構造設計

スポンサーリンク
構造設計

ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。

ども、tyazukeです。 今回は構造目線で考えよう、の第二弾。 って、「んなもん知るか」という声が聞こえてきそうですが・・・、昔こんな記事を書きました。 生活にまつわる身近なことを構造目線で考えよう、という趣旨で...
構造設計

既製柱脚の性能の違いは?メーカー5社の性能を比較してみた

ども、tyazukeです。 「ベースパックとハイベースの違い」 って気になりませんか。 鉄骨造で一番既製品が使われる箇所の1つが「柱脚」、だと思います。 なんたって設計は早いし(電算に放り込んで、図面は型番を描いて、...
建築屋さんの転職事情

構造一級建築士の平均年収と、構造屋さんの年収の上げ方

ども、tyazukeです。 あなたは 「構造一級建築士になると年収はどのくらい?」 「構造一級建築士の平均年収は?」 と思っていませんか。 僕も気になっていました。構造屋さんは一級建築士をとっても一人前じゃ...
構造設計

鉄骨造は、応力よりも変形のチェックを主体的にすると、実現象としての問題は少ない

ども、tyazukeです。 鉄骨造って設計が簡単なだけに、注意することも多いと思うんですよ。RCはよく分からないことが多い分、計算結果よりも耐力が高いことが多いし。 鉄骨は計算と実現象が一致する分、計算ミスが実際の問題に発展しや...
構造設計

地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

ども、tyazukeです。 日本は地震国です。地震によって大きな被害を受けた歴史があります。だけど、それは建物が崩れて瓦礫の下敷きになったとか、建物が燃え広がったという被害です。 2011年の東日本大震災では地震によって...
建築学生の就活

図面の縮尺がわからない?縮尺が合わない図面の三角スケールの使い方

ども、tyazukeです。 「縮尺がわからない」 図面ってありますよね。 今でも建築業界では紙の図面を沢山使います。打ち合わせでも紙をバサッと広げて三角スケールで寸法を測ります。 基本設計時の意匠図は寸法の描きこみが...
構造設計

ALC版の許容スパンは?同じ荷重・厚さでも各メーカーで違う件

ども、tyazukeです。あなたは 「ALC版の許容スパンは?」 と思っていませんか。 屋根や床にALC版を使うことがあります。荷重が軽くて構造としては助かります。設計も簡単ですし。ただ、いくつか注意点もあります⇒ 屋...
構造設計

杭施工誤差が生じた時の対処法について

ども、tyazukeです。 現場が始まると、色々と変更が生じますよね。中でも杭の施工誤差(杭ズレ)は必ずと言っていいほど、発生します。杭芯ピタリの位置に設定するのは、中々難しいのです。 さて、構造屋として興味があるのは、杭の施工...
構造設計

鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法

ども、tyazukeです。 鉄骨造の納まりで注意することは、大梁の「梁段差」です。梁段差が小さすぎると、内ダイアフラムが納まらないためです。 では、梁段差は何ミリまで許容できるのか。どうすれば段差を解消できるのか、考えていきます...
構造設計

マンションの手すりは大丈夫?危険だと思った方がいいよ

ども、tyazukeです。 マンションには必ずベランダがあります。で、ベランダに出ると手すりがありますよね。全部RCの手すりもあれば、部分的にアルミや鋼製手すりの場合も有ります。こういうやつですね。 この手すりに、布団を...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました