構造設計に関すること

剛体について 計算外とは何か?

実務をしてから驚いたことの1つ、それが『計算外』という言葉です。計算外とは、計算をしなくても明らかにOKということ。

一番簡単な例でいうと、『剛体』です。

スポンサーリンク

 

剛体とは何か?

剛体とは全く変形しない部材です。全く変形しない物に力を加えるとどうなるか?これは剛体が『平行移動』します。剛体は自らの形は保ったまま、移動するだけ。

ゆえに、剛体自身には変形も応力も発生しません。

 

計算外になる部材は?

例えば『RC壁』です。設計条件によっては、全く変形しない剛体となります。

また、荷重が一切作用しない部材も計算外です。例えば鉄骨部材のように、軽い材料で外力がなければ計算外としてOKです。

他にも、意匠上設けた『RC壁』とか。

 

仕様規定=計算外。

仕様規定とは、『この通りに図面を描けば計算しなくていいよ。』というもの。例えば、黄色本には柱脚のアンカーボルト本数や長さ等細かい規定があります。

ただ、仕様規定は必然的に不経済となります。計算したほうが少ないボルト本数にできるからです。

 

鉄骨小梁のボルト本数は計算外で決めている。

鉄骨小梁のボルト本数は、実際いちいち計算しません。では、どうやって本数を決めているかというと?
・梁せい200→2本
・梁せい300→3本
・梁せい400→4本
といったように決めます。

ボルト径は小さい規模の建物だと、M16で十分です。ただし、荷重が大きいとせん断力のチェックも必要です。

 

まとめ

もしかすると、事務所ごとに計算外の決め方も違います。

上司の経験でこんな部材は計算しなくても持つ。というのが計算外となるかもしれませんね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  2. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  3. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  4. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  5. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。

    椀の上に箸をおくとき、本を積むとき、私たちは、『落ちないように、崩れな…

  2. 構造設計に関すること

    安全性の証明は不可能?世間を賑わせている杭の話。

    最近、世間を賑わせている杭の話、一体何が起きたのか調べて整理しました。…

  3. 構造設計に関すること

    溶融亜鉛メッキ高力ボルト大臣認定品とする件

    ども、tyazukeです。1年間に1回は謎の独立庇を設計するこ…

  4. 構造設計に関すること

    数学苦手だった僕が構造設計者になって悩んだこと。

    僕は学生の頃から数学が苦手でした。数式やら公式を誘導するとか、正直わか…

  5. 労働のこと

    構造設計がどんな仕事が知りたい?誤解されている点も説明するよ。

    このブログでは建設業界の労働環境に切り込んできました。また断片的に『構…

  6. 構造設計に関すること

    RC造の使用性と損傷制御性と安全性について

    ども、tyazukeです。RC規準書の1章ってあまり読んだこと…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  3. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP