建築のこと

建築家のおくりもの、頂きました。

ども、tyazukeです。

絶えず本を読んできた。ところがどんな本に感銘したか、影響されたかと問われると、返答に困ってしまう。

多分影響をできるだけ受けないように、間を置いて読んでいるためだろう。ー磯崎新

プリツカ―賞を受賞した磯崎新さんの、名言っぽい言葉を切り取ってみました。※建築家のおくりものより

 

もういっちょ。

建築の設計をやっていて、時に行き詰まるときがある。こんな時うんと近い参考になりそうなものを読むのが一番いけない。―磯崎新

建築家のおくりものより

先日図書館に行くと、こんな本が置いてありました。

プリツカ―賞受賞のニュースを受けた図書館司書さんの、粋な計らいですね。早速借りて読んでみることに。

この本の素晴らしい点は、

  • 磯崎新さんの考え方
  • 磯崎新さんと著名建築家との交流

が知れる点でしょうか。磯崎新さんと1対1では話せないけど、それに近いことが本を通してできてしまうのは、すごいこと。

 

1つ残念だったのは、言葉が難しくて、なるほど、なるほど・・・と、すらすら読めない点ですが、ジワジワと読めるようになります。そして読めるようになると、すんなり読めるという不思議な本。

この1冊で相当、建築の語彙力上がると思う。

 

最初はタイトルの「建築家のおくりもの」の意味が分かりませんでしたが、何となく今はわかる・・・気がする。

 

一番勇気をもらったのは、この一文。※建築家のおくりものより

芸術と技術が両方一緒にやれるのは建築だろうという、全く安易な考えで建築学科にすすんだー磯崎新

 

プリツカ―賞をとる著名建築家でも、最初はこんなもん。そこから、いかに熱量をかけられるか。

建築家のそういった姿勢は参考になるなぁ。皆さんもプリツカ―記念に是非読んでみてください。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  2. 社員旅行に参加しないための、もっともらしい理由
  3. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  4. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  5. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】構造設計とは建物が壊れる理由を知ること。 

    構造設計は、いかに部材を壊すか?と言われています。つまり、地震時に部材…

  2. 労働のこと

    建築家として独立して食べていくために必要な物件数は?

    ども、tyazukeです。将来は建築家として独立しよう。そんな…

  3. 本の紹介

    木造住宅は、本当は強い?熊本の地震が教えてくれたこと

    「木造住宅は、構造設計(計算)を行う必要がない」一般の方が聞け…

  4. 建築のこと

    サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて

    ども、tyazukeです。建設と建築って何が違うの、という質問…

  5. 本の紹介

    【書評】理系バカと文系バカを読んで。

    キャッチーなタイトルが目を引きます。逆に言えばそれだけの本でした。…

  6. 建築のこと

    家は影の下なのになぜ熱いのか?

    ども、tyazukeです。木の木陰に入ると涼しく、暑さをしのげ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  2. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  5. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
PAGE TOP