一級建築の試験勉強

一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数

tyazukeです。一級建築士の難易度をご存じでしょうか。これから試験を受けるのに、難易度も知らないようでは合格できません。合格率100%の試験と、30%の試験ではモチベーションの上げ方、勉強時間も違ってくるわけです。

今回は一級建築士の難易度、今と現在の違い、大学別による合格者数の違いを説明します。

 

一級建築士の難易度とは?

一級建築士試験は国家資格なので、難易度は少々高めです。1次試験と2次試験があることが理由で、1次試験で大体の人が落ちます。それぞれ、合格率は下記です。

  • 1次試験 15~20%前後(近年は18%)
  • 2次試験 50%以下

一級建築士に合格するためには、まずは1次試験です。試験範囲は幅広く4択形式ですが、ほとんどが「不適当なものを探す」問題のため、回答に悩む設問構成です。試験会場にいる8割が落される事実からも、難易度の高さが伺えます。

2次試験は半分以上が合格できるのですが、1次試験を合格した猛者が半分以上も落ちている、と考えてください。けっして簡単な試験ではありません。

 

一級建築士の難易度と、今と昔の違い

「一級建築士」とGoogle検索すると、ヤフー知恵袋にこんな質問がありました。

Q 1級建築士って、たくさんいますが、実際、大学の建築科を出れば普通に取れるものですか?難易度は?

A 簡単に取れますよ。昔の一級建築士は価値が有りましたが今は沢山居ます。よほど才能が無ければ仕事はありません。

一級建築士の資格に価値が無いのは確かです。詳しくは下記の記事が参考になります。

マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件

一方で、一級建築士合格のハードルはとても上がりました。姉歯事件以降、以前で合格率が激変したのです。姉歯事件以前、以降で合格点を比較しました。

  • 姉歯事件以前 合格点=60~67/100(正答率60~67%)
  • 姉歯事件以降 合格点=90/125(正答率72%)

昔は100点満点中、60~67点とれば合格水準です。正直楽勝です。現在は125点満点中、90点以上取る必要があります。これは最低でも72%の正答率が求められています。

一級建築士の試験は、1~2点が合否を分けます。正答率のハードルが上がったのは、受験生にとっては苦しい事実ですね。昔は簡単な試験だった、と言えるでしょう。

「昔の試験は簡単だった」という意見に、「合格率は変わっていないから難易度は同じ」という反論もあるでしょう。確かに学科の合格率は下図のように推移しています。

合格率は、平均18%程度です。

2度ほど有り得ない合格率があります。この理由は後述します。

高い正答率を求められている一方で、合格率が今と昔で同じです。今の試験は、受験者のレベルが相当底上げされている、ということです。

逆に言えば、昔の受験者は皆点数が低かった、ということですね?ちょっとだけ勉強して6割りの正答率で上位18%に入るのですから。

簡単なもんです。

 

一級建築士試験の仕組みは正しいのか?

学科試験の合格水準点は90点以上と言われています。合格点は受験者の得点に対して相対的に上下します。例えば問題が簡単で皆の点数が高い場合、上位18%を合格させるためには合格点は上がります。

この仕組み自体必要か?と思うことがあります。合格点が90点なら、それ以上の点数を取ったものが合格でいいのでは、と思います。国としては、現在の仕組みにする理由として、下記が挙げられます。

  • 一級建築士が増えすぎる
  • 資格の価値を下げない

国は、増えすぎた一級建築士を減らしたいと思っているでしょう。前述した合格率の水位を思い出してください。なぜ2年連続で合格率が25%まで上がったのか。「一級建築士を増やしたい」という意思が働いていないでしょうか?

国の施策で合格率が変動する。それってどうなんでしょう?

一時期合格率を25%にして、一級建築士のレベルを落としたのは運営側。突然、試験問題数を増やしたり、合格点を引き上げたり、足切り制度をつくったのは、僕たちは何の関係もないです。

こんな落ち着きのない国家資格他にはありませんよ。で、また団塊の世代が一気に抜けて一級建築士の人材が不足したら合格率を上げるんですか?振り回されてばかりで嫌になります。

 

一級建築士の難易度と、大学別の合格者数

一級建築士の合格者数は、大学別で公表されています。下図をみてください。過去5年間の合格者数を大学別にまとめました(少し見づらいので、大きくしてください)。

一級建築士の合格者数

簡単に言うと、日本大学がダントツ1位、次点で東京理科大学、芝浦工業大学、早稲田大学が続きます。

トップ4の大学は、いずれも私立大学です。要するに「大学の規模が大きいから、受験者数が多い」のです。

 

まとめ

  • 今の一級建築士試験は合格するのが難しい
  • 昔の一級建築士試験は簡単

今回は、一級建築士試験の難易度について説明しました。1次試験の合格率は約2割です。けっして気を緩めないでください。一級建築士は難関資格だ、という意識を持てば、沢山勉強が必要だと分かります。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける
  2. 鉄骨階段の、ササラの検討方法
  3. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  4. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう
  5. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話

    ども、tyazukeです。平成29年度試験を初めて受けました。…

  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の勉強法。独学か予備校か?

    ども、tyazukeです。今回は一級建築士試験勉強は独学?予備…

  3. 一級建築の試験勉強

    不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法

    ども、tyazukeです。構造力学には、架構の不静定次数を計算…

  4. 一級建築の試験勉強

    大学教授 兼 建築家(構造家)って何で許されてるの?

    ども、tyazukeです。学生のころから不思議に思っていた存在…

  5. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件

    ども、tyazukeです。構造一級建築士って必要か?、と常々疑…

  6. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?

    ども、tyazukeです。一級建築士と二級建築士の違いって何で…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP