労働のこと

中小企業こそ、社員教育を徹底しないと死ぬぞ。

ども、tyazukeです。

僕が勤める中小組織設計事務所は、新入社員の教育を大変疎かにしています。新卒で入った構造設計部の社員がいるのですが、彼の上司は育てる気0。

お陰さまで、新卒の彼は全っ然成長していきません。

 

設計事務所は丁稚奉公が基本、などという人も多いですが、もっとシステマチックに教育制度を整えたらどうでしょう。

でなきゃ、設計事務所死ぬぞ?

スポンサーリンク

 

そもそも、なぜ人員が増えないのか?

そもそも、あなたの事務所に人員が増強されないのはなぜでしょう。答えは簡単です。

現体制がクソだからです。

 

シンプルに考えてください。

人が足りなくて、常に仕事に追われている。人が足りなさ過ぎて、課長や部長までもが手を動かす状況。皆キャパオーバー程度に忙しいから、部下を育てる余裕がない。

新人教育の合言葉は「勝手に成長しろ」

 

そんな状況、絶対に間違っていますよね。つまり現体制はクソなんですよ。そんな状況じゃ、事務所死ぬぞっ、てこと。

 

中小企業が新入社員の教育を徹底させる理由

社員全員が忙しいから、新入社員の教育ができない。そんな中小企業が社員の教育を徹底させる理由は沢山あります。

1つは社員のスキルアップ。中小企業は個人のスキルアップは個人でやれ、という風潮があります。

当然すぎることですが、今一度、新人教育は社員のスキルアップに繋がる、という意識を上層部が持つべきです。

 

2つめは、社員の能力の底上げ。年度毎に社員の教育がまばらだと、社員のの能力にムラが生じます。ただでさえ人材が少ない中小企業では命とりなんです。

多少時間はかかるものの、社員教育を徹底して、社員の能力を引き上げたほうがメリットが大きい。

 

システマチックに教育制度を整えろ!

「いやいや、そうは言っても教育には時間もお金もかかる。そもそも人が足りていないんだからさぁ」

 

であれば、新人教育をもっとシステマチックに考えてみませんか。年度ごとの仕事の状況や、教育担当が変わってバラバラの教育をしてはダメ。

ことさら設計という仕事は、個人の意識や設計方針が教育方針に大きく影響します。出来るだけ教育方針・方法をマニュアル化し、誰が教えても、一定水準の設計力がつくように。

 

教育方針や教育方法がマニュアル化されると、教える側も気が楽ですし、教えるスピードも速くなるでしょう。すなわち通常業務への負担も少なくなる。

教育なくして社員のスキルアップはあり得ません。そして、教育に力を入れない会社に未来無し、です。

 

まとめ

「仕事が手一杯で新卒の教育ができない。」

そんな会社は間違っている、と思いませんか?

 

ただでさえ人材が足りない中小企業が、這い上がる方法。それが、社員の徹底教育による技術の底上げ。

上層部はそれを理解すべき、だと思いますよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  2. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス
  3. アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件
  4. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  5. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる

関連記事

  1. ブログ運営

    建築系ブログを100記事書いたときのPVと反省点3つ

    ども、tyazukeです。ブログを書き続けて2年経ちました。当…

  2. 労働のこと

    今日の更新は夕方。テーマは『奨学金と教育問題について』です。

    昨日は久しぶりに、パソコンを使わず息抜きに出ていました。随分と頭がスッ…

  3. 生きる知恵

    会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは

    ども、tyazukeです。会社をズル休みした経験ありますか?…

  4. ブログ運営

    インプットしたら、すぐにアウトプットすべし

    ども、tyazukeです。インプットの重要性を理解している人は…

  5. ブログ運営

    建築系ブログを300記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。300記事に到達したのは、今年の4月…

  6. 労働のこと

    設計を辞める人におすすめする、前職を活かす転職先5つ

    ども、tyazukeです。もう設計やめよう。そんな結論を出した…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  2. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  5. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
PAGE TOP