5. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】作家の支出、を読んで

    小説家らしからぬ本を小説家が書いた。TVドラマでも有名な「全てがFにな…

  2. 本の紹介

    【書評】読んで旅する世界の名建築、を読んで。

    今日読んだ本はコレ。「読んで旅する世界の名建築」です(一番下の画像は同…

  3. 本の紹介

    【書評】アメリカを見れば世界がわかるを読んで。

    高校、大学院、社会人になってからというもの、ずっと理系畑を歩んできた僕…

  4. 本の紹介

    【書評】もっと知りたい!リフォーム&中古住宅売買の基礎知識、を読んで。

    今日は、こんな本を読んでみました。まず頁をめくり、「はじめに」…

  5. 本の紹介

    【書評】マンション修繕・管理の実際、を読んで

    久々にお堅い本を読んでみる気になった。マンション修繕・管理の実際、とい…

  6. 本の紹介

    【書評】あした死ぬかもよ。

    設計事務所で働いている人の中には、設計という仕事に対する疑問や、年をと…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  2. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  4. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  5. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
PAGE TOP