構造設計に関すること

増打ちによる水勾配があるスラブの、固定荷重の考え方について

例えば屋根、1階の床は集水する目的で水勾配をつけます。構造設計の実務をしてらっしゃる方は、当たり前に知っている事実かと思いますが。

このとき、大抵は増し打ちで勾配を付けることが多く、その分余計に荷重をみます。水勾配をつけるため、当然、増し打ちの厚い・薄いがありますね。

例えば、先端で増し打ちが薄くなって、スパンの中央で厚くなる場合を考えます。増し打ちの最大厚みを100mmとしましょう。

このとき、仮定荷重の拾いはどう設定すべきでしょうか。

安全側に100mmの増し打ち全て考慮しますか?それとも、(100+0)/2=50mmとして、平均厚を算出?

 

僕の場合、地震用荷重としては平均厚として固定荷重に含んでいます。しかし、小梁用、大梁用に関しては、増し打ちの勾配を眺めて、平均厚より大きくなりそうだったら、実状に合わせた固定荷重で補正しています。

二方向勾配で、中央の梁は増し打ち量が最も大きくなります。この梁が受ける荷重は少なくとも、平均厚以上となるはずです。面倒なら最大の増し打ち厚で計算すれば良いでしょう。

うっかり忘れると思っている以上に厳しくなることも。RC梁なら鉄筋を追加して済みそうなミスですが、鉄骨梁の場合、変形が意外と厳しくなるので注意が必要です。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  2. 【書評】本田正信VS石田三成
  3. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話
  4. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件
  5. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて

関連記事

  1. 建築のこと

    クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について

    ども、tyazukeです。クレーンが走行する場合、それを受ける…

  2. 構造設計に関すること

    構造計算はいかに単純ミスを減らすか。

    構造計算は単純ミスをいかに減らすかが大切です。実は僕も単純ミス…

  3. 構造設計に関すること

    人は何キロの衝撃で死に至るのか?地震と圧死の関係について

    地震で、頭上に物が落下すれば生命の危機です。地震による死亡被害で、溺死…

  4. 構造設計に関すること

    一貫計算プログラムの違いで部材がNGになる?

    一貫計算プログラムの計算式に違いがあるって面白いですよね。ソフトの違い…

  5. 労働のこと

    10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた

    ども、tyazukeです。設計職はクリエイティブな仕事だと、僕…

  6. 構造設計に関すること

    角鋼管柱に小梁を取り付ける時の、支点間距離の考え方

    鉄骨小梁を計算するとき、スパンは皆さんどう設定していますか?小…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  2. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  4. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  5. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
PAGE TOP