構造設計に関すること

カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

何のことだ、と思われたかもしれません。

「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

実は、著名な構造家サンチャゴ・カラトラバの言葉なのです。日本には佐々木睦郎氏という構造家がいますが、スペインにはカラトラバあり。

彼が生み出す有機的でダイナミックな構造形式は見る人を驚かせます。

 

 

この独特な形状を生み出せるのは、カラトラバの他にはいません。彼の考える構造形式は、「命」です。人の動きや動物の体を見て、彫刻のような建築や土木構造物を創造します。

以前、カラトラバに関する記事を書きました。

【書評】サンチャゴ・カラトラバの考える構造設計の特徴

「建築家の講義」シリーズのカラトラバを読むと、カラトラバが授業を行っている様子が描かれています。彼が学生たちに向かって、ある模型を見せました。

その写真を掲載できないのが残念ですが、丸い石で紐で吊るし、その吊るした先には積み木で構成して、積み木同士をまた糸で引張・・・というような力が伝達する仕組みをつくってみせたのです。

そして、こう言いました。

「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

この言葉には、目が覚めましたね。優れた構造設計者であり、彼は建築家でもある。構造設計者は縁の下の力持ち、等と言われます。が、彼は違う。彼には、

構造設計者こそ優れた表現者だ

という自負さえ感じられます。そして、それは間違いありません。

「ただ吊るだけじゃ勿体ない。もっと遊んでみなよ。」

と、カラトラバからの大事なメッセージが込められていました。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  2. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  3. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  4. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  5. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    3人の構造家と1人の研究者と会った話。

    社会人になりたてのころ、構造家と構造系研究者が集まる会食に参加したこと…

  2. 構造設計に関すること

    人は何キロの衝撃で死に至るのか?地震と圧死の関係について

    地震で、頭上に物が落下すれば生命の危機です。地震による死亡被害で、溺死…

  3. 構造設計に関すること

    えーーっと。会社員と独立した設計者を比較しないでください。

    ウチの事務所は構造部の規模が小さくて、結構外注を使います。僕の場合、外…

  4. 構造設計に関すること

    角パイプの柱は要注意。新しい板厚は納期が遅い。

    鉄骨造の柱でコラム(BCRやBCP)は最も一般的ですね。H鋼で柱を造る…

  5. 労働のこと

    50㎡の建物が確認申請を出すまで1年かかって病んだ件。

    仕事は早く終わるほど精神衛生上良いものです。僕が入所しているブラック事…

  6. 構造設計に関すること

    RC梁せいはスパンの1/10で決めるのは、なぜ?

    ども、tyazukeです。RC規準を読み進めると、色々な発見が…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  2. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  3. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  4. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP