構造設計に関すること

増打ちによる水勾配があるスラブの、固定荷重の考え方について

例えば屋根、1階の床は集水する目的で水勾配をつけます。構造設計の実務をしてらっしゃる方は、当たり前に知っている事実かと思いますが。

このとき、大抵は増し打ちで勾配を付けることが多く、その分余計に荷重をみます。水勾配をつけるため、当然、増し打ちの厚い・薄いがありますね。

例えば、先端で増し打ちが薄くなって、スパンの中央で厚くなる場合を考えます。増し打ちの最大厚みを100mmとしましょう。

このとき、仮定荷重の拾いはどう設定すべきでしょうか。

安全側に100mmの増し打ち全て考慮しますか?それとも、(100+0)/2=50mmとして、平均厚を算出?

 

僕の場合、地震用荷重としては平均厚として固定荷重に含んでいます。しかし、小梁用、大梁用に関しては、増し打ちの勾配を眺めて、平均厚より大きくなりそうだったら、実状に合わせた固定荷重で補正しています。

二方向勾配で、中央の梁は増し打ち量が最も大きくなります。この梁が受ける荷重は少なくとも、平均厚以上となるはずです。面倒なら最大の増し打ち厚で計算すれば良いでしょう。

うっかり忘れると思っている以上に厳しくなることも。RC梁なら鉄筋を追加して済みそうなミスですが、鉄骨梁の場合、変形が意外と厳しくなるので注意が必要です。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。
  2. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  3. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  4. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  5. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?

関連記事

  1. 建築のこと

    鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法

    ども、tyazukeです。鉄骨造の納まりで注意することは、大梁…

  2. 構造設計に関すること

    鋼の降伏とは何を意味するのか?

    現代の構造設計は、終局強度を考慮した設計が当たり前になってきました。部…

  3. 構造設計に関すること

    天秤になる部材は気を付けよう。

    最近読んだ本の紹介ばかりしていますが・・・。もちろん毎日構造設計もして…

  4. 構造設計に関すること

    吹き抜け部の移行せん断力による、剛床の確認について

    均等にフレームが組まれたラーメン構造の場合、吹き抜け部があっても特に問…

  5. 構造設計に関すること

    小梁はX、Y方向の、どちらに架けるほうが有利か?

    ども、tyazukeです。仮定断面を検討するとき、小梁をどちら…

  6. 構造設計に関すること

    面倒な計算はExcelで!作ると便利な計算プログラム5つ。

    構造計算では必ず行う計算があります。と、いうよりルーティンワークのほう…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  2. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP