構造設計に関すること

面倒な計算はExcelで!作ると便利な計算プログラム5つ。

構造計算では必ず行う計算があります。と、いうよりルーティンワークのほうが多い。始めの与条件を整理すれば、あとは決まりきった計算を行うだけ。

鉛直方向の応力計算は固定法。水平方向の応力計算はD値法です。二次部材は境界条件をピンか剛か設定し、荷重に対してC,M,Qを算定すればいいです。

スポンサーリンク

 

架構の計算は電算プログラムがあるから楽

最も架構の計算は、便利な電算プログラムがあるわけだから、いちいち剛比を設定して云々という必要はないです。部材断面を適切に入力し、計算条件を適宜チェックすればOKとなります。

だから、架構の計算は時間がかからない。特に決まりきった矩形の建物であれば1日あれば入力が完了できす。計算のチェックも数日あれば。

むしろ、面倒なのは二次部材とか、追加検討的なチェック。下記にエクセルでシートを作っておくと便利な計算を紹介しますね。

 

・地耐力の算定(直接基礎)

計算式が、3項に分かれていて非常に長い。それぞれの係数も計算式が面倒なのでN値と基礎の断面諸条件を入力すれば地耐力が算定されるシートを作ると便利。

 

・横補鋼の計算

これは、ほとんどの構造屋さんが自作シートを作っています。決まりきった計算の上に非常に面倒。

ボルトを増やしてOKにする場合と火打ち材を使う場合で2種類作って多くと便利。

 

・小梁の計算

市販のソフトで便利なものがあるから皆さんそれを使用します。私は、そのソフトの存在をしらず1年目は手計算、2年目は自作のエクセルシートで小梁の計算をしました。

・ねじれの検討

コンクリート断面だけでねじりに対応できる式と、配筋を増やす式の2本立てでRC規準に明記してあります。

これも決まりきった計算のため、応力を入力すれば判定できるソフトを作っておくと便利。

 

・スリーブ補強の検討

非常に面倒な計算の1つ。やる気の出ない計算で、それでも梁貫通は部材の構造性能を低下させる恐れがあるので計算シートにしておこう。

 

まとめ

他に色々とありますが、このくらいで。業務スピードを上げるには決まりきった計算を迅速に終わらせる方法を考えましょう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。
  2. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  3. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。
  4. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  5. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    ラーメン構造は必ず梁降伏にすべきなの?

    久々の更新で、今日はこんなテーマについて。先輩から、ラーメン構造は必ず…

  2. 構造設計に関すること

    角鋼管柱に小梁を取り付ける時の、支点間距離の考え方

    鉄骨小梁を計算するとき、スパンは皆さんどう設定していますか?小…

  3. 構造設計に関すること

    基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?

    ども、tyazukeです。基礎の接地圧を計算するとき、e/Lを…

  4. 構造設計に関すること

    EV棟の設計マニュアル その2

    前回に引き続き、EV棟の設計について紹介します。前回のおさらいポイント…

  5. 構造設計に関すること

    RC屋外階段の設計方法について

    例えばRC造のマンション、学校等には屋外階段が設けられています。避難の…

  6. 構造設計に関すること

    応力を算定する時本当に反力は必要なのか?

    今回の記事は、オチも何にもありませんので、あしからず。突然、学生時代か…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  4. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
PAGE TOP