本の紹介

【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。

建築を扱った耐震構造の本が出来たのは割と最近です。それまでは、土木系の本を読むしかなかったですが、本書が発売されてから建築の耐震構造と言えばこの本が代名詞となりました。まさに名著です。

著書は柴田明徳先生。東北大で教鞭をとられていた先生で有名人です。最近では第3版も発売されたようですね。

最新耐震構造解析(第3版)

建築構造を学ぶ学生なら必須本です。

本書は、1質点系の解析から多質点系モデルに続き建築物の耐震性までの10章で構成されています。本のサイズはポケットサイズよりも一回り大きいです。

初めて耐震構造を勉強する初学者から実務者、大学院生、研究者と豊富な情報量から様々な世代層でも利用できる本です。ただし、式を理解するためには、ある程度数学の知識と構造力学の基礎程度は大方理解していることが必須でしょう。

スポンサーリンク

 

演習問題もあって分かりやすい。

本書内には理解がより進むように理論の後には演習問題が掲載され、回答も丁寧に解説されています。

また、大学の耐震構造のテストでは式の誘導を示せだとか、そんな問題もでると思います(私の大学では出ました)。多質点系の問題(モーダルアナリシス)や1質点系の一通りの振動式の誘導はテスト前に暗記しておくと良い点が取れます。

 

どの大学でも建築学科では、この本を使っていると思います。教科書販売に行ってなくて、まだこの本を手に入れていない人は買っておかないと取り残されますよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット
  2. 1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?
  3. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  4. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?
  5. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】クラウドからAIへを読んで。

    一時期、クラウドという言葉が流行りました。ネット上でデータの相互使用が…

  2. 本の紹介

    【書評】初めての建築構造設計

    入社したての頃、右も左も分からない状態で構造設計をしていました。僕が入…

  3. 本の紹介

    【書評】まさか!の地震に強い住まい選びを読んで。

    3.11以降、一般向けに地震関連の本が数多く出版されました。本書も…

  4. 本の紹介

    【書評】ロスジェネの逆襲を読んで

    半沢シリーズ、ロスジェネの逆襲。ドラマでも有名になった半沢直樹の連載を…

  5. 本の紹介

    【書評】ゼロからはじめる建築知識「建築構造」を読んで

    ゼロからはじめるシリーズ。今回は構造編を読んでみました。本当にこの本は…

  6. 本の紹介

    本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 

    ども、tyazukeです。鉄骨造の授業は大学3年生ごろから始ま…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  2. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP