構造設計の話

  1. 【書評】ゼロから始める建築知識「鉄骨造」を読んで

    本書はエクスナレッジが出版している「ゼロから始める建築知識シリーズ」の1つ。エクスナレッジは、初心者向けに分かりやすい本を出版しています。表紙もデザインされ…

  2. ラーメン構造は必ず梁降伏にすべきなの?

    久々の更新で、今日はこんなテーマについて。先輩から、ラーメン構造は必ず梁降伏が基本と言われたので、本当かいな?という疑問です。まず事実をおさえておくと、…

  3. 天秤になる部材は気を付けよう。

    最近読んだ本の紹介ばかりしていますが・・・。もちろん毎日構造設計もしています。基本的にこのブログは仕事で起きたこと、不満に思うこと、新しく勉強できたことを書いて…

  4. 3人の構造家と1人の研究者と会った話。

    社会人になりたてのころ、構造家と構造系研究者が集まる会食に参加したことがあります。なぜ、自分がそんな高尚な場に呼ばれたのか、と言えば大学院時代の先生が数合わせに…

  5. 地盤調査報告書って誰かチェックしているの?

    地盤調査報告書のチェックって誰が行っているのでしょうか。お施主さんが確認できるはずもないし、構造設計者だって細かい内容はわからない。つまり誰もチェックし…

  6. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?

    ども、tyazukeです。皆さん杭頭補強筋の定着長さをどうやって決めていますか?杭頭を固定とするためには、杭を所定の長さ埋め込む方法と、杭頭補強…

  7. 片持ち梁のハンチ部は断面算定を忘れないように。

    意匠上の納まりで先端を絞ってほしい、と言う要望があります。鉄骨でもRC造でも有りうることなのですが、案外忘れがちなのがハンチ部の断面算定です。電算に入力すれば、…

  8. 増打ちによる水勾配があるスラブの、固定荷重の考え方について

    例えば屋根、1階の床は集水する目的で水勾配をつけます。構造設計の実務をしてらっしゃる方は、当たり前に知っている事実かと思いますが。このとき、大抵は増し打…

  9. 降伏比は何を意味するのか?SS400をルート3で使って良い?

    SN材(建築用鋼材)は降伏比の上限規定しています。なぜか?皆さんご存知のように、降伏比が大き過ぎるとエネルギー吸収の観点で不利だからです。おさら…

  10. 鋼の降伏とは何を意味するのか?

    現代の構造設計は、終局強度を考慮した設計が当たり前になってきました。部材の塑性を考慮し、地震力をいかにエネルギー吸収できるか、という観点で設計するのです。…

  1. 一級・二級建築士の勉強法

    日建学院の講義の特徴3つ、受講料、総合資格との違い
  2. 建築屋さんの転職

    設計事務所への就職はどう?種類、仕事内容、給料、労働環境など
  3. 建築屋さんの転職

    隈研吾に学ぶ、世の中の空席を見つけ勝つ方法
  4. 構造設計の話

    アンカーボルトのABMとABR、この違い知っていましたか?
  5. 建築業界の分析

    これで悩まない!設計GLとKBMの関係について
PAGE TOP