一級・二級建築士の勉強法

最終更新日: 2019.10.13

一級建築士の勉強が加速する、短期間で効率的に終わらせる勉強法

ども、tyazukeです。

  • そろそろ一級建築士を取りたい
  • 効率のいい勉強法を知りたい

と思っていませんか。

あなたの問題は、一級建築士試験の勉強をする「やる気」はあるけれど、相対的に「時間」が減る、ということです。

平日は仕事だし、休日は家族サービスで大忙し。勉強する暇がありません。

今回は、一級建築士の勉強を短期間で終わらす勉強法を紹介します(僕はこの方法で、平成29年度試験、1ヶ月半の勉強機関で87点/125とりました。足切で1点足らず不合格でしたが)

下記をご覧ください。

あ、ちなみに独学する前の悲惨な学習状況はこちら⇒ 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話

スポンサーリンク

テキストは使わない。ひたすら問題集を解く

まず大前提としてテキストを使わないこと。テキストを使ってじっくり、という勉強法もありますが、それでは時間が掛かりすぎます。

目的は、「短時間で効率的に試験勉強すること」ですから、勉強開始1日目から問題集を開きましょう。

「でも、知識が無いから問題集なんて解けないんじゃ・・・」は、いらぬ心配です。

次に説明します。

問題の回答に30秒以上かかるなら答えを見る

問題集を解くとき、アレコレと考えて必要以上に時間を浪費する方がいます。一級建築士の試験に求められるのは、結果です。

極端に言えば、中身を全く理解していなくても正解すれば良いわけです(※中身を理解しないと正解できないパターンもある)。

 

僕は1問30秒かかるような問題はすぐに答えを見ました。むしろ、初見の問題はいきなり答えを見ましたね。

こうすれば、1日に解ける問題数が劇的にアップします。一級建築士の試験は、インプットよりもアウトプットする方が何倍も効果的です。ですから、問題を解く回数、解く問題数を、短い期間でいかに増やすかが命題とも言えます。

よって、初見の問題、分からない問題⇒即、答えを見る。これは鉄則です。ちなみに僕は、下記の問題集を使いました。定番の問題集ですが解説も分かりやすいので重宝しています。

隙間時間に活用できるスマホ問題集を使う

平日は仕事、休日は家族サービスをしていると、まとまった勉強時間の確保が難しくなります。そんなときは、隙間時間を活用しましょう。

幸いにも、学科の試験勉強はまとまった時間が確保できなくとも、試験勉強は可能です。先に述べた通り、1問解く時間は数十秒とかからないためです。

 

そんな隙間時間の試験勉強を加速させるためには、スマホアプリが有効です。下記の記事で、一級建築士のスマホアプリをまとめているので、参考にしてください。

生活をしながら暗記する「暗記カード壁貼り付け術」

短期間で効率的に勉強をするには、「生活の中に勉強がある」という状況が最適です。勉強をしよう、と思い勉強を始めるのではなく・・・。

ご飯を食べる、トイレへ行く、寝る、という日常生活そのものが、試験勉強と同化すると、見かけの勉強時間が劇的にアップします。

 

ここでは僕が実践した「暗記カード壁貼り付け術」を説明します。と言っても、大したことではありません。

まず、「コレ覚えにくいんだよなぁ」という用語・用語の説明を書いた暗記カードを気が済むまでつくります。もちろん現状思いつかなくても、後で増やせばOKです。

 

また暗記カードと言っても、単語帳のような小さなカードだと少し不便。ポストイットより一回り大きいメモ帳が良いでしょう。

さて、上記まで終わったら、その暗記カードを家の至る所の壁に貼り付けます。例えばトイレ、寝室、ダイニング、リビング。もう、ありとあらゆる場所です。

 

こうしておけば、例えばトイレで用を足すとき、嫌でも暗記カードに目が留まります。ついつい、リビングのソファでくつろぎながらも、暗記カードが目に入ります。

こうすれば、生活自体が勉強と一体になるため、時間を最大限活用できます。

構造、法規を一番に優先する

ベタな情報ですが、構造と法規を一番に優先して勉強してください。なぜなら、最も時間が掛かる上に、最も配点が高い科目がこの2つだからです。

2科目合わせて60点。ここで点が取れないと必ず不合格になります。

 

短期間で勉強をするためには、優先順位の付け方も重要になってきます。合格するためには何が重要か。配点が低い計画に、時間をかけることは不合理。

法規は、法令集を使わずに問題集を解くこと。

法規は、法令集を使わずに問題集を解くことをお勧めします。これも前出したように、分からない問題、初見の問題は、即答えを見て構いません。

「そんなんで本当に大丈夫かよ」と思うでしょうが、大丈夫。僕は実際にこの方法で、21点とりました。

もちろん当日までには、法令集は用意しますが、ほとんど使わずに解きました。詳しい勉強方法は下記の記事に書いています。

ちなみに法令集は最新版を買いました。もし、4,5年前の法令集での受験を考えている方は、買い替えてください。29年度の法令集で耐火の規定が大幅改定されています。29年度はそれらを問う問題はでませんでしたが、今年はどうかわかりません。

既に平成29年度版の法令集をお持ちの方はOK。それ以前の法令集なら、平成29年度以降の法令集を購入しましょう。

仕事の時間も使えるなら、ワードノートを使うべし

最後に裏ワザ的な情報です・・・。あなたが平日勉強できないのは仕事があるからです。もし、仕事中に勉強できるならやっちゃいましょう。

ここで紹介する方法はデスクワーカーに限られます。まず、試験勉強用のノートを用意します。このノートには暗記すべき用語と、用語の説明が書いてあるもの。あるいは、問題集形式でもOKです。

 

「いや、ノートを用意しても仕事中だから・・・」最もな意見ですが、仮にあなたが業務中ワードを自由にみていられる環境なら実行可能。

そう、先ほどの勉強ノートは、あらかじめワードで作成しておきます。仕事中、ワードを眺めていても、ほとんどの人は「仕事か」と思ってくれます。多分。

できる、と自身がある方のみ実行しましょう。この勉強法を行えば、言うまでもなく仕事中も勉強に充てることができます。

まとめ

  • 問題の回答に30秒以上かかるなら答えを見る
  • 隙間時間に活用できるスマホ問題集を使う
  • 生活をしながら暗記する「暗記カード壁貼り付け術」
  • 構造、法規を一番に優先する
  • 法規は、法令集を使わずに問題集を解くこと。
  • 仕事の時間も使えるなら、ワードノートを使うべし

以上、参考にしてください!僕が受験した結果も気になる方は読んでくださいね。

一級建築士に中々合格しないな~という方は、目線を変えて下記の本を読んでも良いかもね!

ちなみに僕は昔、総合資格に通っていました。感想はこちら⇒ 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  2. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  3. 設計事務所が生き残るセルフブランディングの重要性と、プロ級HPをつくる方法
  4. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  5. 【徹底比較】一級建築士の定期講習費用が安い機関「9選」

関連記事

  1. 建築業界の分析

    マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

    ども、tyazukeです。マンションには必ずベランダがあります…

  2. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級勉強】工事監理者と監理技術者って違うの?

    一級建築士の試験絶賛勉強中のtyazukeです。今年初めて一級…

  3. 建築業界の分析

    【え・・・】阪大の倉本教授が逮捕!

    毎日ブログを書く習慣があるので、毎日情報収集は欠かせませんが、とんでも…

  4. 建築業界の分析

    超高層はどこまで高くなるのか?

    突然ですが、ここはどこでしょう?そ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築屋さんの転職

    建築士に必要な能力は?コミュニケーション能力じゃない、あの能力だと思う
  2. 建築業界の分析

    設計事務所での服装は?設計事務所で働いて分かったこと
  3. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士の勉強が加速する、短期間で効率的に終わらせる勉強法
  4. 建築業界の分析

    これで悩まない!設計GLとKBMの関係について
  5. 一級・二級建築士の勉強法

    TACの一級建築士講座の評判は?大手予備校の半額な件、実際にTACを受講した感想…
PAGE TOP