構造設計に関すること

【定期報告】ブレース構造からラーメン構造へ変更。【構造設計辞めたい】

これまで構造設計辞めたい辞めたい言ってきましたが、定期報告しようと思います。あぁ、いつものことか、と冷めた目で見ていただければ。

出来事は、昨日の夕方でした。70歳過ぎの老害意匠設計者が、急に設計変更を告げてきたのです。と、いうのも、どうやっても金額が合わなくて、設計変更せざるを得ないらしい。普通、仕上げ材料を安くして見積金額を合わせるのですが、今回は構造まで変えないと納まらない状況のようです。

ウチの事務所は概算金額の読みが甘くて、なぜか実施設計終盤になって金額が合わないことが発覚します。マジで能無し集団の事務所。毎度のことですが、本当に疲れるんだよなぁ。

で、変更というのが、

ブレース構造 ⇒ ラーメン構造

という構造形式を全く変えるもの。普通、ブレース構造の方が安く上がりそうですが、この物件少しややこしい形状をしていたので、特殊なブレースを使っていたり、平面形状も矩形じゃなくて円形だったり。これが金額を跳ね上げていた要因だったのです。

しかし・・・結局お金が合わなくて矩形の平面プランに修正。あえてブレース構造にする必要もないので、ラーメン構造、というのです。要するに意匠担当者の読みの甘さが露呈されたわけで。というか、70歳にもなって平面計画まで修正するような読みの甘さは引きますわ。

おまけに、設計変更の原因である意匠担当者は、ブレースを抜けばいいから簡単でしょ?というスタンスなのが腹立ちます。

は?んなわけねーだろ。1年目からやり直しこい、老害。早く墓に入ってくれ。

とは言えず。

というのも、元の設計はブレースに水平力をすべて負担させていたので、柱と梁はおまけみたいなもんです。ブレースと柱脚さえしっかり設計しとけば、柱、梁の設計なんて適当にやっても持つ。

しかし・・・

ラーメン構造は、柱と梁で曲げモーメントを伝達するので、この設計をおろそかにできません。意匠担当者は、概算したいから直ぐにでも図面が欲しい、というのですが、計算しなければ図面を描きようがありません。

要するに、メンバーアップは必然。明日1日で、とりあえず図面を直せと言われたのですが、もうホトホト付き合いきれないので、今日は定時過ぎに帰りました。

結局ここで言いなりに図面を直すと、メンバーアップしなくても良いと判断されそうなので、断面大きくなりますよ、くらいは伝えておきます。

もう、本当に構造設計辞めたいです。

こんな割に合わない仕事ほかにある?こりゃぁ若手が減るわけだわ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由
  2. 失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法
  3. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  4. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  5. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    構造設計の手順について

    構造設計も設計手順があります。設計者1人毎にやり方は違います。でも大ま…

  2. 構造設計に関すること

    片持ち梁が付かない出隅片持ちスラブについて

    片持ち部材は怖いですよね。固定端の1つで成立している部材ですから。その…

  3. 雑学

    中部国際空港へ行ってきました。

    前回記事の続き。半田市から西側へ向かい常滑市へ。そのままセントレアへ行…

  4. 建設業界のこと

    優秀な構造家が育つ、組織の在り方とは?

    ども、仕事は大してしないのに組織論が好きなtyazukeです。…

  5. 労働のこと

    【続5】新入社員がいきなり仕事できると思うなよ。

    新入社員のB君。1週間の欠勤から復活して今は会社に出てきています。しか…

  6. 構造設計に関すること

    概算で行う 壁式構造の計算について

    壁式構造の設計したことありますか?皆さんもあんまり経験がないと思います…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
PAGE TOP