構造設計に関すること

応力を算定する時本当に反力は必要なのか?

今回の記事は、オチも何にもありませんので、あしからず。突然、学生時代から考えていた疑問が再発しまして・・・。

僕が知っている限り、応力を求めるためには必ず反力が必要になります。もちろん実務的には、例えば等分布荷重単純梁の曲げモーメントがwl^2/8のように、荷重とスパンの関係だけで求めています。

しかし、「wl^2/8」を導く場合、まず力の釣り合い式を組み立てて、水平、鉛直、曲げの釣り合いから、両端部の反力を算定します。

その反力から最大部の曲げ(スパンの中央)を算定するのです。一連の計算結果が「wl^2/8」になります。

 

一方、実現象は?というと、「まず部材に荷重が作用する」⇒「荷重により応力が発生する」⇒「応力(梁ならせん断力と曲げ)が支点まで伝わり、反力が発生する。」のように、荷重は梁から支点へ伝わります。

つまり、反力は応力が支点に伝わった結果であって、応力の値は反力が分かる前に既知となっています。

荷重が支点まで伝わるにも「時間差」があるでしょうから、支点に伝わるより早く応力は既知である、と言えるのです(例えば支点間距離の中央の応力など)。

 

僕は学生時代にコレが良くわからなくて悩んでいました。

「なぜ応力を求めるために反力が必要なのだ」、「応力が伝わって反力じゃないのか」と。つまり、反力なんか求めなくたって、応力は発生しているじゃないか!という疑問。

例えば実験では、反力なんて求めずに応力を知ることができます。歪ゲージを取り付けた状態で荷重を作用させれば、歪と荷重の関係から「応力」は明らかです。

これは理論と実現象の矛盾でしょうか?特に話題になることが無いので、僕が理論を見落としていると思いますが・・・。

「反力」と「応力」。まだまだ奥が深いな、と思う話でした。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  2. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  3. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  4. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  5. 耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて

関連記事

  1. 建築のこと

    CLT建築ってどーなのよ。あれこれ口を出します。

    最近にわかに名前を聞くようになった「CLT」。ツイッターのタイムライン…

  2. 建築のこと

    これで悩まない!設計GLとKBMの関係について

    ども、tyazukeです。設計GLとKBMはどういう関係かイメ…

  3. 建築のこと

    袖壁の意味と効果について

    ども、tyazukeです。他業界の人と話していると、ついつい専…

  4. 建築のこと

    マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

    ども、tyazukeです。マンションには必ずベランダがあります…

  5. 構造設計に関すること

    下階ブレース無し構造は逆せん断に気をつけよう。

    ども、tyazukeです。逆せん断って嫌ですよねぇ。ちょっと得…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  2. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  3. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  4. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  5. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
PAGE TOP