一級建築の試験勉強

【まとめ】一級建築士試験の学科対策と合格するためにやったこと、やらなかったこと

こんにちは。tyazukeです。9月4日、平成30年度の一級建築士学科試験の合格発表が行われました。私ですが、無事合格です。まぁ、マークミスが無い限り合格だとは思っていましたが、詳細は下記をご覧ください。

平成30年度の一級建築士試験学科の結果と感想、勉強法

二次はまだですが、学科に合格したので、合格するためにやったこと、やらなかったことをまとめました。僕は一級建築士に対するモチベーションが低い方なので、そんな人でも合格できるんだと思って頂ければ幸いです。僕以外でもいろんな人の勉強法を学んで、自分に合った方法を見つけるといいですね。下記の本が参考になります。

一級建築士受験 合格者たちの勉強法

 

一級建築士試験の学科対策でやったこと4つ

僕が今回の試験対策としてやったことを下記に整理しました。

  • 必要な期間を3ヶ月以上確保する(総学習時間=700時間以上)
  • 追い込みの連休を3日以上確保
  • 過去20年以上の問題集を用意する
  • 過去20年分の問題集を3周以上やる

それぞれ説明します。

 

必要な期間を3ヶ月以上確保する(総学習時間=700~1000時間以上)

まず、前提として必要な試験勉強期間は3ヶ月です。ただ3ヶ月間、1日3時間程度の勉強では合格できません。一般的に、合格水準に達する学習時間は700~1000時間必要ですが、僕もこのくらい勉強しました。詳しくは下記の記事が参考になります。

一級建築士の勉強が加速する、短期間で効率的に終わらせる勉強法

 

かといって、長期間だらだらと1000時間達成しても意味がありません。範囲が膨大なので、時間をかけても忘れてしまうわけです。

一級建築士試験のポイントは、短期的に知識を詰め込むこと

学習時間は、長すぎても、短すぎても合格できません。だから、どうしても寝不足になりながら勉強することになるわけです。

 

過去20年以上の問題集を用意する

問題集は過去20年以上分用意します。僕は合格物語という教材を使いました。一番安いコース(PDFデータ&音声教材)を購入しましたね。

印刷教材やネットで勉強できる教材もあるのですが、ぶっちゃけ不要です(紙は重いしかさばる)。PCにPDFファイルを出して、そのまま問題解けばいいので。

あとはすき間時間に音声教材ですかね。これが便利でした。

 

追い込みの連休を3日確保

学科試験は、範囲が膨大。最初に勉強したことが、どうしても忘れてしまう。だから復習が大事です。

試験前の最低3日間は、フルで勉強可能な時間をつくりましょう。この期間は、苦手科目の最終チェックをやりました。問題集を1から解く、なんてことはやっていません。基本的に忘れやすい暗記系科目を中心に勉強すること。

 

過去20年分の問題集を3周以上やる

キモはここです。色んな人が同じことを言ってますけどね。ポイントは、過去20年分を3周やること。

10年分じゃ全然足りません。20年分やれば合格できます。

合格物語という教材のウリなんですけどね。その教材を使って合格できたので、その通りだなぁと。

一級建築士受験 合格者たちの勉強法

 

やらなかった(やらなくて良いと思うこと)こと

逆にやらなくて良かったことを下記に整理しました。

  • 最新の法令集を買うこと
  • 法令集に慎重にマーキングすること
  • 法令集の高さ算定の問題
  • 構造は問題集1周しかしなかった(3周やらなかった)

まず、最新の法令集は不要でした。平成29年版を使ったので、ものすごく古いわけでもないですが。大きく法律が変わっていなければ、1~2年は許容範囲かと。

あと法令集に慎重なマーキングは不要ですね。機械的にマーキングしてください。慎重にマーキングしても、結局忘れるだけなので。僕は去年の試験で、マーキングを1日で終わらせましたね。だから今年はマーキングは一切してません。

あと、時間がかかる法規の高さ問題は一切勉強していません。勉強に時間が掛かる上、点数はたったの1点。コスパ悪いです。延床面積や建築面積を算定する問題は時間かからないので、勉強しても良いと思います。過去問を集中的に解けば、1日で十分理解可能。私は前日に初めてやりました。で、当日1点とれました。

あと、個人的なことですが構造は1周しかしていません。それでも28点とれました。まぁ、構造が生業なので。例えば設備設計を仕事にしている方で自身があるなら、設備は3周しなくてもよいかも。

 

まとめ

以上、今回の学科試験で私がやったこと、やらなかったことを整理しました。結果は98点。十分合格ですね。

もう一度、合格するためにやったことをおさらいしますよ。

  • 必要な期間を3ヶ月以上確保する(総学習時間=700時間以上)
  • 追い込みの連休を3日以上確保
  • 過去20年以上の問題集を用意する
  • 過去20年分の問題集を3周以上やる

 

やらなかったことは下記です。

  • 最新の法令集を買うこと
  • 法令集に慎重にマーキングすること
  • 法令集の高さ算定の問題
  • 構造は問題集1周しかしなかった(3周やらなかった)

あと精神論になるんだけど、3ヶ月間のモチベーション維持も大切。

以上!

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について
  2. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  3. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法
  4. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。
  5. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学で法規勉強したけどインデックスは必要ない件

    ども、tyazukeです。一級建築士で一番重要な科目といえば法…

  2. 一級建築の試験勉強

    日建学院の「合格への道」で、お得情報はチェックしたか?

    ども、tyazukeです。このブログで散々、予備校はダ…

  3. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】

    学問に王道なしと言います。つまり色んな方法がある、ということ。…

  4. 一級建築の試験勉強

    主要構造部と構造耐力上主要な部分は何が違うの?

    現在、絶賛一級建築士の勉強中です。何を隠そう僕は一級建築士を無取得組で…

  5. 一級建築の試験勉強

    日建学院の、講義の特徴3つを説明する。

    ども、tyazukeです。「なかなか一級建築士に合格しない」「…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  2. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  5. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
PAGE TOP