構造設計に関すること

  1. 鋼の降伏とは何を意味するのか?

    現代の構造設計は、終局強度を考慮した設計が当たり前になってきました。部材の塑性を考慮し、地震力をいかにエネルギー吸収できるか、という観点で設計するのです。…

  2. 角鋼管柱に小梁を取り付ける時の、支点間距離の考え方

    鉄骨小梁を計算するとき、スパンは皆さんどう設定していますか?小梁は普通、大梁に対して設けます。ですから、通り芯で計算する人、大梁芯で計算する人など、様々…

  3. 構造計算における定性的な性状を覚えることの重要性

    先日、古いRC規準(1988年版)を読んでいました。耐震壁が回転するときのD値の計算方法について。ざっくり説明しますと、耐震壁は基礎固定のときと基礎が回転する場…

  4. 防腐処理していない木材を使って柱が折れた話

    誤解のあるタイトルですが、建物の話では無いのであしからず。以前、実家の庭にハンモックを吊るための「ちょっとしたDIY」をしました。構造というと大げさです…

  5. 基礎が回転する耐震壁のD値の考え方について

    普通、建物の基礎は固定で計算します。ここで言う固定は「固定端」のように、支点が曲げモーメントを伝達する意味とは違います。基礎固定とは、鉛直荷重や水平荷重…

  6. 大きい柱は弱い、小さい柱は強い?

    構造設計をしている方なら、架構を見ただけでどこに力が集まりそうか、大体検討が付くものです。原理的には剛性が大きくかかわっていて、剛性の高い部材には力が集まり、剛…

  7. 地震で建物は倒壊して良い?

    元々、建築は自然の脅威から身を守るためのハコでした。猛獣や雨、台風、地震など。それが現代では様々な用途となり、「身を守るためのハコ」と言うには意味が多すぎるよう…

  8. 「佐野震度」について。昔の本は本当に勉強になる、その2

    引き続き、前回の記事から↓http://imayomu-kentiku.jp/?p=1997昔と今で大きく違っている設計方針が「震度(せん断力係…

  9. 武藤清の力学本は読み応えがあって良いですね。

    昔の力学本は読み応えがあってとても良いです。もちろん、過去の本ですから基準法にそぐわない説明も多々あるのですが(例えばせん断力係数の考え方など)、力学に…

  10. 効率的な部材と断面性能、重量との関係について

    ども、tyazukeです。何十年も前にやりつくされた議論ですが、今回は「どの断面が効率的か?」ということを考察していきます。本当は、直感的に理解できれば…

  1. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  2. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
PAGE TOP