構造設計に関すること

構造設計者なら知っておきたい、重力とは何か?

ほとんどの物には必ず重量があります。重量は、物質の質量×重力加速度9.81をかけた値で、N(ニュートン)という単位で表します。

ニュートンとは、著名な物理学者アイザックニュートンにちなんで、その名がつけられました。真実は明確ではないそうですが、リンゴが落ちて重力の着想を得た話は有名です。

大人が読みたいニュートンの話 (B&Tブックス)

 

ということで今回は、重力の話をしたいと思います。

スポンサーリンク

 

リンゴは落ちない。リンゴは引っ張られている。

このニュートンさん、凡人と違うなぁと思うところは、彼はリンゴが落ちたのではなく引っ張られたと解釈したそうです。

そして空を見上げて地球に月が落ちてこないのは、地球よりも大きな何かに引っ張られているからではないか?と考えました。

 

当時、惑星が太陽を回り続けていることは、天体観測で知られていましたが、なぜ回り続けられるのかがわかっていませんでした。

それを解決したのが先ほどの引張る力で、太陽という非常に大きな惑星にその他の惑星が引張られているからだと考えたそうです。

 

これを再現するのは簡単で、紐の先端に重りを付けて円を描くように回してみます。すると、紐はたわんだりゆるんだりすることなく、ピンと張った状態になるはずです。

これは紐に引っ張る力が作用していると同じことだと言えます。

 

つまり、月が地球に落ちないのは、太陽の引力に月ごと引張られているからで、リンゴが地面に落ちたのは地球の引力に引っ張られたからです。

この万物の間に働く力を『万有引力の法則』と名付け、万有引力を我々は一般的に重力と言っています。

 

万有引力の法則で、惑星の重さを知ることができた。

またニュートンは惑星の質量と引力は比例することを数学的に導くことに成功しました。そして様々な惑星の質量が現代では計算されています。

地球は6.0×10^24kgで、、木星は1.9×10^27kg、太陽は2.0×10^30kgという途方もなく大きな数字です。

 

惑星の質量に引力も比例することから、地球の重力を1Gとすれば、木星は2.37Gと逆算できるそうです。

これは、地球で設計する建物の2.37倍の重力に耐えうる部材が必要となります。ちなみに、太陽は28Gと、他の惑星の一ケタ違う大きな引力を持っています。

 

ものすごく専門的な話でもありませんので、一般の方と話す機会があるときや、話のネタの引き出しに、頭の片隅に覚えてもらえたらと思います。

 

まとめ

  • リンゴは落ちない。リンゴは引っ張られている。
  • 万有引力の法則で、惑星の重さを知ることができた。

世界の伝記シリーズ、小学生のとき良く読んだなぁ・・・。マンガだから頭に入りやすいんですよね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  2. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  3. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  4. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ
  5. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    増築工事は既存建物の庇に気をつけましょう

    それは僕が3年目の頃でした。当時、EV棟の増築設計を沢山担当しておりま…

  2. 構造設計に関すること

    カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

    何のことだ、と思われたかもしれません。「石を吊るすだけでも表現…

  3. 構造設計に関すること

    「今の建築の98%は糞だ」とフランクゲーリーは言った。

    「今の建築の98%は糞だ」これは、ぐにゃぐにゃ建築でお馴染…

  4. 未分類

    そで壁柱の曲げ耐力 完全塑性理論について

    鉄骨と違ってRCは分からないことが沢山あります。最近、耐震補強の物件を…

  5. 建築のこと

    クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について

    ども、tyazukeです。クレーンが走行する場合、それを受ける…

  6. 構造設計に関すること

    埋め込み柱脚にしたときの支点について

    ども、tyazukeです。これまで、柱脚の納まりを埋め込み柱脚…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  4. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  5. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
PAGE TOP