一級建築の試験勉強

【一級勉強】受注者の責任と設計図の関係について

一級建築士の施工問題で、受注者、監理者、発注者の権利や責任の問題が必ず出題されます。これ案外ややこしくて中途半端に覚えていると罠に引っかかります。

例えばこんな問題。

  • 設計図書において監理者の検査をうけて使用すべきものと指定された工事材料または建築設備の機器で、当該検査に合格しなかったものは、受注者の責任においてこれを引き取る。

受注者の部分が○か✖どちらでしょうか。

 

正解は、○です。ぱっと見、✖かなと思ったりするのですが、よく考えましょう。例えば設計図に書いてある鉄筋を検査することになりました(本当にするかどうかは置いといて)。

そもそも工事材料は設計図に書いてある性能を持つものを、施工側が用意します。設計図通りの性能がない材料が使われていた場合、当然、それを発注した施工側が悪いことは明らか。

よって以上のように、不適切な工事材料が使われていた場合は、受注者の責任なのです。

一方、約款の17条では状況に応じた責任の有無が明記されています。

スポンサーリンク

 

図面に書いてある事由に関しては、受注者はその責任を負わない

例えば次の項目に関する場合、受注者はその責任を負いません。

  • 支給材料
  • 貸与品
  • 図面・仕様書に指定された工事材料、建築設備の機器の性質、施工方法

これは先ほどの内容と似ていますが、少し違う。例えば、図面に明記した鉄筋SD295Aが規定通りの耐力であることを監理者が確認しました。しかし、その耐力が満足しているにも関わらず何らかの問題(事由)が発生した場合、当然、受注者に責任はありません。

ただし、設計図通りの仕事が出来ていない場合、受注者側が責任を負います。例えば、鉄筋の配置が@100のところ@150になっている場合など。

 

ややこしや~。でも頭を整理して考えれば、ごく当たり前のこと。皆さんも、受注者と監理者、発注者の関係には気をつけましょうぜ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  2. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  3. 建築は道路に支配されている、と言う話
  4. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  5. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    平成29年度 一級建築士の結果報告の件

    皆さんこんにちわ。tyaukeです。先日一級建築士を終えてのブ…

  2. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?

    ども、tyazukeです。一級建築士と二級建築士の違いって何で…

  3. 一級建築の試験勉強

    商売のカモにできる、建築学生の特徴について

    ども、tyazukeです。以前、こんな記事を書きました。…

  4. 一級建築の試験勉強

    月額500円で、日建学院の過去問題5年分が勉強できる件

    ども、tyazukeです。独学組の皆さんは、どんな問題集を使っ…

  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について

    ども、tyazukeです。一級建築士に合格する人って、「一級に…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  2. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  4. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
PAGE TOP