労働のこと

中小企業こそ、社員教育を徹底しないと死ぬぞ。

ども、tyazukeです。

僕が勤める中小組織設計事務所は、新入社員の教育を大変疎かにしています。新卒で入った構造設計部の社員がいるのですが、彼の上司は育てる気0。

お陰さまで、新卒の彼は全っ然成長していきません。

 

設計事務所は丁稚奉公が基本、などという人も多いですが、もっとシステマチックに教育制度を整えたらどうでしょう。

でなきゃ、設計事務所死ぬぞ?

スポンサーリンク

 

そもそも、なぜ人員が増えないのか?

そもそも、あなたの事務所に人員が増強されないのはなぜでしょう。答えは簡単です。

現体制がクソだからです。

 

シンプルに考えてください。

人が足りなくて、常に仕事に追われている。人が足りなさ過ぎて、課長や部長までもが手を動かす状況。皆キャパオーバー程度に忙しいから、部下を育てる余裕がない。

新人教育の合言葉は「勝手に成長しろ」

 

そんな状況、絶対に間違っていますよね。つまり現体制はクソなんですよ。そんな状況じゃ、事務所死ぬぞっ、てこと。

 

中小企業が新入社員の教育を徹底させる理由

社員全員が忙しいから、新入社員の教育ができない。そんな中小企業が社員の教育を徹底させる理由は沢山あります。

1つは社員のスキルアップ。中小企業は個人のスキルアップは個人でやれ、という風潮があります。

当然すぎることですが、今一度、新人教育は社員のスキルアップに繋がる、という意識を上層部が持つべきです。

 

2つめは、社員の能力の底上げ。年度毎に社員の教育がまばらだと、社員のの能力にムラが生じます。ただでさえ人材が少ない中小企業では命とりなんです。

多少時間はかかるものの、社員教育を徹底して、社員の能力を引き上げたほうがメリットが大きい。

 

システマチックに教育制度を整えろ!

「いやいや、そうは言っても教育には時間もお金もかかる。そもそも人が足りていないんだからさぁ」

 

であれば、新人教育をもっとシステマチックに考えてみませんか。年度ごとの仕事の状況や、教育担当が変わってバラバラの教育をしてはダメ。

ことさら設計という仕事は、個人の意識や設計方針が教育方針に大きく影響します。出来るだけ教育方針・方法をマニュアル化し、誰が教えても、一定水準の設計力がつくように。

 

教育方針や教育方法がマニュアル化されると、教える側も気が楽ですし、教えるスピードも速くなるでしょう。すなわち通常業務への負担も少なくなる。

教育なくして社員のスキルアップはあり得ません。そして、教育に力を入れない会社に未来無し、です。

 

まとめ

「仕事が手一杯で新卒の教育ができない。」

そんな会社は間違っている、と思いませんか?

 

ただでさえ人材が足りない中小企業が、這い上がる方法。それが、社員の徹底教育による技術の底上げ。

上層部はそれを理解すべき、だと思いますよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  2. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  3. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  4. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  5. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。

関連記事

  1. 建築のこと

    建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。

    ども、tyazukeです。「あいつ、建築辞めるってよ」というタ…

  2. 労働のこと

    設計事務所勤めの皆さん。GW休みは何日ありました?

    休み明けの仕事ダルイですね。皆さん今日は省力モードで仕事中でしょうか?…

  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話

    ども、tyazukeです。先日仕事で東京へ行きまして、予てより…

  4. 建築のこと

    設計事務所で働くときの服装について

    ども、tyazukeです。学生の皆さんは社会人になって、どうい…

  5. 労働のこと

    新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・

    ども、tyazukeです。『建通新聞』をご存知でしょうか。建設…

  6. 労働のこと

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ

    ども、tyazukeです。構造系の学生なら、大学で実験やってた…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  5. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
PAGE TOP