構造設計に関すること

応力を算定する時本当に反力は必要なのか?

今回の記事は、オチも何にもありませんので、あしからず。突然、学生時代から考えていた疑問が再発しまして・・・。

僕が知っている限り、応力を求めるためには必ず反力が必要になります。もちろん実務的には、例えば等分布荷重単純梁の曲げモーメントがwl^2/8のように、荷重とスパンの関係だけで求めています。

しかし、「wl^2/8」を導く場合、まず力の釣り合い式を組み立てて、水平、鉛直、曲げの釣り合いから、両端部の反力を算定します。

その反力から最大部の曲げ(スパンの中央)を算定するのです。一連の計算結果が「wl^2/8」になります。

 

一方、実現象は?というと、「まず部材に荷重が作用する」⇒「荷重により応力が発生する」⇒「応力(梁ならせん断力と曲げ)が支点まで伝わり、反力が発生する。」のように、荷重は梁から支点へ伝わります。

つまり、反力は応力が支点に伝わった結果であって、応力の値は反力が分かる前に既知となっています。

荷重が支点まで伝わるにも「時間差」があるでしょうから、支点に伝わるより早く応力は既知である、と言えるのです(例えば支点間距離の中央の応力など)。

 

僕は学生時代にコレが良くわからなくて悩んでいました。

「なぜ応力を求めるために反力が必要なのだ」、「応力が伝わって反力じゃないのか」と。つまり、反力なんか求めなくたって、応力は発生しているじゃないか!という疑問。

例えば実験では、反力なんて求めずに応力を知ることができます。歪ゲージを取り付けた状態で荷重を作用させれば、歪と荷重の関係から「応力」は明らかです。

これは理論と実現象の矛盾でしょうか?特に話題になることが無いので、僕が理論を見落としていると思いますが・・・。

「反力」と「応力」。まだまだ奥が深いな、と思う話でした。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話
  2. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  3. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  4. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  5. 耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?

    ども、tyazukeです。基礎の接地圧を計算するとき、e/Lを…

  2. 一級建築の試験勉強

    主要構造部と構造耐力上主要な部分は何が違うの?

    現在、絶賛一級建築士の勉強中です。何を隠そう僕は一級建築士を無取得組で…

  3. 構造設計に関すること

    ねじり曲げを受ける部材の対処法とねじれ曲げ耐力の算定

    ども、tyazukeです。確認申請や適合性判定で『ねじれません…

  4. 労働のこと

    建築や構造に関する『熱』が薄れていく中で・・・。

    以前からブログで書いている通り、僕は建築や構造に関する『熱』を既に失っ…

  5. 構造設計に関すること

    RC造ルート1の設計はAw=0の場合、適用できないから気をつけましょう

    1年目。入社して1ヶ月経った頃、隣の先輩にポイと図面を渡されました。「…

  6. 建設業界のこと

    優秀な構造家が育つ、組織の在り方とは?

    ども、仕事は大してしないのに組織論が好きなtyazukeです。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP