一級・二級建築士の勉強法

最終更新日: 2017.09.3

【一級勉強】受注者の責任と設計図の関係について

一級建築士の施工問題で、受注者、監理者、発注者の権利や責任の問題が必ず出題されます。これ案外ややこしくて中途半端に覚えていると罠に引っかかります。

例えばこんな問題。

  • 設計図書において監理者の検査をうけて使用すべきものと指定された工事材料または建築設備の機器で、当該検査に合格しなかったものは、受注者の責任においてこれを引き取る。

受注者の部分が○か✖どちらでしょうか。

 

正解は、○です。ぱっと見、✖かなと思ったりするのですが、よく考えましょう。例えば設計図に書いてある鉄筋を検査することになりました(本当にするかどうかは置いといて)。

そもそも工事材料は設計図に書いてある性能を持つものを、施工側が用意します。設計図通りの性能がない材料が使われていた場合、当然、それを発注した施工側が悪いことは明らか。

よって以上のように、不適切な工事材料が使われていた場合は、受注者の責任なのです。

一方、約款の17条では状況に応じた責任の有無が明記されています。

スポンサーリンク

 

図面に書いてある事由に関しては、受注者はその責任を負わない

例えば次の項目に関する場合、受注者はその責任を負いません。

  • 支給材料
  • 貸与品
  • 図面・仕様書に指定された工事材料、建築設備の機器の性質、施工方法

これは先ほどの内容と似ていますが、少し違う。例えば、図面に明記した鉄筋SD295Aが規定通りの耐力であることを監理者が確認しました。しかし、その耐力が満足しているにも関わらず何らかの問題(事由)が発生した場合、当然、受注者に責任はありません。

ただし、設計図通りの仕事が出来ていない場合、受注者側が責任を負います。例えば、鉄筋の配置が@100のところ@150になっている場合など。

 

ややこしや~。でも頭を整理して考えれば、ごく当たり前のこと。皆さんも、受注者と監理者、発注者の関係には気をつけましょうぜ。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 独立したい!建築業で独立する前に考えるべき4つのこと
  2. 建築は道路に支配されている、と言う話
  3. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  4. どんな生き方をしたい?好きな仕事より、好きな生き方を考えよう
  5. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。

関連記事

  1. 一級・二級建築士の勉強法

    総合資格学院の講師陣は、いったい何者か?

    ども、tyazukeです。総合資格の講師陣って何者か気になりま…

  2. 一級・二級建築士の勉強法

    構造計算適合性判定を省略できる建築物とは?

    僕がこの業界に入った頃から、適合性判定制度は「あった」わけですが、そう…

  3. 一級・二級建築士の勉強法

    建築士試験の時間は?時間割と休憩時間の使い方

    ども、tyazukeです。あなたは 「建築士試験は何時から?…

  4. 一級・二級建築士の勉強法

    【徹底比較】一級建築士の定期講習費用が安い機関「9選」

    ども、tyazukeです。一級建築士を取得すると、3~5年以内…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級・二級建築士の勉強法

    二級建築士の難易度と必要な勉強時間は?学科試験って本気出せば〇日で受かる?
  2. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士試験が直前に迫る!試験7日前の過ごし方、直前の勉強
  3. 建築業界の分析

    なぜ伊東豊雄事務所は、安藤忠雄事務所よりも有名建築家(弟子)を輩出できたのか?
  4. 建築業界の分析

    ALC版の許容スパンは、同じ荷重でも各メーカーで違う件
  5. 構造設計の話

    直感で構造設計を理解する方法とは?
PAGE TOP