構造設計に関すること

設計が苦しいなら辞めちゃえば?と、僕が思う3つの理由。

ども、tyazukeです。

設計が嫌いになった、という人は多いと思います。仕事だから仕方なくやっている、みたいな。もちろん仕事って、そういうものかもしれませんが。

ただ設計は他の仕事に比べて、残業は多いし責任は重大。その割に低所得。「仕事だから仕方なくやっている」なら辞めた方がマシ。

ということで今回は、設計が苦しいなら辞めちゃえば、と思う3つの理由を紹介します。

スポンサーリンク

 

設計の仕事は、仕事自体に魅力を感じられなくなったら終わり

先に述べたように、設計の仕事は残業も長いし、責任重大。おまけに給料は低い。だからこそ、仕事に充実感を持つこと、設計自体を好きだ、と思えることが重要なんです。

だから、「設計」という仕事自体に魅力を感じられなくなったら潮時。終わりです。

設計が苦しいなら、やめちゃえばと思うわけ。

 

ところで下記の記事をみれば、建築士がいかに低所得かわかります。あわせて参考にしてください。

マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件

 

設計以外で、楽でお金が多い仕事はいくらでもある。

苦しくて大変な仕事をいつまでも続ける必要はありません。

設計以外で、楽でお金が多い仕事はいくらでもあるんです。例えば公務員。設計に比べれば楽な仕事です。一方、福利厚生、給料、ボーナス共に設計職の何倍も良い。

 

これまで建築を勉強したから、と変に凝り固まる必要はありません。もっと広く、周りを見渡せばよい仕事はいくらでもあります。

 

嫌々仕事をしても、成長は無い。

嫌々仕事をしても成長はありません。成長が無ければ、設計の仕事がいつまでもツマラナイと感じるでしょう。

それなら、設計を辞めてみてはどうかと思います。一度辞めて、また戻ってきたいなら、それもよし。違う環境に移って、「やっぱり自分には建築しかない」と思うこともあるでしょう。

ともかく、今の嫌々仕事をする状況では時間をいたずらに食いつぶすだけです。

 

まとめ

  • 設計の仕事は、仕事自体に魅力を感じられなくなったら終わり
  • 設計以外で、楽でお金が多い仕事はいくらでもある。
  • 嫌々仕事をしても、成長は無い。

以上、僕が設計をやめちゃえば、と思う3つの理由でした。

 

設計を辞めて何しようかな、という人はこの記事も参考にしてください。

設計を辞める人におすすめする、前職を活かす転職先5つ

 

設計がとても苦しい、という方は素直に辞めましょう。そう思える今が最後のチャンスだと思います。そんな意識も働かないほど追い詰められて取り返しのつかないことに、ならないためにも。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  2. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  3. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。
  4. 自分の生き方に満足できていますか?
  5. 1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    数学苦手だった僕が構造設計者になって悩んだこと。

    僕は学生の頃から数学が苦手でした。数式やら公式を誘導するとか、正直わか…

  2. 構造設計に関すること

    ブラック部長、計算書の構成は事務所で統一しませんか・・・?

    他の事務所がどうしているかわかりませんが、僕のいる事務所では、部長が計…

  3. 構造設計に関すること

    鉄骨梁上の床スラブにおける有効幅の勘所

    鉄骨造の建物では、床にRCを用いることが一般的です。室内環境や、床剛性…

  4. 労働のこと

    10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた

    ども、tyazukeです。設計職はクリエイティブな仕事だと、僕…

  5. 構造設計に関すること

    杭施工誤差が生じた時の対処法について

    ども、tyazukeです。現場が始まると、色々と変更が生じます…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  2. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  5. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
PAGE TOP