構造設計に関すること

【RC規準のイロハ】壁部材の柱と梁の最少断面

柱や梁を小さくしようと思ったとき、『どこまで小さくできるか?』考えたことはありませんか?例えば、耐力壁付きの梁のように地震力は耐力壁が負担するので、いくらでも梁を小さくできそうです。

しかし、いくら応力が小さくても無限に小さくしていいわけではありません。これにも規準があります。RC規準2010年版p.318-319に明記してある『推奨規定』です。

スポンサーリンク

 

柱と梁の最少断面の計算式

とても簡単な計算式で決めることができます。それが、

√st/3又は2t以上
s 壁板(h×L)の短辺の長さ
t 壁厚

という式です。

sは壁板の縦と横の長さを比較して短い方の長さです。例えば、下記の条件で試しに計算してみましょう。

s=4000mm
t=200
梁の最少せいD=√4000x200/3=516mm又は2×200=400
以上より、最少せいD=516又は400mm

となります。516という半端な数字は設計では使いませんから、最低でも550は梁せいが必要ですね。ちなみに、この計算式は実験結果により決められた式です。

 

あくまで推奨規定です。

必ずしも『こうしなさい』という規定ではありません。断面を決めるときの目安とか推奨の意味です。RC規準にも下記のように書かれています。

以上の条件は全ての耐震壁、全ての破壊モードに対して推奨されてきたが、以下のような例も含めて、柱梁の断面、特に最少径は必ずしも必要でない、あるいは明らかなに過大である場合も多いと考えられる。

 

全てが勝手に決められない。

『全てが勝手に決められない』です。どんなに細かいことだって規定やら規準があります。簡単な応力計算でもてばOK、でなくて関係する規準を調べて決めるようにしましょう。必ず根拠になる文献が出てきます。

 

僕も上司から教えてもらったんだけどね。

偉そうなこと言いましたが僕も上司から教えてもらいました。RC規準を一通り読んだと思っていても、まだまだ知らないことも多いですね。

僕は忘れっぽいので備忘録として残しました。皆様の何かの役に立てば!

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  2. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話
  3. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  4. 社員旅行に参加しないための、もっともらしい理由
  5. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    腰壁の剛域はどうしていますか?

    普通、剛域の設定は一貫計算プログラムで自動設定していますよね。でも、時…

  2. 構造設計に関すること

    露出柱脚のキレイな納め方のコツ。

    ども、tyazukeです。ご存知の通り柱脚には3種類あります。…

  3. 構造設計に関すること

    震度と計測震度ってどう違うの?

    今日は一般の方や意匠設計者向けの記事ですが、構造にお詳しい方も『へ~』…

  4. 構造設計に関すること

    管理人がCADを使うとき役に立った機能など

    僕は学生の頃、明確に構造設計の道に進もうと思ったわけではありません。た…

  5. 建築のこと

    鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法

    ども、tyazukeです。鉄骨造の納まりで注意することは、大梁…

  6. 構造設計に関すること

    杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?

    ども、tyazukeです。皆さん杭頭補強筋の定着長さをどうやっ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  2. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  5. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
PAGE TOP