構造設計に関すること

剛体について 計算外とは何か?

実務をしてから驚いたことの1つ、それが『計算外』という言葉です。計算外とは、計算をしなくても明らかにOKということ。

一番簡単な例でいうと、『剛体』です。

スポンサーリンク

 

剛体とは何か?

剛体とは全く変形しない部材です。全く変形しない物に力を加えるとどうなるか?これは剛体が『平行移動』します。剛体は自らの形は保ったまま、移動するだけ。

ゆえに、剛体自身には変形も応力も発生しません。

 

計算外になる部材は?

例えば『RC壁』です。設計条件によっては、全く変形しない剛体となります。

また、荷重が一切作用しない部材も計算外です。例えば鉄骨部材のように、軽い材料で外力がなければ計算外としてOKです。

他にも、意匠上設けた『RC壁』とか。

 

仕様規定=計算外。

仕様規定とは、『この通りに図面を描けば計算しなくていいよ。』というもの。例えば、黄色本には柱脚のアンカーボルト本数や長さ等細かい規定があります。

ただ、仕様規定は必然的に不経済となります。計算したほうが少ないボルト本数にできるからです。

 

鉄骨小梁のボルト本数は計算外で決めている。

鉄骨小梁のボルト本数は、実際いちいち計算しません。では、どうやって本数を決めているかというと?
・梁せい200→2本
・梁せい300→3本
・梁せい400→4本
といったように決めます。

ボルト径は小さい規模の建物だと、M16で十分です。ただし、荷重が大きいとせん断力のチェックも必要です。

 

まとめ

もしかすると、事務所ごとに計算外の決め方も違います。

上司の経験でこんな部材は計算しなくても持つ。というのが計算外となるかもしれませんね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話
  2. アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件
  3. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  4. 一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」
  5. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    保有水平耐力時の耐力が上がらないとき 層間変形角1/200の規定

    ども、tyazukeです。RC造で公共物件を設計するとき、2次…

  2. 構造設計に関すること

    【技術大国の崩壊】構造設計者の倫理観 その2 東洋ゴムの件

    以前、『構造設計者の倫理観』というタイトルで記事を書きました。その数日…

  3. 構造設計に関すること

    擁壁の安定モーメントはどうやって算定する?

    僕のフリーアドレスに日建学院からのメールが入っていました。「構造計算 …

  4. 建設業界のこと

    防腐処理していない木材を使って柱が折れた話

    誤解のあるタイトルですが、建物の話では無いのであしからず。以前、実家の…

  5. 構造設計に関すること

    数回の地震に耐える建築物の設計とは?

    熊本地震が起きて構造設計者が感じたこと。それは、『今後は数回の地震に耐…

  6. 構造設計に関すること

    武藤清の力学本は読み応えがあって良いですね。

    昔の力学本は読み応えがあってとても良いです。もちろん、過去の本…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  2. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
PAGE TOP