労働のこと

中小企業こそ、社員教育を徹底しないと死ぬぞ。

ども、tyazukeです。

僕が勤める中小組織設計事務所は、新入社員の教育を大変疎かにしています。新卒で入った構造設計部の社員がいるのですが、彼の上司は育てる気0。

お陰さまで、新卒の彼は全っ然成長していきません。

 

設計事務所は丁稚奉公が基本、などという人も多いですが、もっとシステマチックに教育制度を整えたらどうでしょう。

でなきゃ、設計事務所死ぬぞ?

スポンサーリンク

 

そもそも、なぜ人員が増えないのか?

そもそも、あなたの事務所に人員が増強されないのはなぜでしょう。答えは簡単です。

現体制がクソだからです。

 

シンプルに考えてください。

人が足りなくて、常に仕事に追われている。人が足りなさ過ぎて、課長や部長までもが手を動かす状況。皆キャパオーバー程度に忙しいから、部下を育てる余裕がない。

新人教育の合言葉は「勝手に成長しろ」

 

そんな状況、絶対に間違っていますよね。つまり現体制はクソなんですよ。そんな状況じゃ、事務所死ぬぞっ、てこと。

 

中小企業が新入社員の教育を徹底させる理由

社員全員が忙しいから、新入社員の教育ができない。そんな中小企業が社員の教育を徹底させる理由は沢山あります。

1つは社員のスキルアップ。中小企業は個人のスキルアップは個人でやれ、という風潮があります。

当然すぎることですが、今一度、新人教育は社員のスキルアップに繋がる、という意識を上層部が持つべきです。

 

2つめは、社員の能力の底上げ。年度毎に社員の教育がまばらだと、社員のの能力にムラが生じます。ただでさえ人材が少ない中小企業では命とりなんです。

多少時間はかかるものの、社員教育を徹底して、社員の能力を引き上げたほうがメリットが大きい。

 

システマチックに教育制度を整えろ!

「いやいや、そうは言っても教育には時間もお金もかかる。そもそも人が足りていないんだからさぁ」

 

であれば、新人教育をもっとシステマチックに考えてみませんか。年度ごとの仕事の状況や、教育担当が変わってバラバラの教育をしてはダメ。

ことさら設計という仕事は、個人の意識や設計方針が教育方針に大きく影響します。出来るだけ教育方針・方法をマニュアル化し、誰が教えても、一定水準の設計力がつくように。

 

教育方針や教育方法がマニュアル化されると、教える側も気が楽ですし、教えるスピードも速くなるでしょう。すなわち通常業務への負担も少なくなる。

教育なくして社員のスキルアップはあり得ません。そして、教育に力を入れない会社に未来無し、です。

 

まとめ

「仕事が手一杯で新卒の教育ができない。」

そんな会社は間違っている、と思いませんか?

 

ただでさえ人材が足りない中小企業が、這い上がる方法。それが、社員の徹底教育による技術の底上げ。

上層部はそれを理解すべき、だと思いますよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  2. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて
  3. 自分の生き方に満足できていますか?
  4. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  5. 1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】アウトドア雑誌Filderの野生動植物を食う企画が、予想の斜め上だった。

    ども、tyazukeです。僕は雑誌を読むのが趣味でして、主に生…

  2. 労働のこと

    建築家として独立して食べていくために必要な物件数は?

    ども、tyazukeです。将来は建築家として独立しよう。そんな…

  3. 労働のこと

    構造設計がどんな仕事が知りたい?誤解されている点も説明するよ。

    このブログでは建設業界の労働環境に切り込んできました。また断片的に『構…

  4. 労働のこと

    設計を辞める人におすすめする、前職を活かす転職先5つ

    ども、tyazukeです。もう設計やめよう。そんな結論を出した…

  5. 建築のこと

    袖壁の意味と効果について

    ども、tyazukeです。他業界の人と話していると、ついつい専…

  6. 労働のこと

    プレミアムフライデーの効果と実際

    興味深いニュースが舞い込んできました↓月末金曜の仕事を15時ま…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  4. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
PAGE TOP