一級・二級建築士の勉強法

最終更新日: 2019.10.13

二級建築士の難易度と必要な勉強時間は?学科試験って本気出せば〇日で受かる?

ども、tyazukeです。

あなたは

  • 「二級建築士の難易度は?」
  • 「二級建築士の合格に必要な勉強時間は?」
  • 「二級建築士の合格点は?」

と思っていませんか。

 

僕は、平成30年度に受験した一級建築士の学科試験を合格しました。2回目の受験で合格しています。

二級建築士を受験したことは無いですが、僕が受験した一級建築士は二級建築士の上位資格です。

今回は二級建築士の必要な勉強時間、難易度を考えたので紹介します。ちなみに一級建築士の難易度はこちら⇒ 一級建築士の学科試験は本当に難しいのか?難易度を再考察してみた。

勉強法はこちら⇒ 【まとめ】一級建築士試験の学科対策と合格するためにやったこと、やらなかったこと

僕は昔、総合資格に通っていました。その感想はこちら⇒ 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話

スポンサーリンク

二級建築士の学科試験は、18日あれば合格できる

「18日って短すぎるだろ!」と思う方もいるでしょう。確かにそうですが、一級建築士の学科試験を60日で合格する人もいるので、全く無理ではないと思います。

下記に、18日で合格できる根拠を書きました。

理由① 合格点が低い

理由その1。合格点が低いこと。僕が実際に受けた一級建築士の試験と比較しますが二級建築士の合格点はとても低い。100点中たった59点です。

昔の一級建築士も、この水準で良かったのですが。二級は今でもそう。皆さん!40問も間違えて良いんですよ!

しかも5択ですからね。当てずっぽうに回答しても20%は当たる。つまり、残り40%だけ理解すれば良い。

ね、簡単でしょ?

理由② 科目数が少ない

一級建築士と比べると科目数が1つ少ないんです。一級建築士は5つあるのに、二級建築士は4つ(二級建築士は計画と環境が同じ科目です)。

つ・ま・り、勉強時間が少なくて済む。一級建築士を合格するためには学習時間は1000時間必要と言われています。

 

が、僕は懐疑的です。

僕は一級建築士の試験を初めて受けました。学習時間は350時間。それでも87点(この年、合格総合点は87点でした)。残り3点を取るために、仮に2倍の時間が必要だとしても、350x2=700時間。

1000時間もいらないでしょう。

理由③ 合格者数を多めに定めている。

去年の学科合格率をみましょう。

  • 42.3%!

なんと驚きの高水準。受験した人の4割が学科を通過しています。

 

一級建築士試験の場合、合格率はある程度調整されます。30%、40%も合格率が高くならないように、相対的に合格点の水準を上げるのです。

二級建築士はどうやら違うみたいです。点数を取れた人がその分、合格できるような資格になっていると思います。

 

でないと平成25年の合格率28%に対して、平成28年の合格率43%という開きは生まれませんからね。

勉強すれば受かる。それが二級建築士です。つまり、余裕で合格できる資格。

二級建築士の互角に必要な時間

ここからは一級建築士に必要な時間に対して、二級建築士に必要な時間を計算していきますね。

まず一級建築士に必要な時間は、700時間あれば十分と思います。

 

次に二級と一級で、科目数は1つ少ない。つまり、

  • 4科目/5科目=0.8掛け程度の勉強量で済むということ。

 

次に合格点が低いことも考慮します。一級建築士は72%の正答率が求められます。二級建築士は60%です。

  • 60%/72%=0.85掛けの勉強量で済むということ。

 

以上を考慮します。

  • 700時間×0.8×0.85=476時間。

です。ただ、ぶっちゃけ476時間必要無いと思います。一級建築士の試験を受けた勘ですが、200時間くらいで良いかと(計算の意味・・・)。

なぜなら試験の難易度は一級に比べて明らかに低いからです。一級と二級では半分位の難易度と思っています。だから200時間。

 

で、丸一日空いている計算で12時間くらい勉強しましょう。これを2週間ぶっ続けます。すると17日。1日はじっくり寝る時間をとると18日。

賢明なあなたなら、本当に18日で合格しようと考えないと思いますが、「時間が足りない!」と悩む方は勇気が出たのでは無いでしょうか。

もちろん18日で合格できます!という予備校は無いので独学は必須です。よって市販の過去問を購入しましょう。

定番ですが、下記の2冊は二級建築士の試験対策としておすすめです。

平成31年度版 2級建築士試験学科過去問スーパー7

 

他の口コミはこちら⇒ スタンダード 二級建築士 2018年版

 

もし「独学は不安」という方は、資格の学校TACはいかがでしょうか。大手2社の予備校に比べて、半額で受講できます。僕も実際に通っていますが、コスパは最強ですよ。

あ、ちなみに「TACなんて聞いたこと無い」という方、会社の規模としてはTACの方が、遥かに大きいですからね。上場企業なので。安心して良いかと。

大手資格学校の半額で受講するなら資格の学校TAC<建築士>各種コース開講

まとめ

二級建築士の試験は本気を出せば18日で受かる、と思う。あとは本人の頑張り次第ですね。

試験勉強を加速させる方法はこちら⇒ 一級建築士の勉強が加速する、短期間で効率的に終わらせる勉強法

総合資格など大手資格学校が気になる方は、コチラの記事もどうぞ⇒ 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  2. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  3. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  4. 露出柱脚のキレイな納め方のコツは?
  5. 建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?

関連記事

  1. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士合格者が語る、「受験中のエピソード」について

    ども、tyazukeです。一級建築士に合格したものなら、誰しも…

  2. 一級・二級建築士の勉強法

    平成30年度の一級建築士試験学科の結果と感想、勉強法

    ども、tyazukeです。7.22に一級建築士学科試験が行われ…

  3. 一級・二級建築士の勉強法

    構造計算適合性判定を省略できる建築物とは?

    僕がこの業界に入った頃から、適合性判定制度は「あった」わけですが、そう…

  4. 一級・二級建築士の勉強法

    総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件

    ども、tyazukeです。平成29年度の一級建築士試験が終わっ…

  5. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ

    ども、tyazukeです。独学組の皆さんはどういった勉強を実践…

  6. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選

    ども、tyazukeです。一級建築士の試験は並大抵の勉強量では…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築業界の分析

    何でもかんでも建築的に解決しようとするな、という話
  2. 建築屋さんの転職

    建築設計を辞めたい3つの理由と、答えを導く3チェック、実際に僕が退職して思うこと…
  3. 建築屋さんの転職

    MIIDASで適正年収を調べたら、年収が1.7倍に増えた件
  4. 建築業界の分析

    建築素人におすすめする、建築物の見方について
  5. 一級・二級建築士の勉強法

    特定構造計算規準とは何か?
PAGE TOP