構造設計に関すること

角鋼管柱に小梁を取り付ける時の、支点間距離の考え方

鉄骨小梁を計算するとき、スパンは皆さんどう設定していますか?

小梁は普通、大梁に対して設けます。ですから、通り芯で計算する人、大梁芯で計算する人など、様々です。

以前外注さんには高力ボルト芯で計算されている方もいました・・・。でも、そこを支点と考えると、その反力を大梁まで伝えるためにガセットPLで曲げとせん断伝えないと。もちろん、その補正計算はしてありましたが。

 

さて、小梁は大梁に接合する以外に、柱へ取りつく場合があります。例えば角パイプにガセットプレートを溶接し、H鋼梁を取り付ける場合、どこが支点になるのでしょうか?

先輩の計算書を見させてもらうと、柱芯間距離で小梁の検討がしてありました。でも、考えてみてください。確かに柱芯間距離は安全側の判断ですが、ガセットプレートの溶接位置は角パイプの外面です。

つまり、柱面距離でも良いのではないかなぁと思います。あとは、小梁に発生するせん断力を隅肉溶接で伝達できれば、柱へ流れるわけですから。

計算がキワドクなると、この差は大きいです。曲げ応力はスパンの二乗、変形はスパンの四乗で効いてくるので。

仮に柱芯距離と柱面距離が0.95の比率しか違わない(5%程度)としても、二乗すれば1割違います。四乗すれば2割です。

部材を不必要に大きくしたくないとき、支点間距離から見直してみる、というのも1つの手かなぁと思いました。

ただ、人間はそこまで勇敢になれなくて。結局、ギリギリの部材は計算を精密に行うよりも、サイズアップしたくなるんですけどね。

その気持ちを振り払って、より精密解を目指し、真の部材サイズに迫る人が構造家になれるのかなぁと思いました。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 鉄骨階段の、ササラの検討方法
  2. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法
  3. クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について
  4. 業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。
  5. 二級建築士の受験資格について

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    増築工事は既存建物の庇に気をつけましょう

    それは僕が3年目の頃でした。当時、EV棟の増築設計を沢山担当しておりま…

  2. 建築のこと

    CLT建築ってどーなのよ。あれこれ口を出します。

    最近にわかに名前を聞くようになった「CLT」。ツイッターのタイムライン…

  3. 構造設計に関すること

    構造設計って、どんな仕事だろう?『本質』を探る。

    構造設計という仕事をしていますと、街歩きをしていて『あー、コレ無理して…

  4. 構造設計に関すること

    構造計算はいかに単純ミスを減らすか。

    構造計算は単純ミスをいかに減らすかが大切です。実は僕も単純ミス…

  5. 建設業界のこと

    優秀な構造家が育つ、組織の在り方とは?

    ども、仕事は大してしないのに組織論が好きなtyazukeです。…

  6. 構造設計に関すること

    露出柱脚のキレイな納め方のコツ。

    ども、tyazukeです。ご存知の通り柱脚には3種類あります。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  2. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
PAGE TOP