構造設計に関すること

面倒な計算はExcelで!作ると便利な計算プログラム5つ。

構造計算では必ず行う計算があります。と、いうよりルーティンワークのほうが多い。始めの与条件を整理すれば、あとは決まりきった計算を行うだけ。

鉛直方向の応力計算は固定法。水平方向の応力計算はD値法です。二次部材は境界条件をピンか剛か設定し、荷重に対してC,M,Qを算定すればいいです。

スポンサーリンク

 

架構の計算は電算プログラムがあるから楽

最も架構の計算は、便利な電算プログラムがあるわけだから、いちいち剛比を設定して云々という必要はないです。部材断面を適切に入力し、計算条件を適宜チェックすればOKとなります。

だから、架構の計算は時間がかからない。特に決まりきった矩形の建物であれば1日あれば入力が完了できす。計算のチェックも数日あれば。

むしろ、面倒なのは二次部材とか、追加検討的なチェック。下記にエクセルでシートを作っておくと便利な計算を紹介しますね。

 

・地耐力の算定(直接基礎)

計算式が、3項に分かれていて非常に長い。それぞれの係数も計算式が面倒なのでN値と基礎の断面諸条件を入力すれば地耐力が算定されるシートを作ると便利。

 

・横補鋼の計算

これは、ほとんどの構造屋さんが自作シートを作っています。決まりきった計算の上に非常に面倒。

ボルトを増やしてOKにする場合と火打ち材を使う場合で2種類作って多くと便利。

 

・小梁の計算

市販のソフトで便利なものがあるから皆さんそれを使用します。私は、そのソフトの存在をしらず1年目は手計算、2年目は自作のエクセルシートで小梁の計算をしました。

・ねじれの検討

コンクリート断面だけでねじりに対応できる式と、配筋を増やす式の2本立てでRC規準に明記してあります。

これも決まりきった計算のため、応力を入力すれば判定できるソフトを作っておくと便利。

 

・スリーブ補強の検討

非常に面倒な計算の1つ。やる気の出ない計算で、それでも梁貫通は部材の構造性能を低下させる恐れがあるので計算シートにしておこう。

 

まとめ

他に色々とありますが、このくらいで。業務スピードを上げるには決まりきった計算を迅速に終わらせる方法を考えましょう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由
  2. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話
  3. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法
  4. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話
  5. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

関連記事

  1. 建設業界のこと

    未来の働き方をするために、設計者が変わっていくこと。

    このブログで『設計職』は生産性の最底辺にある仕事だと説明しました↓…

  2. 建設業界のこと

    印象最悪! 兵庫県住宅建築総合センターへ行ってきた。

    僕は、設計した物件の半分以上が関西圏の建物で、なぜか兵庫県の物件に多く…

  3. 本の紹介

    木造住宅は、本当は強い?熊本の地震が教えてくれたこと

    「木造住宅は、構造設計(計算)を行う必要がない」一般の方が聞け…

  4. 建築のこと

    メーカー5社の、既製柱脚の性能の違いを比較してみた

    ども、tyazukeです。鉄骨造で一番既製品が使われる箇所の1…

  5. 構造設計に関すること

    鋼の降伏とは何を意味するのか?

    現代の構造設計は、終局強度を考慮した設計が当たり前になってきました。部…

  6. 構造設計に関すること

    剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。

    ども、tyazukeです。剛度増大率とは、元々部材が持っている…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
PAGE TOP