一級建築の試験勉強

日建学院の、講義の特徴3つを説明する。

ども、tyazukeです。

「なかなか一級建築士に合格しない」「やっぱり独学は無理なのか?」「それならお金をかけて予備校へ行こう」

皆さん一度は考えることですよね。一級建築士の予備校は二大大手があります。あの営業がうっとおしい学校ですね。

 

今回は、その二大大手の1つ。日建学院の特徴について紹介します。

スポンサーリンク

 

特長① 絵を中心に説明する映像講義

クオリティと学習効果の高い「映像講義」と、映像講義を押しています。体験版がyoutubeにupされていたの貼りますね。

オジサンが頑張って説明しています。このオジサンの説明、というより絵を中心に説明するスタイルが良いですね。確かにわかりやすい。

 

特長② オリジナルテキスト

予備校にはオリジナルのテキストがあります。僕は総合資格版を持っていますが、確かにわかりやすいです。

 

実は日建学院は母体となる会社があります。建築資料研究社です。この出版社の下に日建学院があるんですね(初耳)。

で、建築資料研究社は、建築関係の情報誌を提供する出版会社なので、テキスト作りにノウハウがあるみたい。専門出版物は600種類を超えるそうですよ。「住宅建築」も、この会社がつくっています。

総合資格のテキストと比べると写真多め。余白の使い方上手い、という感じ。さすが出版社がつくる専門テキストですね。わかりやすい。

ちなみに問題集は過去10年分のもの。この辺りは総合資格と同じです。

 

特長③ サポート体制

「パーソナルアドバイザー」がメンタル面までフォローしてくれる、ようです。オジサンが、受講生のオジサンに活を入れるんでしょうか。それとも優しい言葉をかけるのか・・・。

どちらにしろ地獄絵図ですわ。日建学院のHPみると女性の写真になってますが。

 

日建学院の受講料

一番気になるのはコレですよね。受講料。一覧にするとこんな感じ。

  1. 学科スーパー本科コース 69万円+税(製図はセット価格で+税抜き10万円)
  2. 学科本科コース      50万円+税
  3. 学科問題解説コース    21万円+税

1は最もサービスが手厚く充実したコース。テキスト・問題集込みの値段です。製図対策コースも受けたい方はセット価格でお安くなります。高いなぁ・・・。

2は、1と似たようなサービスです。が、製図対策コースでセット割になりません。1のコースと比べるとカリキュラムの充実度が少ない。

3は最も安いコースですね。アウトプット中心に問題解説を繰り返し学習するコースのようです。1,2と比べるとスタートが遅くて、2カ月遅れ(4月)の勉強開始。

個人的にはやる気がある人なら3のコースでも良いかな、と。

 

お次は製図対策コースについて。一覧にしましたよ。

  1. 設計製図パーフェクト本科  52万円+税
  2. 設計製図本科コース      37万円+税
  3. 設計製図短期コース      22万円+税

1は「経験者のみ」におすすめするコース。これ間違えないでくださいね。1のコースは前回製図落ちた人用のコースですから。なんと3月から受講して10月の試験に臨むスタイル(汗)

8カ月と52万円かけて、これで落ちたら精神病むな・・・。おすすめしません。1はおすすめしません・・・。

2のコースは3つの中でスタンダードなコースです。多くの人は、このコースを受けるのかと。37万円は高いけどな・・・。期間は7月末~試験開始直前まで。学科+製図のセットコースで臨んだ人は1年の8割を一級対策に費やすことに。This is 地獄。

3は短期間で製図試験に臨むコース。22万円と比較的お安く(安くない)、9月が学校に通います。製図は学校に通うけど、あまりお金を掛けたくない、という方におすすめのコースかと。

 

まとめ

  • 出版社が母体の学校だからテキストが分かりやすい!
  • 総合資格より受講費用が大分お安くてお得!

ということかな、と思います。

 

総合資格より、大分お安い。総合資格は学科と製図のセット価格で100万円しますので。

学科は独学で、製図は学校へ行こうと考えている方。総合資格は43万円、日建学院なら37万円、又は22万円のコースもある。日建学院で良いのかなと思いました。

 

他の学校について紹介していきます!乞うご期待!

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  2. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  3. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?
  4. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  5. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方

    ども、tyazukeです。1年に1回しかない一級建築士試験。つ…

  2. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】

    学問に王道なしと言います。つまり色んな方法がある、ということ。…

  3. 一級建築の試験勉強

    平成29年度 一級建築士の結果報告の件

    皆さんこんにちわ。tyaukeです。先日一級建築士を終えてのブ…

  4. 一級建築の試験勉強

    2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話

    ども、tyazukeです。平成29年度試験を初めて受けました。…

  5. 一級建築の試験勉強

    月額500円で、日建学院の過去問題5年分が勉強できる件

    ども、tyazukeです。独学組の皆さんは、どんな問題集を使っ…

  6. 一級建築の試験勉強

    総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件

    ども、tyazukeです。平成29年度の一級建築士試験が終わっ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  2. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  5. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
PAGE TOP