本の紹介

【書評】人生に必要な数学50、を読んで分かった身近な数学

ども、tyazukeです。

建築設計の業務では多くの数字と出会いますが、数学とは出会いません。構造設計を生業としている僕でも、数学は簡単な四則演算です。

 

そう考えると、理系の人でも必ずしも人生に数学は必要ない、と思いますよね。今回読んだ本は、その考えを真っ向から否定するように、こんなタイトル。

人生に必要な数学50 (知ってる?シリーズ)

ということで今回は、人生に必要な数学を読んだ書評記事です。

スポンサーリンク

 

数学は身近なもの。

数学嫌いの人って意外と数学の本質を見落としています。それもそのはず。義務教育ではそんな教え方しかされていないから。でも、本当の数学って生活に密着していて、すごく身近なんです。

 

スーパーコンピューターでも解読不可能『π(パイ)』

例えば円周率。いきなり生活とはまるで関係なさそうですが、私たちの周りにはありとあらゆる円で溢れています。この円を作っている定数がπ(パイ)です。

皆さんも良く知っているようにπは3.14159・・・と規則性のない数字の羅列が延々と続く『無理数』と呼ばれています。

 

計算機でいくら次の数を計算しようが、無理数なので永遠と続きます。スーパーコンピューターがさらなる進化を続けてもπの謎だけは明かすことが出来ないと言われています。

 

世にも不思議な数字『0』

次は「0」。そもそも、0という数字自体が最近発見されたものです。古代ローマでは0(何もない)に文字を付けませんでした。

では、どうやって100と1000の違いを理解していたのかというと、数字というよりも記号で代替していたようです。0には何を掛けても0になる。何だか不思議ですよね。

 

一方、数字を0で割るとどうなりますか?実は0で割ると数学的にとんでもなく矛盾が生じてしまいますが、そのパラドックスを埋めてくれたのが「∞」という表現でした。

このアイディアは、1/0.1よりも1/0.01の方が大きい値となることから、0.1→0に近づくと考えれば値は限りなく大きくなるというものです。

 

数学の本でも数字が無い。読みやすい本でした。

以上、手短にちょっとした雑学を紹介しましたが最近数学の読み物がちょうど欲しくなって本書を買いました。なんとなーく表紙も読みやすそうだったし、中身も面白そうだったから即決。

0の話からゲーム理論、フェルマーの最終定理まで、ありとあらゆる数学の知らなかった話が見つかります。もちろん、中身は数式をほとんど使っていなくて文章とマンガで説明がされています。

なぜ、こんな式が生まれたのか?等、背景が良く書かれているので素直に「なるほどなー」と思える一冊でした。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について
  2. 建築は道路に支配されている、と言う話
  3. 鉄骨階段の、ササラの検討方法
  4. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  5. youtuberが凄い理由と、建築家がクソな理由

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】ガウディ―建築家の見た夢、を読んで

    ども、tyazukeです。今日読んだ本はコレ。ガウディ…

  2. 本の紹介

    【書評】理系バカと文系バカを読んで。

    キャッチーなタイトルが目を引きます。逆に言えばそれだけの本でした。…

  3. 本の紹介

    【書評】もっと知りたい!リフォーム&中古住宅売買の基礎知識、を読んで。

    今日は、こんな本を読んでみました。まず頁をめくり、「はじめに」…

  4. 本の紹介

    【書評】建設現場の玉手箱、を読んで

    図書館で見つけた本だが、ただならぬ何かを発していた。何か筆者の叫び、と…

  5. 本の紹介

    【書評】アウトドア雑誌Filderの野生動植物を食う企画が、予想の斜め上だった。

    ども、tyazukeです。僕は雑誌を読むのが趣味でして、主に生…

  6. 本の紹介

    【書評】読んで旅する世界の名建築、を読んで。

    今日読んだ本はコレ。「読んで旅する世界の名建築」です(一番下の画像は同…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  2. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP