構造設計に関すること

構造設計って、どんな仕事だろう?『本質』を探る。

構造設計という仕事をしていますと、街歩きをしていて『あー、コレ無理してるなぁ』とか『危なそうな建物だなぁ』とか、目につきます。日々、業務の中で安全性を確認する業務ですからね。

さて、安全性の確認は大まかに応力と変形で確認しています。応力度が許容応力度に対してOKか、変形が規定値を満足しているかなど。一方、計算した応力や変形が本当に正しいのかどうか、チェックはしていません。

ところで、日本の産業を支えている『車』は、設計を行った後、実際に車を製作して、衝突検査を行って耐久性をチェックします。また、試乗して運転性能を満足するか確認します。

つまり、建築物は『実際に作用する応力』や『本当の安全性』については、現実チェックできていないのです。一回、建物をつくって壊すなんて不経済なことは出来ませんからね。そう考えると、構造設計という仕事は一体何を確認しているのでしょう?

スポンサーリンク

 

もし、全く違う応力だったら何が安全を担保しているのか?

実際の建物に作用する応力が、計算値と全く違った場合、何が安全を担保するのでしょうか?計算値と全く違うなんてありえない!と思うかもしれません。が、計算のモデル化や荷重の加力は『建物が組みあがった状態で、一斉にドンと荷重を作用』させています。

一方、実際の建物は、基礎⇒R階まで順次建設を行うので、応力状態は違うように思います。また、設定した積載荷重も偏在するし、固定荷重だって『平米重量』の設定が本当は集中荷重かもしれません。実際の建物に作用する応力状態は、建設後の建物にひずみゲージを取り付けて計測しない限り、誰も分からないのです。

そもそも、地震荷重はざっくりと荷重分布をモデル化しているだけで(Ai分布が代表的)、実際にその荷重が作用するのでしょうか?

ともかく、私たちは実際とはかけ離れた応力や変形を計算して、あーでもないこーでもない、と議論しています。

このように、計算と実際の応力が違う要因は様々あります。では構造設計は、どうやって安全性を確認しているのでしょうか?

やはり、安全率(余裕度)に他なりません。実際に作用する応力が変動しようが、設計でチェックした応力や変形より小さければいいわけですから。『安全率1.5倍を考慮する』ように、『まぁ、こんなもんか』というのが、建築屋さんが安全を担保する方法です。他の工業屋さんからみると、いい加減と思われそうですが、現実そうなのです。

 

とりあえず、過去の建物に倣えばOK。

もう1つ安全を担保する方法があります。それは、過去の建物に倣うこと。例えば1000㎡の保育園なら、過去設計された1000㎡の保育園に倣って断面を大まかに設定すれば、『まぁ、こんなもんか』に外れない建物になるでしょう。

と、いうのも構造設計で設定している地震荷重は数十年、数百年に1度起きるレベルを想定しているので、『起きてみなければ分からない』という性質があります。ですから、過去大きな地震で耐えた建物に倣えばOKだろう、という方法論です。

 

構造設計の本質は数字や科学じゃない。『歴史』を知ること。

以上のように、構造設計の本質は数字や科学ではありません。『歴史』です。歴史的にみて地震に耐えたので、この構造でOK、ということです。もちろん、簡単な物理を使って、応力計算や変位計算を行いますが、最終的に部材の断面を決定するのは、人間の感覚です。

悪く言えば、数字は後付でも良いかもしれません。『良い建物を構造設計した歴史、良い建物を調べた歴史』が、構造設計をする上で重要かもしれませんね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。
  2. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。
  3. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  4. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  5. 鉄骨階段の、ササラの検討方法

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    構造計算における定性的な性状を覚えることの重要性

    先日、古いRC規準(1988年版)を読んでいました。耐震壁が回転すると…

  2. 建築のこと

    地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

    ども、tyazukeです。日本は地震国です。地震によって大きな…

  3. 構造設計に関すること

    小梁はX、Y方向の、どちらに架けるほうが有利か?

    ども、tyazukeです。仮定断面を検討するとき、小梁をどちら…

  4. 本の紹介

    【書評】建築構造計画入門 松井源吾

    建築構造は計画が最も重要であると、松井源吾先生が著書の中で述べています…

  5. 構造設計に関すること

    角鋼管柱に小梁を取り付ける時の、支点間距離の考え方

    鉄骨小梁を計算するとき、スパンは皆さんどう設定していますか?小…

  6. 構造設計に関すること

    片持ち梁のハンチ部は断面算定を忘れないように。

    意匠上の納まりで先端を絞ってほしい、と言う要望があります。鉄骨でもRC…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  2. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  3. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
PAGE TOP