構造設計に関すること

構造設計の仕事は『質を重視』と『量をこなす』どちらが大事か?

ブラック事務所に入所して早6年。1年目から、もう辞めると言い続けてまだ辞めていません。我ながら、頑張っていると思います。

いや、そんな話は置いといて、6年目になって仕事は、『質の良い仕事をする』それとも『量をこなす』のどっちが大事なんだよ、ということが気になりました。僕の考えは、仕事の『量をこなす』ことが、いかに無駄か。これを説明します。

スポンサーリンク

 

『量の仕事』と『質の仕事』について

ここで言う、『質の仕事』っていうのは日○設計さんがやるような大規模で新建築にのるような建築。『量の仕事』とは耐震診断とか、ちっちゃな物件、団地系のマンションとか。

ブラック事務所の多くは量の仕事しかできません。設計料も安く数をこなさないと纏まったお金にならない仕事です。とにかく早く終わらせることが目標なので、社員は死んだ目をしながら設計します。死んだ目をして設計した建物は当然良いデザインにはなりません。

一方、日○設計や大手設計事務所がやるような質の仕事は、各メディアに紹介されます。例えば新建築のように、おしゃれ建築雑誌にとりあげられると、『あの事務所に頼んでみようかな・・・』と思う施主さんが現れます。質の仕事は面白くて魅力ある仕事なので、社員のやる気も引き出してくれます。

日本がバブル絶頂のころ(1960代頃か?)は、うちのブラック事務所でも良い仕事が溢れていました。弊社の老害営業マンに話を聞くと昔は提出すればプロポはとれた、なんて言っています。それだけ、物件が余っていたからですね。

しかし、僕らの時代は全く状況が違います。バブルに建物は膨大に増え続け、今は停滞期です。1つの仕事に一体何人集まるんですか?ブラック事務所にはケチな仕事しか残っていません。

 

結局、『良い仕事』をするには『質の良い仕事』に出会うしかない。

僕はこれまで、仕事の量をこなす指導を受けてきました。ケチな耐震診断やちっぽけな小物件を1ヶ月2物件ペースで計算・図面の両方をこなした時期もあります。

で、得られたこと⇒『壊れやすくなった身体』

マジでこうなんです。仕事の量をこなしている時期、僕は何も考えずに設計をしています。もちろん、『安全である』という最低限のことは守っています。が、言われるがままに設計しているので、自分の実になっていません。

構造設計で重要なのは、構造計画ですよね?最も意匠、構造、設備とのコラボレーションできる瞬間です。量をこなす仕事は、この構造計画がごっそり抜け落ちています。弊社の事務所では、構造計画する時間は1日。後は実施設計スタート。

 

結局、仕事は質が大事だよ。

仕事の量をこなしているばかりでは、社員は成長しません。それは、僕が身をもって実感しました。それよりも、質の良い仕事が社員を成長させるのだと思います。楽しい仕事は社員のやる気が充ちますし、出来上がった仕事を誇りに思えます。

貴方は仕事量をこなして満足していませんか?あなたがしがみついているブラック事務所は社員の成長なんて考えていませんよ。彼らは『成長は自己責任』というスタンスです。

そんなブラック事務所はさっさと辞めちゃいましょう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。
  2. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について
  3. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  4. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話
  5. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ

関連記事

  1. 労働のこと

    50㎡の建物が確認申請を出すまで1年かかって病んだ件。

    仕事は早く終わるほど精神衛生上良いものです。僕が入所しているブラック事…

  2. 構造設計に関すること

    概算で行う 壁式構造の計算について

    壁式構造の設計したことありますか?皆さんもあんまり経験がないと思います…

  3. 建設業界のこと

    構造を知らない役人への説明資料作成という不毛な作業

    確認申請を提出するとき、ほとんどがビューロベリタスやERIなどの民間業…

  4. 構造設計に関すること

    構造設計者なら知っておきたい、重力とは何か?

    ほとんどの物には必ず重量があります。重量は、物質の質量×重力加速度9.…

  5. 建設業界のこと

    例えばマンションの一室で地震が起きたら、まず何をする?

    地震が起きたら、何をするのか? 知らない人も多いのではないでしょうか。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  2. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  3. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP