一級・二級建築士の勉強法

最終更新日: 2017.09.3

総合資格学院の講師は、どうすればなれる?

ども、tyazukeです。

総合資格学院の講師陣は全員が非常勤講師です。本業の給料だけじゃ満足できないって人で、講師をしている人が多いでしょう(勝手な予測)。

今回は、そんな本業以外の仕事で総合資格の講師をやりたい人のために、講師のなり方を調べてみました。

スポンサーリンク

 

一級建築士であることが前提

一級建築士の資格勉強を教えるので、一級建築士であることが前提条件。逆に、それ以外の規定がないので極端に言えば、一級を取得した瞬間から予備校の講師にはなれます。

募集人数は「積極的に募集中」ということで、人手が足りてないんだなぁ・・・と何となく予想。

一級建築士持ちで、応募すれば受かると思っておけば良いでしょうか。

 

待遇は7万円/月くらいかな?

ボランティアで講師をやるわけじゃないですから。待遇を確認しますよ。

■各種資格講座により勤務時間・講師料は異なるため、各校の説明会にお越し下さい。(履歴書・職務経歴書持参)
■交通費(公共交通機関の交通費)は全額支給いたします。
■各先生方の合格実績により、報奨金や評価制度を設けております。
■業務委託契約となります。
■労災保険にも加入していただきます。

この情報だけだと何もわかりませんね・・・。そこで、ネットでで非常勤講師の給料や手取りを調べてみると、1コマ3000円くらいのようです。

総合資格の講義時間が9:30~15:45なので、大体6時間勤務。1時間=1コマと考えると、6x3000=18000円/日。

 

但し、総合資格は水・土・日が講義のある日です。3日全て出勤するとは考えにくいので、週1回だけと考えると、4×18000=72000円/月が講師としての収入でしょうか。

週一回のお小遣い稼ぎとしてはまあまあかな、という印象。

 

募集から選考の流れ

下記の流れで非常勤講師が決まります。

  1. 履歴書・職務経歴書を総合資格へ送る。
  2. 所定の連絡先へ、上記を送ったこと講師応募の旨をメールで連絡
  3. 書類審査を通過したのち、面積・説明会
  4. 面接を通過したのち、各講座ごとに模擬講義・集合研修にて選考

意外とステップが多いですね。でも積極的に採用、と書いてあるので一級建築士持ちなら難なく合格するでしょう。

 

応募方法・連絡先

応募方法や連絡先は下記の通り。一級建築士持ちで、お金を持っていて、時間のある人は応募してみては。

必須項目(お名前、希望資格等)をご入力の上、履歴書・職務経歴書を添付し、
下記連絡先までご応募ください。

MAIL
koshi@shikaku.co.jp

 

 

まとめ

今回は、総合資格学院の講師のなり方を調べてみました。実際に連絡してみないと講師料はわかりませんが、おそらく時給2000~3000円の範囲内かなと。

ただ実際の講義時間もそうですが、講義前の自主勉強もあるので時給はもう少し下がると思います。

 

コンビニのバイトやるよりは、いいのかなぁ・・・。そんなレベルのお仕事です。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  2. 中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?
  3. 建築設計を辞めたい3つの理由と、答えを導く3チェック、実際に僕が退職して思うこと…
  4. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  5. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方

関連記事

  1. 一級・二級建築士の勉強法

    総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件

    ども、tyazukeです。平成29年度の一級建築士試験が終わっ…

  2. 一級・二級建築士の勉強法

    転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件

    ども、tyazukeです。転職サイトをみていると前職に対する恨…

  3. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級勉強】受注者の責任と設計図の関係について

    一級建築士の施工問題で、受注者、監理者、発注者の権利や責任の問題が必ず…

  4. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】

    学問に王道なしと言います。つまり色んな方法がある、ということ。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築屋さんの転職

    MIIDASで適正年収を調べたら、年収が1.7倍に増えた件
  2. 一級・二級建築士の勉強法

    日建学院の講義の特徴3つ、受講料、総合資格との違い
  3. 建築業界の分析

    隈研吾氏が唱える「小さな建築」とは何か?
  4. 一級・二級建築士の勉強法

    月額500円で、日建学院の過去問題5年分が勉強できる件
  5. 建築業界の分析

    隈研吾氏に学ぶ、社員を大事にするちょっとした心遣い
PAGE TOP