過去の記事一覧

  1. 本の紹介

    本当は教えたくなかった、材料力学の基礎がわかる良書3つ

    ども、tyazukeです。力学が苦手な人にとって、「構造力学」「材料力学」は悪夢だと思います。構造力学は物理学に近いので、案外理解できる人も多いのですが…

  2. 本の紹介

    【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。

    建築を扱った耐震構造の本が出来たのは割と最近です。それまでは、土木系の本を読むしかなかったですが、本書が発売されてから建築の耐震構造と言えばこの本が代名詞となり…

  3. 本の紹介

    【書評】すぐにわかる構造力学、を読んで本当に分かったこと。

    ども、tyazukeです。学生の頃、どうしても曲げモーメントとたわみ角法が理解できなくて色んな本を読みあさっていました。曲げモーメントは計算でき…

  4. 雑学

    理解にしくい構造力学 TOP10を紹介

    僕が運営しているHPのアクセスランキングから、建築学生が理解しにくい構造力学TOP10を紹介します。アクセスが一番多いページほど、『理解されていない、授業や参考…

  5. 本の紹介

    【書評】構造計画の原理と実践で分かった構造家の考え。

    ども、tyazukeです。構造設計は大まかに捉えると、2つの過程が見えてきます。1つが構造計画、2つ目が構造計算。理想は構造計画に重きを置き、それに基づ…

  6. 本の紹介

    【書評】 建築ノ―ト 建築設計の楽しさを思い出す

    ども、tyazukeです。建築設計の実務を続けていると、学生の頃常に抱いていた「建築の楽しさ」を忘れます。そんなとき、ふと棚においてあった本を眺めている…

  7. 本の紹介

    冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。

    ども、tyazukeです。建築学科の1クラスで、将来の進路に構造設計を選ぶ人は、全体の1割に満たないと聞きます。悩む理由は色々あると思いますが、心配なの…

  8. 本の紹介

    【書評】建築家の講義 サンチャゴ・カラトラバ

    ども、tyazukeです。建築業界でも、世界的な有名人は多いですが、カラトラバは世界的に評価の高い設計者です。しかも、この設計者は意匠・構造設計を全て1…

  9. 本の紹介

    【書評】人生に必要な数学50、を読んで分かった身近な数学

    ども、tyazukeです。建築設計の業務では多くの数字と出会いますが、数学とは出会いません。構造設計を生業としている僕でも、数学は簡単な四則演算です。…

  10. 本の紹介

    本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 

    ども、tyazukeです。鉄骨造の授業は大学3年生ごろから始まり、その道で研究をするなら大学院まで続きます。構造系の研究室に入りたい人、構造設計に携わり…

スポンサーリンク

最近の記事

tyazukeのおすすめ書籍

  1. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  2. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  3. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  4. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP