一級建築の試験勉強

一級建築士の資格にどれだけの価値があるのか?

一級建築士学科試験が終わり、無事ダラダラと過ごしているtyazukeです。普通、建築設計業界で生きる方なら、一級建築士はどうしても欲しい資格だと思います。では一級建築士の資格にどれほどの価値があるのよ、と考えたことありますか?

一級とればバラ色人生が待っていると思っていませんか?それ、危ない考えですよ。今回は資格の価値について考えます。

 

なぜ君は一級建築士をとりたいのか?

建築設計業界にいると、「一級建築士は必須!」とよく言われます。上司、同僚など多方面から「とれよ!」と圧力かかるでしょう。

僕も設計事務所に入ってなんとなく「とらなきゃなぁ」とぼんやり考えていました。上司の「とれよ!」を躱して、社会人6年目にして初受験だったわけですが笑

※初受験の結果は下記の記事を参照ください。

平成29年度 一級建築士の結果報告の件

 

※また、今回(平成30年度)の試験結果は下記からどうぞ。

平成30年度の一級建築士試験学科の結果と感想、勉強法

 

一級建築士は「とらなきゃなぁ」で取れるほど甘くはありません。資格学校に100万、200万課金するのが普通の世界です。※ちなみに僕は100万無駄にかけちゃいました。

2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話

 

苦労して取得した分、見返りがあればいいのですが。一級建築士とっても年収大したことなかったら拍子抜けです。

「あんなに苦労して、これだけかい」とツッコミたくなります。

 

私が所属する事務所では一級を取得すると、技術手当として月給が数万増えます。「おお!すごいじゃん!」と思うのは早計です。なぜなら、元々の給料が少ないんです。それに「手当」という点がポイント。

・元々少ない基本給+数万の手当=普通の給料

 

とお考えください。一級建築士をとって、ようやく人並みの給料になるだけです。また「手当」なので基本給が上がるわけでは無い。基本給じゃないから、ボーナスや退職金は変わらないんですよね。

業界では一級建築士の資格を「足裏の米粒」と揶揄します。「とっても食えない」という皮肉です。現実、食えないことはないのですが、存分に豊かな暮らしができるかは「?」ですね。

 

前置き長くなりましたが、

「あなたはなぜ一級建築士がとりたいのか?」

将来、

  • お金が欲しい。
  • のんびりしたい。

とお考えの方は、ちょっとズレてます。一級建築士をとった先に、そんな生活はありません。建築業界にきてはダメですね。設計はもってのほか。プラントやメーカーならお金が満たされるかも?ただ、のんびりはできないよ?

 

一級建築士って、そこまで価値ある資格ではないよ?

「今のブラックな環境から抜け出したい!だから一級をとって転職!」と考えている方、今よりマシになるだけでこの業界に居る限り、根本的に解決はしないよ、と言いたいです。

 

逆に言えば、

・建築、建築設計が大好き(仕事が好き)

な建築狂には、ベストな業界なんですけどね。

 

一級建築士とるも地獄、とらぬも地獄

とはいっても、今後も設計業界で活躍したい人は「一級建築士をとらないと話になりません」。それは間違いないです。

ただ僕が言いたいのは、

「一級建築士をとったからといって、明るく楽しい設計ライフが訪れるわけでは無い」

ということ。そこに希望をもって一級建築士を取りたい人は、一歩立ち止まってください。「おれ、このまま建築やっていいのかな?設計続けられるかな?」と考えても良いですね。

また何度も言うように、設計業界でやっていきたい人は「一級建築士は必須」です。とれないと責任ある仕事を任せてくれないし、将来、独立したい人は必須です。もちろん転職にも有利です。

要は、「一級をとるも地獄、とらぬも地獄」ですわ。

 

まとめ

一級建築士に価値があるのか、僕の考えを書きました。皆さんはどうお考えでしょうか。価値ないのが分かっているけど、無いとまずいから取る方が大勢では。

一級とって少し給料増えても、幸せにはなりません。「仕事やりたくねぇ」と呟きながら設計続けている一級建築士を、僕は何人も知っています(しかも5,60代)。多分、彼らは設計が向いていないんです。建築嫌いなんです。だからといって、苦労して取得した資格だから手放す勇気もないのです。

もし別業界に移りたいのなら早い方が良いです。一級をとってからだと、逆に身動きできません。

一級とっても、人生に確変が起きてバラ色になるわけでは無いです。無思考に「一級とらなきゃ」でとっても何も変わりません。

 

だったら、

  • 「一級建築士の資格は自分に必要?」
  • 「このまま建築業界にいることが幸せ?」

と自分の人生に向き合うべき、と僕は思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  2. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。
  3. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  4. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  5. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士合格者が語る「時間の使い方」を分析してみた

    ども、tyazukeです。成功者の格言って説得力がありますよね…

  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」

    ども、tyazukeです。一級建築士に合格すると、自分はどう変…

  3. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】平成29年度の計画が、酷い内容のテストだったわ。

    ども、tyazukeです。最近、一級建築士ネタが尽きません。落…

  4. 一級建築の試験勉強

    日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない

    ども、tyazukeです。日建学院が、五千円をつかみ取れる紹介…

  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選

    ども、tyazukeです。一級建築士の試験は並大抵の勉強量では…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  2. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP