本の紹介

【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。

建築を扱った耐震構造の本が出来たのは割と最近です。それまでは、土木系の本を読むしかなかったですが、本書が発売されてから建築の耐震構造と言えばこの本が代名詞となりました。まさに名著です。

著書は柴田明徳先生。東北大で教鞭をとられていた先生で有名人です。最近では第3版も発売されたようですね。

最新耐震構造解析(第3版)

建築構造を学ぶ学生なら必須本です。

本書は、1質点系の解析から多質点系モデルに続き建築物の耐震性までの10章で構成されています。本のサイズはポケットサイズよりも一回り大きいです。

初めて耐震構造を勉強する初学者から実務者、大学院生、研究者と豊富な情報量から様々な世代層でも利用できる本です。ただし、式を理解するためには、ある程度数学の知識と構造力学の基礎程度は大方理解していることが必須でしょう。

スポンサーリンク

 

演習問題もあって分かりやすい。

本書内には理解がより進むように理論の後には演習問題が掲載され、回答も丁寧に解説されています。

また、大学の耐震構造のテストでは式の誘導を示せだとか、そんな問題もでると思います(私の大学では出ました)。多質点系の問題(モーダルアナリシス)や1質点系の一通りの振動式の誘導はテスト前に暗記しておくと良い点が取れます。

 

どの大学でも建築学科では、この本を使っていると思います。教科書販売に行ってなくて、まだこの本を手に入れていない人は買っておかないと取り残されますよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話
  2. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  3. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  4. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  5. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】建築構造計画入門 松井源吾

    建築構造は計画が最も重要であると、松井源吾先生が著書の中で述べています…

  2. 本の紹介

    【書評】実例でわかる 工作しやすい鉄骨設計

    僕が構造設計を始めた頃、一番わからなかったことが基礎の設計と部材接合部…

  3. 本の紹介

    【書評】まさか!の地震に強い住まい選びを読んで。

    3.11以降、一般向けに地震関連の本が数多く出版されました。本書も…

  4. 本の紹介

    【書評】いい家は無垢の木と漆喰で建てる、を読んで

    「いい家は無垢の木と漆喰で建てる」。ハウスメーカーのキャッチフレーズの…

  5. 本の紹介

    【書評】作家の支出、を読んで

    小説家らしからぬ本を小説家が書いた。TVドラマでも有名な「全てがFにな…

  6. 本の紹介

    【書評】刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる 警察入門、を読んで。

    たまには嗜好を変えた本を読んでみた。テーマは「警察」。なぜ、こんな本を…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  4. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP