構造設計に関すること

剛体について 計算外とは何か?

実務をしてから驚いたことの1つ、それが『計算外』という言葉です。計算外とは、計算をしなくても明らかにOKということ。

一番簡単な例でいうと、『剛体』です。

スポンサーリンク

 

剛体とは何か?

剛体とは全く変形しない部材です。全く変形しない物に力を加えるとどうなるか?これは剛体が『平行移動』します。剛体は自らの形は保ったまま、移動するだけ。

ゆえに、剛体自身には変形も応力も発生しません。

 

計算外になる部材は?

例えば『RC壁』です。設計条件によっては、全く変形しない剛体となります。

また、荷重が一切作用しない部材も計算外です。例えば鉄骨部材のように、軽い材料で外力がなければ計算外としてOKです。

他にも、意匠上設けた『RC壁』とか。

 

仕様規定=計算外。

仕様規定とは、『この通りに図面を描けば計算しなくていいよ。』というもの。例えば、黄色本には柱脚のアンカーボルト本数や長さ等細かい規定があります。

ただ、仕様規定は必然的に不経済となります。計算したほうが少ないボルト本数にできるからです。

 

鉄骨小梁のボルト本数は計算外で決めている。

鉄骨小梁のボルト本数は、実際いちいち計算しません。では、どうやって本数を決めているかというと?
・梁せい200→2本
・梁せい300→3本
・梁せい400→4本
といったように決めます。

ボルト径は小さい規模の建物だと、M16で十分です。ただし、荷重が大きいとせん断力のチェックも必要です。

 

まとめ

もしかすると、事務所ごとに計算外の決め方も違います。

上司の経験でこんな部材は計算しなくても持つ。というのが計算外となるかもしれませんね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  2. 大学教授は上手い商売なのか
  3. 業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。
  4. 失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法
  5. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。

    椀の上に箸をおくとき、本を積むとき、私たちは、『落ちないように、崩れな…

  2. 構造設計に関すること

    鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて

    ども、tyazukeです。RCに比べて、鉄骨造はねじれの耐性が…

  3. 本の紹介

    【書評】初めての建築構造設計

    入社したての頃、右も左も分からない状態で構造設計をしていました。僕が入…

  4. 構造設計に関すること

    許容曲げ応力度を算定する2式で、値はどれくらい違うか?

    許容曲げ応力度を算定するとき、fb=89000/(lb×h/Af)と、…

  5. 構造設計に関すること

    カラトラバの美しい建築をみよう。

    フランクゲーリーが『98%の建築はクソだ。』と言ったので糞じゃない建築…

  6. 本の紹介

    本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 

    ども、tyazukeです。鉄骨造の授業は大学3年生ごろから始ま…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  4. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  5. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
PAGE TOP