構造設計に関すること

構造設計者なら知っておきたい、重力とは何か?

ほとんどの物には必ず重量があります。重量は、物質の質量×重力加速度9.81をかけた値で、N(ニュートン)という単位で表します。

ニュートンとは、著名な物理学者アイザックニュートンにちなんで、その名がつけられました。真実は明確ではないそうですが、リンゴが落ちて重力の着想を得た話は有名です。

大人が読みたいニュートンの話 (B&Tブックス)

 

ということで今回は、重力の話をしたいと思います。

スポンサーリンク

 

リンゴは落ちない。リンゴは引っ張られている。

このニュートンさん、凡人と違うなぁと思うところは、彼はリンゴが落ちたのではなく引っ張られたと解釈したそうです。

そして空を見上げて地球に月が落ちてこないのは、地球よりも大きな何かに引っ張られているからではないか?と考えました。

 

当時、惑星が太陽を回り続けていることは、天体観測で知られていましたが、なぜ回り続けられるのかがわかっていませんでした。

それを解決したのが先ほどの引張る力で、太陽という非常に大きな惑星にその他の惑星が引張られているからだと考えたそうです。

 

これを再現するのは簡単で、紐の先端に重りを付けて円を描くように回してみます。すると、紐はたわんだりゆるんだりすることなく、ピンと張った状態になるはずです。

これは紐に引っ張る力が作用していると同じことだと言えます。

 

つまり、月が地球に落ちないのは、太陽の引力に月ごと引張られているからで、リンゴが地面に落ちたのは地球の引力に引っ張られたからです。

この万物の間に働く力を『万有引力の法則』と名付け、万有引力を我々は一般的に重力と言っています。

 

万有引力の法則で、惑星の重さを知ることができた。

またニュートンは惑星の質量と引力は比例することを数学的に導くことに成功しました。そして様々な惑星の質量が現代では計算されています。

地球は6.0×10^24kgで、、木星は1.9×10^27kg、太陽は2.0×10^30kgという途方もなく大きな数字です。

 

惑星の質量に引力も比例することから、地球の重力を1Gとすれば、木星は2.37Gと逆算できるそうです。

これは、地球で設計する建物の2.37倍の重力に耐えうる部材が必要となります。ちなみに、太陽は28Gと、他の惑星の一ケタ違う大きな引力を持っています。

 

ものすごく専門的な話でもありませんので、一般の方と話す機会があるときや、話のネタの引き出しに、頭の片隅に覚えてもらえたらと思います。

 

まとめ

  • リンゴは落ちない。リンゴは引っ張られている。
  • 万有引力の法則で、惑星の重さを知ることができた。

世界の伝記シリーズ、小学生のとき良く読んだなぁ・・・。マンガだから頭に入りやすいんですよね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 鉄骨階段の、ササラの検討方法
  2. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  3. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  4. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  5. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。

関連記事

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目

    ども、tyazukeです。僕自身、建築設計を辞めようと思うこと…

  2. 建築のこと

    マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

    ども、tyazukeです。マンションには必ずベランダがあります…

  3. 構造設計に関すること

    鉄骨梁上の床スラブにおける有効幅の勘所

    鉄骨造の建物では、床にRCを用いることが一般的です。室内環境や、床剛性…

  4. 建設業界のこと

    将来、構造設計の仕事は無くなる?人の手より機械の手。

    ごめんなさいね。毎回暗い話が多くて。でもネガティブなのは性分なので。割…

  5. 構造設計に関すること

    RC梁せいはスパンの1/10で決めるのは、なぜ?

    ども、tyazukeです。RC規準を読み進めると、色々な発見が…

  6. 建設業界に関するニュースのこと

    豊洲新市場の件は、『技術論』や『正しい・間違い』の問題じゃない。

    連日、豊洲新市場の件が報道されていますが・・・マスコミも飽きませんねぇ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  2. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  3. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  4. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  5. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
PAGE TOP